スポンサーリンク

【チェンソーマン】コベニの契約悪魔は秘密の悪魔?正体もネタバレ考察

アニメ

 

キャラクターごとに過去や正体に謎がある人物も出て来るチェンソーマン

ビビりキャラのコベニちゃんもまた、序盤から謎を持つ1人となっていますよね!

 

人間のデビルハンターには契約している悪魔がいる訳ですが、コベニの正体は一体・・・??

 

今回の記事では、チェンソーマンのコベニの契約悪魔は秘密の悪魔や幸運の悪魔なのかなど複数悪魔のネタバレと考察をお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】コベニの契約悪魔は何?秘密の悪魔か猿の悪魔かネタバレ考察

 

東山コベニの初登場は第14話。

いつもびくびくしておびえている感じの怖がりな性格で、年齢は20歳。

9人姉妹という大家族で家庭環境には困っていた事もあり、すぐにネガティブモードになってしまうのが特徴的ですよね。

 

本当は兄と同じく自分も大学に行きたかったのに、親に無理やり働かされて仕方なくデビルハンターをしているという不憫な子でもあります(;^ω^)

 

そんなコベニはエンドレス8階に閉じ込められた回で初めて、精神的に不安定になりやすい性格だという事が分かってきます。

悪魔が望んでいるデンジを襲おうとして止められて、今度はパワーのせいだと言って襲おうとするなどのパニックぶりに(笑)

 

さらには荒井の事もスパイだと言いながら襲おうとしていたので、かなりのビビりである事が分かります。

この時、永遠の悪魔はデンジを食べた後は他のものは解放すると言ったため、それを聞いたコベニがデンジを襲おうとするなどコベニは保身に走ってしまうタイプ。

 

しかしどんな場面でもコベニが戦う時に使っているのは包丁くらいで、他のデビルハンターのように悪魔の力を使った事は1度も無いんですよね(゚Д゚;)

 

自己紹介をしていた場面では『契約している悪魔は・・・秘密で』と言っていましたが、これは以下の2パターンの解釈が出来ます。

①本当に契約悪魔の事は秘密にしておきたい事情がある
②契約しているのは秘密の悪魔

 

前者の場合だと、コベニからは言い辛いような悪魔の種類で、後者だと普通に秘密の悪魔と告白している事になりますが・・・

 

個人的にはこの秘密の悪魔説が濃厚と思っていて、コベニはピンチに陥りそうな場面でいつも助かっていたんですよね。

秘密の悪魔の力=秘密裏に(人に知られないように)行動できる

と考えると、色々なコベニの気づかれずに出来ていた行動がしっくりくるように思えます^^

 

他に可能性としてあるのは、猿の悪魔

サムライソードとヘビ女との戦闘中に、コベニは今まで見せていなかったような俊敏な身のこなしで攻撃を避けて反撃するんですよね。

 

サムライソード達もひるむ程で、攻撃を避けた姿にサムライソードがコベニに『猿かよ』と言います。

セリフや行動として分かりやすく単純な伏線であれば、そのまま本当に契約悪魔が猿という可能性も0では無いのではないでしょうか^^

 

☆チェンソーマンの漫画を【全巻半額】
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】コベニの契約悪魔は誰?幸運の悪魔か不幸の悪魔かネタバレ考察

 

次に考えられる可能性としてあるのが、コベニの契約悪魔が幸運の悪魔不幸の悪魔説。

コベニが行動している先にはいつも不幸な事が起こっていて、それなのに彼女自身は怪我や死を回避し続けている。

 

これは偶然ではないとしたら、まず幸運が上がって怪我を含め回避できる悪魔が付いている可能性が考えられますよね!

その場合、幸運の悪魔=力を使う代わりにコベニに代償として小さな不幸が連続して起こるなどとなっていれば不幸加減にしっくり来ます。

 

不幸の悪魔と契約している場合は違う視点から考える事が出来て、自分の不幸を誰かほかの人に移すことが出来るという力。

でも代償としてはやはり、自分にもそれなりの小さな不幸は襲ってくると考える事が出来ます。

 

この2つで考察すると・・・幸運の悪魔と契約している可能性の方が高いのではないでしょうか^^

不幸体質と思ってたけど契約の代償でそうなってるってことだよね。

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【チェンソーマン】コベニの契約悪魔は何?不死の悪魔か死の悪魔かネタバレ考察

 

これもまた可能性は高いなと感じているのが、不死の悪魔死の悪魔と契約している説。

というのもやはりコベニの特徴と言えば、周りが死亡する中でなぜか自分だけ生き残るパターンやしれっと回避する回。

 

なぜコベニだけ何ともないんだろう・・・?

と思う回もよく見ると結構あるので、コベニ自身にも実際に死の危険は何度かあったんです。

 

しかし、契約している不死の悪魔や死の悪魔のおかげで【自分の死】を他の人に飛ばせる力が使えるとしたら・・・

1回銃で撃たれたのにコベニを庇って亡くなった荒井や、マキマさんの攻撃から身体を張って守ったチェンソーマンの行動が何だかしっくり来ませんか??

 

荒井は1回目の銃撃で喉をやられていたのですぐに自主的に動きにくいはず。

チェンソーマンの回ではポチタの意思が殆どの状態だったはずだったので、コベニだけを助けるとはあまり考えにくい。

 

でも、死の悪魔の力でコベニが危なくなったときに近くの誰かが自然と守る行動に出るようになっているのだとしたらどちらも納得できる行動となります^^

 

☆チェンソーマンの漫画を全巻半額で読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

【チェンソーマン】コベニの契約悪魔は誰?正体が悪魔なのかネタバレ考察まとめ

以上、チェンソーマンの契約悪魔が秘密の悪魔や死の悪魔などどの可能性が高いのかに関してのネタバレと考察をまとめてお伝えしました!

 

個人的には秘密の悪魔と死の悪魔の可能性が高いかなと感じているのですが、最後に考えられるのは実はコベニの正体が悪魔説。

ですがそうなるともう黒幕級の存在になってしまいますし、それにしては悪者っぽい行動はしていないですよね??

 

連載第2部でようやくコベニの真相が明らかになるだろうと予想できるので、一体どんな悪魔と契約しているのかに注目です^^

★1,350円分のポイントGET!
漫画2~3冊無料で読めるコミック.jpはこちら

Sponsored Link