スポンサーリンク

チェンソーマン岸辺隊長のラスト結末ネタバレ!最後は死亡する生き残る?

アニメ

伏線があったり重要キャラが登場したりと目が離せない展開のチェンソーマン

終盤あたりまで出てくる人物は特に注目度が上がってきますよね!

 

デンジとパワーの師匠として登場する岸辺に関しても気になってきませんか??

今回の記事では、チェンソーマンの岸辺隊長のラスト結末の最後までをネタバレ考察でお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の正体や過去は?初登場は何巻の何話?

 

年齢は50代のベテランデビルハンター隊長でひげ面で冷血。

口元に大きな傷を負ったキーパーソンでもある岸辺

岸辺隊長は少し登場してくるだけではなくて、終盤でも活躍する重要人物の1人となっています。

 

初登場:4巻の29話

 

岸辺隊長の初登場となったのは、漫画4巻の29話での出来事。

デンジは世間に存在が知られてしまうようになったことをきっかけに、悪魔に心臓(ポチタ)を狙われ始めてしまったんですよね。

 

悪魔だけではなく人間の刺客も今後は襲ってくるだろうという事で、4課を鍛えるためにやってきたのが特異1課のデビルハンター達

京都からやって来たという指導者の中の1人に居たのが、デンジとパワーの指導担当者となった岸辺でした。

 

岸辺はパワーとデンジと会ってすぐに、挨拶もそこそこに首の骨を折ってくるのでヤバいやつ感が漂っていますよね(;゚Д゚)

 

デンジとパワーにスパルタ指導

デンジとパワーを鍛える名目で来ている岸辺隊長ですが、2人に対する扱いは壊れないおもちゃ扱いと中々に酷いもの。

 

自分の強さを理解していることから、自分に勝つようになれば最強だろうという理論でがつがつとデンジとパワーを刈りまくってくるんですよね(笑)

2人とも大けがしても血さえあれば復活するだけに永久機関が完成…。

 

デンジもパワーも珍しく協力してインテリ作戦を練って先生を襲撃するも、またもや反撃されてKOされてしまうのでした。

パワーは戦闘で血を使いすぎると貧血で動けなくなってしまうのが弱点だね。

 

正体と過去・クァンシへの失恋

岸辺はマキマさんとは知り合いで、岸辺だけはマキマさんの裏の顔を知っているような言動をたまに見せることも。

隊長をしているだけあってマキマと作戦に関して話すこともあるくらいのポジションにいます。

 

デンジの心臓を狙いに各国からやってくる刺客の中でも、要注意人物として名前が挙げられていたのはサンタクロースとクァンシ。

この、クァンシというのは実は過去にデビルハンターをしていて岸辺のバディだった女性なんですよね(;゚Д゚)

 

2人の関係性としては、岸辺は出会った時からクァンシを口説いては殴られていました(笑)

 

当時ちゃらちゃらしたイケメンだった岸辺は、クァンシに出会った日から数年かけてずっと告白しては断られ(殴られ)続けて9年目のある日・・・

クァンシは女性が好きな事に気が付いたと岸辺に伝えるのでした。

岸辺隊長完全な失恋…でも途中でそのことには気が付いてたみたいだから余計に切ないな。

 

実は猫好き?

ビル内での地獄の悪魔の件のトラウマから暫くしてやっと落ち着いてきたパワー。

家族の墓参りに北海道に行くというアキにくっついて、デンジとパワーも一緒に行く事に。

 

旅行中は飼い猫のニャーコをなぜか岸辺隊長に預けることになるんだよね(笑)

道中やりたい放題の2人に振り回されながら、北海道でのお墓参りを済ませて3人で旅館に泊まる流れになります。

 

それから東京に帰ってきてニャーコを預けていた岸辺に会うと、ニャンボちゃんと呼んでいたのでもしや猫好きなのではという疑惑がここで浮上します( *´艸`)

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺のラスト結末ネタバレ!最後は死亡する?生き残る?

 

岸辺隊長は爪の悪魔、ナイフの悪魔、針の悪魔と契約しているという事が、クァンシの取り巻きの魔人が見抜いていたことから判明しています。

 

さらに、代償により契約に払えるものはもはや少ない事も…

という事はもう寿命も長くないってことじゃないかな??

 

狙いは支配の悪魔マキマさん

岸辺隊長の見せ場といえば、敵対する側になってしまったクァンシと久しぶりに再開するシーン。

話し合いをしているように見せながらも、マキマさんを始末することに協力するなら逃がしてやると筆談で伝えます。

 

マキマさんを排除しようと明確にしたのはこのシーンが初めてなので、マキマさんには一体どんな裏があるのかなどの謎も深まる重要回になっているんですよね!

 

しかし結局クァンシはこちら側に付いてくれることは無く、ビル内での抗争の後に窓の外に放りだされてしまいます。

結構な高さから落ちてしまった岸辺ですが、運よく下にあったコベニの車の屋根に落下して無事に生還

ちょっと痛かったくらいの描写で済んでいるので、肉体の頑丈さが伝わってきます(笑)

 

岸辺隊長の舞台は以前からマキマさん(正体は支配の悪魔)を排除することを計画していたようで、漫画10巻で対マキマ対策部隊の作戦を実行することに。

 

デンジを救い生き残る

マキマさんと岸辺隊長は直接やりあうというシーンは特になく、すぐにデンジVSマキマ&武器人間たちの戦いが暫く繰り広げられます。

 

そして、ピンチに陥ったデンジを危機一髪で復活したパワーが救助。

パワーが居なくなってしまった後に、岸辺がデンジを逃がしに接触し救うという流れになっています。

 

現場近くに居て同じく救助されていたコベニとデンジと岸辺は、マキマさんの目を離れるために地下街のようなところに隠れることに。

しかしデンジは自らマキマさん&武器人間たちの前に向かい、最終決戦をして勝つことになります。

 

そして、岸辺隊長はデンジにマキマを確実に倒すための方法を伝授。

無事にマキマさんを完全に倒せた後に、岸辺はデンジの元にちびマキマさんを連れてくるという急展開(;゚Д゚)

 

しかし姿がそっくりなだけで、新たに他国で生まれた子供の支配の悪魔(マキマさんの人格は消滅)だったのでした。

岸辺はナユタと名乗るその子をデンジに任せることにするという所で第1部は完結を迎えています。

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺のその後の現在をネタバレ考察

 

他国で見つけた支配の悪魔・ナユタをデンジに託すという大仕事を終えた岸辺隊長。

その後の展開としてどうなっているのかも気になりますよね!

 

再登場はある?

岸辺隊長はデンジにナユタを会わせたシーン以降、第2部に入ってからも再登場してきている場面は出てきていません。

 

しかし2部(漫画12巻以降)では吉田ヒロフミががっつりデンジの前に出てきていますし、今後再登場してくる可能性は大有りのはず。

ポジション的に死亡する可能性の無さそうなキャラクターの1人なので、岸辺の再登場に期待ですね^^

 

チェンソーマンの漫画が無料で読める方法も解説中

スポンサーリンク

まとめ

以上、チェンソーマンの岸辺隊長のラスト結末の最後までをネタバレ考察でまとめてお伝えしました!

 

岸辺に関してをまとめるとこちら▽

  • 京都からやって来たデビルハンターの隊長
  • デンジとパワーの指導を担当
  • マキマさんの正体を知っている
  • マキマさん対策の部隊を結成し対峙するも死亡せず生き残る
  • デンジを助けて救い出し、マキマさんを倒す方法を教える
  • マキマさん亡き後にナユタ(支配の悪魔)をデンジに託す
  • その後はどこに居るのか情報が無いまま

個人的に岸辺隊長の再登場の可能性は高そうだと考察しています^^

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
アニメ
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ