スポンサーリンク

ヴァニタスの手記の蒼月の吸血鬼の正体と過去をネタバレ考察!性別は女男どっち?

アニメ

 

吸血鬼(ヴァンピール)×人間×19世紀パリの世界観が人気の作品【ヴァニタスの手記】。

読み進めていくたびに深まっていく過去から繋がる謎などが凄いんですよね・・・。

 

謎に包まれている登場キャラクターと言えば、蒼月の吸血鬼もその1人。

今回の記事では、ヴァニタスの手記の蒼月の吸血鬼の正体や真相・性別が男女どちらなのかなどに関してもネタバレと考察でお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】蒼月の吸血鬼の正体と過去をネタバレ考察!

 

【ヴァニタスの手記】のタイトルにもなっている通り、物語にかかせない人物となっている主人公のヴァニタス。

この元々の名前の持ち主である蒼月の吸血鬼は多くの謎を持った人物ですよね。

 

そもそも、吸血鬼(ヴァンピール)とは通常だと赤い満月の夜に生まれるとされる存在。

しかしその昔、ヴァニタスという名前の吸血鬼だけが蒼い満月の夜に生まれてしまいました。

 

蒼い満月の夜に生まれた子供=不吉の象徴として村を追い出されてしまったヴァニタス。

1人去って行きながら、紅月の夜に生まれた全ての吸血鬼達への復讐を誓うのでした・・・。

 

そして、蒼月の吸血鬼は蒼い表紙・漆黒のページという特徴を持つ鎖の繋がった魔導書(グリモワール)を作り上げます。

吸血鬼(ヴァンピール)の真名に干渉する事が出来る力を持つ呪いのヴァニタスの書は、蒼月の吸血鬼の存在と共に全ての吸血鬼に恐れらています。

 

この蒼月の吸血鬼(ヴァニタス)に関する情報は、絵本として吸血鬼達の間に語り継がれている物語。

なので、実際のところは違う真相があるという可能性の方が高いと考察しています。

 

ヴァニタスの手記の作品は、良い意味で予想を裏切ってくる伏線が多いですからね(゚Д゚;)

予想外の展開が起こるからこそ先が気になってくる魅力。

 

蒼月の吸血鬼の存在に関しては今もなお吸血鬼(ヴァンピール)達の間では恐怖の対象であり、ほとんどの吸血鬼が問題になっている『呪持ち』の元凶が蒼月の吸血鬼なのではと思い込んでいます。

 

ヴァニタスは蒼月の吸血鬼の眷属になっていてヴァニタスの書の所有者になっているので、その力を使って真名に干渉・呪持ちにさせていっているのではと疑われているんですよね。

ルカも初対面の時に、ヴァニタスのせいで今の状況になっていると勘違いしているのが分かる発言をしていました。

 

蒼月の吸血鬼の真相は一体何だったのか・・・?

詳しい正体や性格と共に続けてネタバレ考察を見ていきましょう^^!

 

☆ヴァニタスの手記の漫画を【全巻半額】
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】蒼月の吸血鬼の正体と過去をネタバレ考察!性別は女男どっち?

 

呪持ちの吸血鬼(ヴァンピール)の原因となっているのは、シャルラタンのパレードを引き連れて吸血鬼達の真名を穢す事件を起こしている犯人のネーニア。

 

このネーニアがいつも黒い影をまとったような姿で登場するのですが、たまにちらっと出て来る蒼月の吸血鬼の回想シーンでも黒い影っぽく見えていましたよね??

 

なので始めは蒼月の吸血鬼の容姿もぼかしているのかと思いきや、実はそうではありませんでした。

初めて容姿が分かるのは、第9巻でのエピソード。

 

ある時、ヴァニタスの書が悪用されそうになっていた現場に乗り込み制圧した蒼月の吸血鬼。

その現場であるモローの研究室に捉えられていた実験対象・被害者こそが、No.69と呼ばれていたヴァニタスとNo.71と呼ばれるミハイルでした。

 

ミハイルは蒼月の吸血鬼に自分とヴァニタスを連れていってほしいと懇願し、蒼月の吸血鬼は元々これは自分のせいでもあるからと2人を連れていく事にしたんですよね。

 

この時はまだ正体を知らないまま、共に研究所を脱出したヴァニタスとミハイル。

しかし研究室を出てから初めて被っていたフードを脱いだ姿が現れ、蒼月の吸血鬼だと自己紹介した事で正体が明らかになります。

 

その現れた蒼月の吸血鬼の正体の容姿はというと・・・

肌は真っ黒で眼はぱっちりの長いまつ毛。

下に着くのではないかというくらいに長いふわふわとカールしている髪の毛を持つ、綺麗な顔をした人物だったのでした。

 

この時点でというかそれ以前から気になっていた事の1つに、蒼月の吸血鬼の性別が男か女なのかどっちか論争もありませんか??

 

私も個人的にずっとヴァニタスの手記を読んできているのですが、ちらっとたまにシルエットが見える姿から女性っぽいなと始めは考察していました^^

 

保護されてから一緒に過ごしている2人も疑問に思っていたようで、なぜお兄ちゃん(ヴァニタスの事)は父さんの事が嫌いなのかとミハイルが聞く場面があるんですよね。

 

助けてくれたんだからいい人なんじゃないかと問う子供に対して、ヴァニタスはあの女は吸血鬼なんだぞと返します。

ミハイルが『父さん』、ヴァニタスが『あの女』と言っている矛盾が気になる・・・。

 

ついには、女だ男だと性別の言い合いになってしまうヴァニタスとミハイル(笑)

するとそこにやって来た蒼月の吸血鬼本人が、どちらでもないという真相を伝えてくれます。

 

実は蒼月の吸血鬼には性別がなく、どの生き物とも違う存在。

つまり、【人間】や【吸血鬼】などのくくりには当てはまらないのだという事が明らかになったんです。

 

確かに、見た目からして肌の色が漆黒というのが他とは違うという事を証明していますよね。。

では何のためにどういう理由で誕生したのか?

 

最大の謎として疑問が残るわけですが、蒼月の吸血鬼もまた自分自身の真相を探して後悔したと語っている場面がありました。

普通では無かったとすると、もしかして蒼月の吸血鬼は誰かから発生した存在なのではないか?と考察しています。

 

というのも、シャルラタンのパレードで問題になっている黒い影・ネーニアの正体は女王。

そして、その女王の見た目が肌が普通になっただけで蒼月の吸血鬼とそっくりな容姿なんですよね・・・(゚Д゚;)!

 

女王ほどの力ともなると、想像のできないような現象を起こしていてもおかしくありません。

蒼月の吸血鬼の肌が漆黒ではなければまた話は違ってきますが、女王から生まれた呪いや力が具現化した存在が蒼月の吸血鬼であったなら、色々と過去も繋がる部分があるのではと考察しています。

 

そちらにしても、容姿がそっくりなのに何も関係が無いという事はありえないはず。

原作漫画だと本編最終巻に近い場面で明らかになりそうなので期待ですね!

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】蒼月の吸血鬼の正体などに対する世間の反応をネタバレ

 

一般的な吸血鬼(ヴァンピール)では無く、性別すらもないという超越した正体が明らかになった蒼月の吸血鬼。

だからと言って一般常識からかけ離れた危険思考や理性が無いとかではなく、むしろ性格的におちゃめだったり優しいんですよね(>_<)

 

なのでなぜ蒼月の吸血鬼がヴァニタスに憎まれることになったのか?

過去が断片的に明かされていくたびに、ますます謎が深まっていくようにも感じます。

 

では、そんなヴァニタスの手記のアニメに対する世間の反応はどうなっているのか?

気になったので読者の口コミや感想を調査してみましたよ♪

それがこちら▽

 

中々真相の全てが明らかになって行かない事に対する面白さも秘めている【ヴァニタスの手記】。

ミステリーや伏線が多い作品でも、多少はこの先こうなるだろうとかの考察がしやすい作品もありますよね?

しかしヴァニタスの手記はストーリーが進む程に謎が絡まっていくイメージがあるので、最後の最後まで考察を楽しめるタイプなのではないでしょうか^^

 

☆ヴァニタスの手記の漫画を全巻半額で読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】蒼月の吸血鬼の正体と過去をネタバレ考察!性別は女男どっちかもまとめ

以上、ヴァニタスの手記の蒼月の吸血鬼の正体や真相・性別が男女どちらなのかなどに関してもネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

蒼月の吸血鬼に関しては最初からずっと謎がある存在ですし、人間とも吸血鬼とも違うという新情報を得たら余計に分からなくなってきますよね(笑)

 

ヴァニタスは当時蒼月の吸血鬼の最期を知る唯一の人物なので、ヴァニタスの過去の全てが明らかになるタイミングで蒼月の吸血鬼に関しても初めてちゃんと理解できるはずです^^

Sponsored Link