スポンサーリンク

チェンソーマン暴力の魔人のラスト結末ネタバレ考察!正体素顔は荒井か仮面の中身は?

チェンソーマン

原作漫画が連載中からずっと話題が絶えない人気作のチェンソーマン

作中で出てくるキャラクターの中では後々に伏線回収するような謎が含まれる新キャラもいるんですよね!

 

顔が明らかになっていないという所では暴力の魔人がやはり気になってきませんか??

今回の記事では、チェンソーマンの暴力の魔人のラスト結末の最後までのネタバレ&正体素顔は荒井なのか仮面の中身の考察もお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【チェンソーマン】暴力の魔人の能力は?初登場は何巻の何話?

 

他の魔人たちとは少し違う雰囲気を持つ暴力の魔人

初登場シーンから能力に関してをまずは見ていきましょう!

 

初登場:4巻の34話

暴力の魔人の初登場シーンがあったのは漫画4巻の34話での出来事。

 

他にもサメの魔人蜘蛛の魔人天使の悪魔などと一緒に、公安が集まって特異課を敵のビル内に侵入させる作戦を実行する説明の際に紹介されます。

暴力の魔人はこの名前の通り、4課に所属する魔人の中でも強い力(物理的)を持つ存在です。

 

力に特化した能力と仮面の意味

暴力の魔人はガスボンベのマスクのような仮面をつけていますが、この仮面は彼にとっては常に装着しておかないといけないもの。

 

まず、魔人というのは亡くなった人間の身体を悪魔が乗っ取っている状態の事を指します。

この場合悪魔単体の時よりも通常は魔人の時の力は弱まるはずなのですが、暴力の悪魔の場合は当てはまらず持て余す力を保有。

 

そのため、危険性を避けるために力を抑えるための毒の仮面をつけさせられている状態なんですよね(;゚Д゚)

じゃあ仮面を外したら半端ないことになるのでは…と誰もが想像してしまうと思いますが、常日頃から絶対に外してはならないという決まりになっています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】暴力の魔人の正体と素顔は荒井?仮面の中身ネタバレ考察

 

どこか懐かしい雰囲気やフラグが立つことがある暴力の魔人。

この暴力の魔人はすでに死亡している荒井ヒロカズと同一人物ではないかという疑惑が浮上してくるんですよね…!

一体どこで伏線が張られて伏線回収があるのかも見ていきましょう^^

 

荒井は襲撃で死亡

まず荒井ヒロカズに関して軽くまとめると、公安のデビルハンターの1人でデンジやアキと同じ部署に所属。

性格としては真面目で、デンジの初心さをからかう姫野先輩とデンジとのやり取りにいちいち反応していました。

荒井の契約悪魔はアキと同じ狐の悪魔
狐の悪魔は他にも複数人と契約を結んでいるから色んなシーンで見かけることがあるよ。

 

デンジとも悪魔駆除の依頼を一緒に受けたこともあり、ビル内に潜む永遠の悪魔を3日以上かけて姫野先輩・アキ・デンジ・コベニ・荒井のメンバーで倒した事件もありました。

 

それ以外では目立った活躍は特になかった荒井でしたが、突然の最後が訪れます。

 

ある時、デンジの心臓を狙ってアキとパワーとデンジと姫野先輩がサムライソードに襲撃されていた時。

同時刻に他の場所に一緒に居たコベニと荒井も襲撃を受けていたんです。

 

荒井とコベニがおばあさんに聞き込み活動をした後、おばあさんに変装していた敵が2人に銃口を向けます。

先に撃たれた荒井は重症ながらもとっさにコベニを庇い、頭を撃ち抜かれて死亡してしまったのでした。

この後、コベニはナイフか包丁で敵を撃退していて意外にも強いことが発覚。

 

仮面の中身の素顔が荒井ヒロカズ?

 

どこか、飄々(ひょうひょう)とした雰囲気というか魔人にしては軽い口調などが気になる暴力の魔人。

サメの魔人のビームがデンジのバディになっていたように、コベニのバディとして一緒に活動し始めます。

 

そんな暴力の魔人はVSレゼ戦の際にはデンジ達の元にピンチヒッターとして登場。

しかし力量の差をすぐに察知してコベニを置き去ってさっさと逃げて行ったりと、魔人よりも人間よりの思考でコベニは振り回されます(笑)

ここまで通常の考え方が出来てるって珍しくない…?

 

実は、暴力の魔人は珍しく人間の脳が結構残っているタイプの魔人です。

暴力の魔人に関してより分かりやすいヒントが出てくるのが56話以降でのシーン。

 

コベニと暴力の悪魔のペアはざこの悪魔退治をしていました。

暴力の悪魔は毎回コベニちゃんに優しく、ソフトクリームを買ってあげたりしています。

コベニは貧乏であまりぜいたく品を食べた事も無いので純粋に喜ぶ姿が可愛いんですよね^^

 

そして、会話の流れで自分が人間の脳が残っていて断片的ではあるが記憶が残っているという事をコベニに伝えます。

マキマさんに助けられた事、昔の所々のぼんやりとした記憶のみが残っている感じ。

 

他に特徴的には身体は元の人間のモノなわけなので、コベニとの身長差にも注目しておくと後々のヒントになってきます。

暴力の魔人は結構な高身長ですが、しゃべり方の部分は別人の認識でOKです。

 

大人数の被害者を出すことになった最悪の戦いと言えば、サンタクロースとの戦闘。

トーリカの策により地獄に落とされたデビルハンターと魔人たちの中にコベニや暴力の魔人も含まれていました。

 

石の悪魔を使って公安の日下部が攻撃を仕掛けようとするも、悪魔もろとも粉々にされてしまい死亡。

そして、圧倒的な力で全員が両腕を失ったり他にも多数の命が散っていく中で…

暴力の悪魔はコベニに自分の仮面を取って隠れているように指示。

 

デンジを助けようとしたビームまでもがバラバラにされて亡くなってしまった中、ここでいきなり仮面を取った暴力の悪魔の素顔が登場!

 

眼は4つになっているものの、髪形と顔つきが荒井にそっくりなことから、やはり荒井の身体が暴力の悪魔に乗っ取られていたんだとようやくフラグ回収です^^

だから無意識でコベニを気にかけていたんだろうな。

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【チェンソーマン】暴力の魔人のラスト結末ネタバレ!最後は死亡するかネタバレ

地獄の悪魔との戦いで死亡:8巻の65話

地獄に存在する悪魔は人間のデビルハンターでは到底太刀打ちできない相手。

 

クァンシや他の魔人たちもどうにか攻撃を仕掛けようとしていましたが、全員が一撃も喰らわせられることなく大けがを負ったり命が散っていきます。

 

そんな中でも仮面を取って全力の力を出した暴力の魔人は他の魔人たちよりも長く奮闘して挑みましたが、結局最後はやられてしまい死亡してしまうのでした(>_<)

 

その後の現在は復活するのかネタバレ考察

地獄で最後まで戦ったものの、敗退してしまった暴力の魔人。

しかし、実は10巻の83話で再登場するシーンがあるんですよね!

 

※以下はチェンソーマンのかなり重要な最終盤面でのネタバレを含みます。

 

それはマキマさんが支配の悪魔としての本性を表してデンジが茫然自失になった後。

マキマさんは死亡した魔人たちの遺体を毎回回収しており、自分の部屋の前にビームや暴力の悪魔・パワーや天使の悪魔などの姿が。

 

身体は一応くっつけられているものの、暴力の魔人は頭が取れたままの姿で置かれていました。

しかも、このタイミングで暴力の魔人の名前がガルガリだと判明…?!

マキマさんはこの全員がデンジの眷属と伝えていましたが、内容的にやはり全員復活したわけではなく亡くなったまま

 

その後のマキマさんとの最終決戦でも彼らは登場してこなかったため、単に身体を並べられていただけであることが分かります。

何だか悪趣味ですが…暴力の魔人は残念ながら復活することは無く終わるのでした。

 

チェンソーマンの漫画が無料で読める方法も解説中

スポンサーリンク

まとめ

以上、チェンソーマンの暴力の魔人のラスト結末の最後までのネタバレ&正体素顔は荒井なのか仮面の中身の考察もまとめてお伝えしました!

 

暴力の魔人ことガルガリは、最後の戦いでコベニに仮面を取ってもらった結果、やはり素顔は荒井ヒロカズのものであるという事が分かりました。

荒井=暴力の魔人ではありますが荒井の時の脳も残っているので、コベニに対する接し方をよく見ていると結構面白いですよ^^

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link