スポンサーリンク

呪術廻戦の夏油げとうは死亡した生きてる?復活するか偽物の正体ネタバレ考察

アニメ

 

次から次に先が気になる展開が繰り広げられていっている【呪術廻戦】。

主要キャラクター達の生死に関しても様々な出来事が起こっていくんですよね(゚Д゚;)

 

そんな中でも謎のある重要人物として中盤以降も出て来るのが夏油傑(げとうすぐる)。

 

今回の記事では、呪術廻戦の夏油傑(げとうすぐる)は死亡したのか生きてるのか?

復活する理由や偽物の正体と真相などについてもネタバレと考察でお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

呪術廻戦の夏油傑(げとうすぐる)は死亡したのか死亡してないのかどっち?

 

呪術廻戦のアニメ本編にも登場しているので、視聴者なら印象に残っているであろう人物の1人が夏油傑(げとうすぐる)。

原作漫画を読んでいなくて映画もまだ観る前だったら何も疑問は出てこないと思うのですが、問題なのは映画「呪術廻戦0」のラストでも出て来るある展開。

 

・・・そう、実は映画「呪術廻戦0」でも描かれているように虎杖たちが呪術高専に入学してくる2年前。

2年前の乙骨との闘いですでに夏油傑(げとうすぐる)は死亡しているはずんです(゚Д゚;)

 

そもそもどういう展開だったのかと言うと、物語は乙骨が呪術高専に入ってからの時期。

乙骨はリカちゃんという特級呪霊と主従契約を結ぶ形で力を使用し、その実力は目立つものがありました。

 

その力を利用したいという思いもあって近づいてきた夏油(げとう)でしたが、その作戦は失敗に終わります。

リカちゃんの力を最大限引き出した乙骨の攻撃に重傷を負った夏油。

 

戦線離脱する事は出来たものの、そんな夏油の元に五条先生がやってきます。

夏油と五条先生は呪術高専の同級生であり親友なので、やり取りの中には確かに信頼し合っているような雰囲気があるのがまた泣けるんですよね・・・(/_;)

 

親友とはいえ、もちろんこのまま夏油を見逃すことは出来ません。

五条先生は最後に夏油の本音を聞いたあと、一言告げてから自ら始末したのでした。

 

お互いに下の名前で呼び合うような仲だった2人。

最後に夏油が「笑えなかった」という本音を漏らしたのを聞いた五条先生は、何か(セリフは隠されている)を言って最後の最後で夏油を心の底から笑わせるのがラストとなっています。

 

実際に手をかけたシーンは描かれておらず、攻撃した音だけで表現されていますが五条先生がこの時に夏油を始末したのは確実なはず。

 

なのですが、微妙にこのシーンがはっきりしないおかげで「夏油傑(げとうすぐる)は死亡したのか?死亡してないのか?」という疑問が生まれてきませんか??

 

元々親友だったという関係性から考えると確かに「五条先生が本当は始末していなかったのでは」というパターンも考えたくなる訳ですが・・・

呪術高専を襲ったという罪もありますし被害も出ている中で、先生と言う立場の五条が親友とはいえ庇うとは考えられません。

 

ですが、この時系列から考えて2年後の現在もまた夏油傑(げとうすぐる)が登場してきているのはおかしいですよね(゚Д゚;)!

ここには衝撃の事実が隠されているので、引き続き夏油についてのネタバレ考察を見ていきましょう。

 

☆呪術廻戦の漫画を全巻40%OFF
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

呪術廻戦の夏油傑(げとうすぐる)は復活するし生きてるのか原作ネタバレ考察

 

もしかして五条先生が2年前に生かしておいたのか?
五条先生は始末したつもりでもギリギリ生きていて生きながらえていたのか?
亡くなる直前で仲間など誰かが助け出していたのか?

などなど、様々な可能性を考える事が出来る夏油傑(げとうすぐる)に関する謎。

 

単純に過去に始末したはずなのに2年後に普通に復活して来たパターンだと、五条先生が止めを刺し損ねたのかな?

くらいに思いがちですが、2年後に夏油と再会した五条先生は彼が「夏油ではあるのに夏油ではない何者か」である事を見抜きます。

 

夏油だけど夏油じゃないとは一体・・・?

となりますが、実はよーく夏油傑(げとうすぐる)のビジュアルを見ていくとある違和感があるのが分かります(゚Д゚;)

 

それが、夏油のおでこにある横線の傷痕。

これが彼の正体のヒントにもなっており、まず結論から言うとこの夏油は【身体は夏油自身の物】でありながら、その身体を乗っ取られた状態の【偽夏油】なんですよね・・・!

 

もう既に亡くなった命のはずですが微妙に意識があるのかと思わせるようなしぐさをした場面があったため、意識のどこかはまだ夏油が残っている。

 

つまり、乗っ取られては居ますが一応は夏油自身も復活した状態と言えるのかもしれません。

では、その偽物の夏油は一体何がどうなって今の状況になってしまったのかについてもチェックしていきましょう!

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

呪術廻戦の夏油傑(げとうすぐる)は復活するけど偽物?正体をネタバレ考察

 

過去に亡くなったはずの夏油傑(げとうすぐる)は2年後にまさかの復活。

と思いきや、死亡後にある者に身体を乗っ取られて利用されてしまっているというのが現状でした。

 

その乗っ取っているというのが、羂索(けんじゃく)という遥か昔から存在している呪術師。

羂索(けんじゃく)は乗っ取りたい人物の脳を取り換えていく事で自らがその身体の所有者になり代わり、力などもそのまま自らの物として使う事が出来る力を持っていました。

 

羂索(けんじゃく)自身は1,000年前から存在している呪術師。

まず初めに加茂憲倫の脳を取り換えて加茂憲倫として過ごした時期などを経た上で、今現在は夏油傑(げとうすぐる)を乗っ取っているという流れになります(゚Д゚;)

 

そして、乗っ取られた人物の見分けがつきやすいのがおでこの部分。

脳を取り換えているだけあって頭はスパッと切られた状態なため、縫い合わせたような跡が加茂憲倫にも夏油にも残っているんですよね!

これは言われて見て見ないとあまり気が付かないかも。

 

2人とも生前にこのような痕はついていないため、別人・偽物である証拠にもなっています。

▽生前とのおでこの違いに注目▽

 

五条先生が親友を手にかけて2年前は上手く事態が収まっていたというのに・・・死亡後に脳を取り換えられて乗っ取られていたなんて最悪です(/_;)

五条先生の感情的にも可哀想だし嫌な力だよね。

 

呪術廻戦のアニメの方では虎杖たちが呪術高専に入ってからの話になるので、アニメ1期から出てきている夏油傑(げとうすぐる)は、すでに乗っ取られているので正体は【羂索(けんじゃく)】という事に。

 

映画版の呪術廻戦0の夏油はおでこに何も傷が無く、アニメからは傷が入っているので正体が分かってから改めてアニメや漫画で読み直していくのも違った視点で理解できて面白いですよ^^

 

☆呪術廻戦の漫画を全巻40%OFFで読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

呪術廻戦の夏油傑(げとうすぐる)は死亡した生きてる?復活するか偽物の正体もネタバレ考察まとめ

以上、呪術廻戦の夏油傑(げとうすぐる)は死亡したのか生きてるのか?

復活する理由や偽物の正体と真相などについてもネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

アニメ派の方は特に何の疑問も抱いていなかったであろう夏油の正体。

映画での夏油の最後を知ってからだと色んな疑問が出てきてしまいますよね。

 

偽物の夏油の正体である羂索(けんじゃく)は身体の持ち主の力までも使えてしまうので、本編でも結構な強敵になっていきます(゚Д゚;)

五条先生にもあるピンチが訪れてしまうので注目ですよ!

Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
アニメ呪術廻戦
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ