スポンサーリンク

チェンソーマンのポチタは生き返るし復活する?再登場は漫画アニメのいつ?

アニメ

 

次に来る漫画(アニメ)という事で早くから注目されていた作品チェンソーマン。

内容的には結構シビアな展開もあるので大人向きに感じますが、惹きこまれる魅力がありますよね!

 

そんな作中でかかせない存在・ポチタに関しての今後もどうなるのか気になってきませんか??

今回の記事では、アニメ【チェンソーマン】のポチタは生き返るし復活するのか?再登場は漫画何巻でアニメのいつになるのかについてをネタバレと考察でお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ポチタとデンジの出会い・関係をネタバレ解説

 

16歳の頃のデンジは父親の作った借金を返すために、木の伐採・右目を売るなどして身体を犠牲にしたり肉体労働を日々こなして生活していました。

当時まだ残されていた借金は3804万円。

その中でも一番稼ぎの額が良かったのが、相棒のポチタと協力して行っていたデビルハンター。

 

トマトの悪魔など日常に潜む悪魔を退治していきますが・・・

稼ぎが良くても借金や利息などで引かれるものが多く、生活費もかかるので月2000円程度で生活していかないといけないような貧乏生活を送っていました(゚Д゚;)

デンジの雇い主はデンジが逆らわない事をいい事に上手く利用されているんですよね。

 

食パンを分け合ってポチタと生活する日々の中、デンジはこのまま借金返済の目途も経たず、女性と付き合えることも無いんだろうなと感じていました。

 

腎臓が無い事や母親が心臓の病気が原因で亡くなったという事もあってか、ある日血を吐いてしまうデンジに寄り添うポチタ。

身体を酷使していますし、このままだとそう長く生きられないのだろうなという事が想像できます。

 

そしてある日、雇い主に悪魔が出たからと倉庫のような所に呼び出されたデンジ。

すると、急に背後からポチタもろとも刺されてしまいます。

 

実は雇い主はゾンビの悪魔と契約を交わしており、人間側は悪魔の力を利用する為。

ゾンビの悪魔はデビルハンターの死を望んで騙す形で人間を利用していたのでした。

 

ゾンビとなった人間たちに襲われ、その場から逃げ出そうとするデンジとポチタ。

しかし、2人は無数の刃に切り裂かれてバラバラにされ、ゴミ箱の中に捨てられてしまうのでした。

 

☆チェンソーマンの漫画を【全巻半額】
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ポチタは死亡した後に生き返るかネタバレ考察

 

完全に死亡しているデンジと、ひん死の状態のポチタ。

ポチタも危ない状況ではあったけど、かろうじてこの時は息があったよ。

たまたまポチタの口元に流れて来たデンジの血が口に入った事がきっかけで、ポチタはかすかに過去の想い出をイメージし始めます。

 

それは、デンジが語ったポチタへのお願い事でした。

もし悪魔との戦闘で自分が命を落としたら、残されるポチタの事が心配な事。

 

悪魔は死亡した人間の身体を乗っ取る事が出来るので、ポチタにそれをしてほしい事。

乗っ取った後は他の場所で普通に生きて欲しいというこれらの願い・夢を叶えてほしいと生前伝えていたのでした。

 

その言葉を思い出したポチタは、バラバラだったデンジの身体を集めて繋げてデンジを生き返らせます。

デンジが生き返ると、契約だと初めて言葉を話し出すポチタ。

アニメ化で一番期待されている、ポチタの初セリフシーン!

 

過去に聞いた夢の話に触れて、自分の心臓を渡す代わりにデンジの夢を見せてと言い残して居なくなるのでした。

 

完全に意識を取り戻したデンジは、自分の身体の傷が1つも無くなっている事。

ポチタが居なくなった代わりに、自分の心臓部分からポチタのしっぽが出ている事に気が付きます。

 

ここで考えられるのは、以下の2つのパターンですよね。

①ポチタはデンジに自分の心臓を渡す代償として死亡した
②ポチタはデンジに自分の心臓を渡すことで共存・つまり生きている

 

デンジもポチタがどうなったかに関してはずっと気にかけていたのですが、マキマさんとの出会い後に真相が明らかになります。

 

マキマさんと出会ったデンジがポチタが自分の心臓になった事を話すと、マキマさんはポチタがまだデンジの中で生きているのが分かると言っていたんですよね!

 

デンジの人としての匂いと、ポチタの悪魔としての匂いの両方があるという事を伝えられます^^

これで、ポチタは心臓になった代わりに死亡した訳ではなくてデンジの心臓として共に生きている事が判明したのでした。

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【チェンソーマン】ポチタの復活する再登場は漫画何巻でアニメ何話のいつ?

 

姿は見えないものの、デンジの心臓として共に生きている事が分かったポチタ。

2人は心臓を通じて繋がっているので無くてはならない存在であり、今後ポチタの完全復活を望みたい所ですがそれだとデンジが生きていられなくなりそうですよね(゚Д゚;)

 

ポチタの復活・再登場のイメージとしては、デンジの身体の中から出てきている状態がやはり完全な復活と呼べるでしょう。

ですが、デンジはすでに1回完全に人としての命を失った身。

 

救済措置としてポチタがデンジの心臓の代わりにならなければ、デンジはあの日とっくに亡くなっていたはずなんです。

となると・・・やはりデンジとポチタがまた別々に存在して別々に行動できる日というのは難しそうですね(/_;)

 

ただ1つ興味深いのは、実はポチタは1度デンジの心臓になってから身体の外に出たことがあるという事。

どういう事かというと、ある戦闘中【原作漫画の11巻目】にデンジはチェンソーマン化している時に自ら心臓(ポチタ)を取り出していたんですよね。

 

そして、その心臓に肉がついていきもう1人のチェンソーマンとして戦闘していました。

その戦闘中に身体から心臓が抜かれてしまうのですが、もう1人のデンジがやってきて心臓(ポチタ)を取り返してまた自分の中に心臓を戻すという展開に。

 

つまりこの状況から見ると、ポチタは心臓として確かにデンジと一心同体ですがポチタに心臓としての機能が残っている限りデンジの身体から外に出ても2人共死なないという事が分かります。

心臓の血管とか色々とちぎれてるけど・・・とか考えるとキリが無くなるけど(笑)

 

ここまでは心臓化しているポチタであって、別に外に出たからといって復活したわけではありません。

が、完全に昔のままの可愛い姿で再登場してくるシーンがあるんですよね!

 

それが、パワーが亡くなってしまった後の漫画11巻目のシーン。

デンジの身体の中で眠りについていたパワーの元に、ポチタがやってきてデンジを助けるようにお願いします。

なので身体というか見た目的な意味での再登場の復活は11巻のタイミングでしょうね^^

 

デンジと一体化していて意識だけとしてなら登場シーンは所々で出て来るポチタなので、12巻目以降も復活は難しいでしょうが再登場シーンは充分に期待できますよ♪

これがアニメともなると、漫画11巻の内容だからアニメ2期の終盤・22話目とかになるだろうね。

 

☆チェンソーマンの漫画を全巻半額で読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ポチタは生き返るし復活する?再登場は漫画アニメのいつかネタバレ考察まとめ

以上、チェンソーマンのポチタは生き返るし復活するのか?再登場は漫画何巻でアニメの何話になるのかについてのネタバレと考察をまとめてお伝えしました!

 

ポチタは原作ファンとしても好きなキャラクターですし、ちょっとしたタイミングでの再登場は意外と出番があります。

完全復活に関しては・・・期待はしたいですが、これからの動向次第でどうなるか決まりそうなので注目です^^

 

★1,350円分のポイントGET!
漫画2~3冊無料で読めるコミック.jpはこちら

Sponsored Link