スポンサーリンク

チェンソーマンのマキマの正体や最後は死亡する?契約悪魔や敵か味方かネタバレ考察

アニメ

 

連載第1部で強烈な印象を残しているマキマさんが印象的なチェンソーマン

最初から最後までずっと怪しい雰囲気がありますが、やはり一筋縄ではいかないんですよね(゚Д゚;)

 

そんなマキマさんに関しての詳細や真相が気になっている方は多いのではないでしょうか??

 

今回の記事では、チェンソーマンのマキマさんの正体や最後は死亡するのか?

契約悪魔の詳細や敵か味方かのネタバレと考察をお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】マキマさんの契約悪魔はいる?人間じゃない?

 

マキマさんは最初から色々な意味で印象の強いキャラクターの1人でしたが、物語上でも重要な役割を持っているので原作でも始めの方で登場してきます。

 

詳細で見ていくと、マキマさんは漫画1巻の第2話でデンジが初めてチェンソーマンになった現場に登場。

公安所属のデビルハンターとしてやって来たマキマさんは、デンジに悪魔として処分されるか自分に飼われるかと問い一緒に連れていく事にします。

 

デンジの状態を見て、悪魔(ポチタ)に乗っ取られている訳ではない事も見抜くんですよね。

人に飼われるなんて言葉は怪しいですが、食事もちゃんとくれる話を聞いたデンジは即決(笑)

デンジ的には後にマキマさん目的でデビルハンターになったと言うようになります。

 

これまで全く良い扱いをされてこなかったデンジは、初めてマキマさんという女性に優しくされたことですぐに恋に落ちたんですよね( *´艸`)

それからはマキマさんと一緒に居る所にたまたま悪魔が出現し、筋肉の悪魔を退治しに行かされたりと良い感じに手のひらで転がされていくようになります。

 

マキマさんは一見優しく見えて容姿的にも美人ですが、実際はデンジを犬扱いしてくる冷血さを持っており、上手くデンジを動かしていく性格。

デンジに好みのタイプを聞かれてデンジみたいな人と答えたり、本音や本質が見えにくいキャラクターの1人です。

 

公安のデビルハンターとして所属しているマキマさんなので、彼女が契約している悪魔も気になってきますよね?

しかし本編では後半までずっとマキマさんがどの悪魔と契約しているかという情報は全く出て来ることはありません。

 

ヒントとして出て来るのは、マキマさんが政府と契約しているという決まりにより『他の人はマキマさんの契約悪魔を見てはいけない』という事。

そして、マキマさんは他のデビルハンターたちとは違って悪魔の力を使う時にその悪魔の身体の一部などを出現させる使い方はしないという事です。

 

しかし、中盤以降である事が明らかになっていくんですよね・・・(゚Д゚;)

 

☆チェンソーマンの漫画を【全巻半額】
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】マキマさんの正体は悪魔?敵か味方かネタバレ考察

 

物語が進んで行くごとに、少しの疑問がどんどん蓄積されるように怪しさが増していくマキマさん。

そもそも、マキマさんの顔をよく見ると眼球が普通の人間には無いグルグル模様になっているというのもおかしかったんですよね。。

 

デンジの扱いに関しては公安を辞めたり違反があれば処分すると言っていて、それを伝えている時の顔が無表情なのもまた人間味が無い要素と考えられます。

 

普段強気な魔人パワーでさえ、話しかけられるとビクついおびえているマキマさんという存在。

静かにと言われただけで青ざめていた様子を見ると、弱みを握られているかマキマさんの本性を知っているかなどで恐れている事が分かりますよね。

 

マキマさんは上の組織から犬を育てて使うように指令を受けており、パワーとデンジを1匹とそれぞれ呼んでいるので裏では犬扱いです(゚Д゚;)

 

しかし色々と取り繕うのも上手いマキマさんは、デンジと2人きりの時に上手くデンジを翻弄してご褒美をちらつかせて、銃の悪魔を倒すよう促していきます。

 

公安が襲撃されて大被害が出た際には、パワーとデンジに修行をしてくれる岸辺いわく、マキマさんは襲撃が分かっていたはずだとの話も出てきて・・・

マキマさんが人間の味方なら見逃すとも言っていたので、つまりは敵になりえる存在であり危険人物である事が分かってきます。

『人間の』って言ってるところがまたヒントになるよね。

 

原作33話では、裏社会のボスの元に1人やってきていたマキマさん。

事件の聴取をかねて話を聞くと、沢渡という女(ヘビ)が原因になっていたことが判明します。

 

複数人が銃の悪魔にお金を渡す代わりに銃を得ていたことが分かりますが、その全員の名前を聞き出すときにひと悶着。

協力しようとしない相手に、マキマさんは彼らの家族や大事な人たちの目玉を集めた袋を見せるんですよね・・・!

性格的に冷酷なだけなのかそれとも・・・という疑惑が膨らんでいきます。

 

サメの魔人ビームはいつもマキマさんの事を恐れていますし、レゼ(ボム)は魔女と呼んでいる。

さらにこのレゼとの回では決定的に人間離れした要素として、『マキマさんは下等生物の耳を借りる事が出来る』という事実が判明します。

 

そして終盤でようやく明らかになったマキマさんの正体は・・・人間でも魔人でもなく、【支配の悪魔】でした(゚Д゚;)

支配の悪魔は自分より格下だなと認識した相手を従わせることが出来る為、マキマさんの実力で言うと殆どの相手を強制的に従わせることが出来る強力な力を持っています。

 

人間にとって敵か味方かという部分は正直微妙な部分もあるので・・・マキマさんの最後、ラストの重要シーンもネタバレしつつ解説していきたいと思います!

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【チェンソーマン】マキマさんの最後ラストは死亡する?死亡シーンは漫画何巻?

 

本編後半で銃の悪魔が日本に上陸した回で、ついに本性を現したマキマさん改め支配の悪魔。

アキと天使の悪魔を支配していき、銃の悪魔へ攻撃を開始。

 

銃の悪魔はようやくマキマさんに向けての攻撃を開始しますが、マキマさんもまた両側にアキと天使の悪魔を従えて準備をしていました。

この時、マキマさんに銃弾の1つが当たってこれが29回目の死亡だと判明。

 

それから頭部を撃たれたマキマさんの頭から脳の1部が外に出て、それが天使の悪魔のように頭上で輪っかを作りだします。

さらには同じものが銃の悪魔の頭上に出現。

 

マキマさんは、事前に支配しておいた以下の人物たちの能力を発動します。

黒瀬と天童の生前契約していた罰の悪魔
沢渡が生前に契約していた蛇の悪魔
アキが生前に契約していた未来の悪魔 (※生前=アキは既に死亡している)
天使の悪魔と蜘蛛の悪魔

これらすべての悪魔の力が、銃の悪魔の頭上にあった輪っかの中から襲い掛かります。

 

しかし、おそらくマキマさんは計画的に銃の悪魔に止めは刺さずに銃の悪魔は逃亡。

さらにはアキの死体を奪って銃の魔人になり、デンジやパワーに襲い掛かります。

マキマさんがわざとアキの身体を与えた感じがするんだよね。。

 

アキが銃の悪魔になって一般人にも被害が出始めたこともあり、仕方なくデンジがアキの息の根を止めるのでした。

その後日々は過ぎていきますが、自分がアキの命を奪ったという事実に悩んでいたデンジ。

 

家の外で休んでいた所にマキマさんがやってきて、マキマさんの家に行く流れになります。

そして、マキマさんは自分の家に呼び出したパワーを殺してしまうんですよね(/_;)

 

マキマさんはデンジを計画的に幸せから絶望へと突き落とし、デンジは本来のポチタの姿としての地獄のチェンソーマンの姿へと覚醒します。

この時、殆どデンジの意思は働いておらずポチタ主導になっている様子。

 

岸辺と1対1になったマキマさんは、自分は地獄のヒーローチェンソーマンのファンな事。

チェンソーマンは助けを求められたら助けに行く代わりに、助けを呼んだ者の命も奪う事や、チェンソーマンが食べた悪魔の名前の存在を消し去ってしまうので悪魔達にも恐れられる存在な事。

 

今まではデンジを支配は出来なかったけど、もしチェンソーマンと戦って勝てば支配できることになるというような事を言い始めます。

 

そんな支配の悪魔・マキマさんの真の目的は、チェンソーマンのその能力を使って世界を良くしていく事。

死や戦争や飢餓などを無くし去ってしまいたいと考えているんですよね。

 

その考えだけ見れば味方のようにも思えてきますが、実際やっている事はえげつないので悪魔的思考は危険でありやはり敵です(゚Д゚;)

 

もしチェンソーマンに負けて食べられたとしてもそれはそれでいいと思っているマキマさんは、まさに悪魔のチェンソーマンを崇拝している側の悪魔という感じに。

 

完全態のチェンソーマンは圧倒的な強さでマキマさんが支配下に置いている敵たちを倒していきますが、マキマさんも隙を突いた攻撃を仕掛けてきます。

 

一度は戦場から離脱し数日岸辺にかくまって貰っていたデンジは、最後の決戦場所・お墓でいつも通りのチェンソーマン化でマキマさんを待ち受けていました。

 

そして、危ない場面はありながらもデンジの作戦勝ちでマキマさんを捉える事に成功。

物理攻撃はマキマさんには通用しない為、まさかのデンジがマキマさんの肉片を料理して食べつくすという方法で倒したのでした(゚Д゚;)

 

このマキマさんのラストシーンは原作漫画11巻の95話目の回となっています。

デンジに食べられて消化されたマキマさんは、『マキマさん』としてはこれで完全に死亡。

しかし、『支配の悪魔』の存在はまた地獄から現世へと別の個体として現れる事になります。

 

☆チェンソーマンの漫画を全巻半額で読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

【チェンソーマン】マキマさんの正体や最後は死亡する?契約悪魔や敵か味方かネタバレ考察まとめ

以上、チェンソーマンのマキマさんの正体や最後は死亡するのか?

契約悪魔の詳細や敵か味方かのネタバレと考察もまとめてお伝えしました!

 

ある日デンジがマキマさんに休日デートに誘われる回があるのですが、そこでのデート内容は、夜中までずっと複数の映画館で映画を観る事。

ずっと内容が微妙な作品を観ていましたが、最後に観た映画でデンジもマキマさんも涙するんですよね。

マキマさんなりに人間に歩み寄ろうとしていたのかなとも思える印象的な回になっています^^

 

★1,350円分のポイントGET!
漫画2~3冊無料で読めるコミック.jpはこちら

Sponsored Link