スポンサーリンク

薔薇王の葬列リチャードのラストは死亡する結末?生きてるのか最後をネタバレ考察

アニメ

 

深いストーリーのダークファンタジーが人気の【薔薇王の葬列】。

悲劇が悲劇を生むような悲しい連鎖が最後まで待ち受けています(/_;)

 

特に悲しい運命を背負って生まれて来た主人公リチャードの結末が一体どうなるのか気になってきませんか??

 

今回の記事では、薔薇王の葬列の主人公リチャードのラストは死亡する結末なのか?

実は生きてるのか最後までを原作のネタバレと考察でお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

薔薇王の葬列リチャードのラスト結末は死亡してしまうのか?

 

薔薇王の葬列は登場キャラクターが複雑&同名キャラが中盤以降増えていくから主要キャラクターを簡単に一覧でチェック▽

白薔薇:ヨーク家
  • リチャード【主人公で両性】
  • ヨーク公リチャード【主人公の父親】
  • セシリー【母親で主人公を嫌う】
  • エドワード【主人公の兄で長男・王になる】
  • エリザベス【復讐で長男の王妃に君臨】
  • ベス【エドワード王の娘】
  • ジョージ【主人公の兄で次男】
  • ケイツビー【主人公のお世話係で秘密を知る】
  • バッキンガム【主人公のキングメイカー】
  • ウォリック伯【主人公の父親の右腕】
  • アン【ウォリック伯の娘で主人公に恋】
赤薔薇:ランカスター家
  • ヘンリー六世【現王で主人公と出会う】
  • マーガレット【ヘンリー六世の妻】
  • エドワード【ヘンリーの息子で主人公に恋】
  • ジャンヌダルク【亡霊の謎の魔女】
  • ジェーン【エドワード王を魅了する謎の自称魔女】
  • ティレル【左目に傷ありの正体不明の殺し屋】
  • リッチモンド【王位の座を狙う】

 

薔薇王の葬列における「リチャード」と言えば、まずは主人公のリチャード

そして、父親もまた同名なので父親を現すときはヨーク公リチャードという表現が使われます。

 

この父親の方のヨーク公リチャードはヨークとの闘いが始まって序盤の方(原作漫画第2巻)の方で処刑されてしまいます(>_<)早々とご退場・・・。

 

ヨーク公リチャードは主人公リチャードにとっての光そのものだったため、この死が相手側のリーダー。

つまりまだ正体を知らないヘンリー王や国に対しての憎しみを募らせていくきっかけの1つにもなってしまいます。

 

そんな闇の深いリチャードは最後にどうなってしまうのか気になりますよね??

ラスト結末までの展開でリチャードに一体何が起こるのか、最後に死亡するのかどうかも含めてネタバレをチェックしていきましょう!

 

☆薔薇王の葬列の漫画をebookjapanで
半額クーポンで読む♪

 

スポンサーリンク

薔薇王の葬列リチャードのラストは死亡する結末?最後までをネタバレ考察①

 

父親のヨーク公リチャードが亡くなってからというもの、リチャードはヘンリー王の首を狙うという1つの目標を持ちます。

 

しかし、そのヘンリー王の姿をまだ観たことがないリチャードは、まさかの羊飼いと思っているヘンリーに恋をしてしまうんですよね(>_<)

父親の仇と思っている相手に恋・・・もうこの時点で不穏な空気しか感じない!

 

誰にも愛されないと自身の身体的特徴に深く悩まされているリチャードですが、どこかのほほんとしたヘンリーにどんどん惹かれていきます。

 

しかし、最も恐れていたことがついに起きてしまうんですよね・・・

それが、リチャードがついにヘンリーがあのヘンリー王だと知ってしまうタイミング。

 

戦いは一旦ヨーク家の勝利で収めていた頃、捕らえられていたヘンリーの元にリチャードが訪れます。

 

正体を知った上で自分の最も罪だと思っている部分。

身体をさらけ出してヘンリーにありのままの自分を愛してほしいと願いますが・・・

 

これまでの戦いの影響で精神的に弱っていたヘンリーは、幻覚のようなモノを見ると同時に取り乱したようにリチャードを激しく拒否。

絶望したリチャードは、それならもう良いとでもいうようにヘンリーを刺したのでした。

実はヘンリーは大けがをした後もまだ生きてるよ(ティレルという正体不明の暗殺者としてその後暗躍)

 

この出来事のあと、物語は大きく進み10年の時が経ちます。

ヨーク家の中でも色々と問題が出てきており、ジョージ(リチャードの兄)は酒に溺れて目に余る行動をし出した事からリチャードが雇った者によって処分。

 

エドワードは戦いに敗れて命尽き、その妻だったアンが今度はリチャードの元に妻としてやってきます。

 

しかしアンとリチャードの夫婦仲は冷え切っており、2人の間の子供として認知されているエドワードは亡きエドワードの顔にそっくりです。

まさにそのままで、父親はエドワードでリチャードじゃないのが丸わかりなんですよね・・・!

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

薔薇王の葬列リチャードのラストは死亡する結末?実は生きてるのか最後をネタバレ考察②

 

リチャードと関係が進んだのはバッキンガムで、バッキンガムがリチャードの身体の秘密を知った上で身体の関係を持つ仲に。

 

そして、バッキンガムと深い仲になったリチャードは次に自身が王座を狙い始めます。

バッキンガムに言われるまでは王座なんて考えても無かったんだよね

 

しかしまた事件が発生し、リチャードがバッキンガムの子供を妊娠したかもしれない兆候が(゚Д゚;)

ここで身体を大事にしてほしいバッキンガムと、上を目指したいリチャードとの間で修復できない程の亀裂が生じてしまい離れ離れになる事に・・・

 

物語は急展開し、リチャードとバッキンガムが敵として戦う展開にまで発展してしまいます。

最終的にバッキンガムを自らの手で葬ってしまったリチャード。

 

最後に戦いの中で傷を負ったリチャードは、ケイツビーに見守られながら薔薇の中で眠るのでした・・・

 

まさに絵本の中の結末というか、最後はリチャードがはっきり死亡したようなラストにはなっていません。

しかし薔薇の中で眠りにつくリチャードの様子を見ると、やはり静かに息絶えてしまったのでしょうね(/_;)

 

薔薇王の葬列のファンの間でも色々な考察が飛び交う、結局最後にリチャードは死んだのか生きてるのか問題。

あのまま生きながらえたとしてもリチャードにとっての光はもうないですし、心を交わしたヘンリーもバッキンガムもアンも居なくなった。

 

そんな世界でまた苦しみながら生きていくよりかは、もう静かにゆっくり息を引き取ったのがリチャードにとっての願いだったのではないかと考察しています。

 

☆薔薇王の葬列の漫画をebookjapanで半額クーポンで読む♪

スポンサーリンク

薔薇王の葬列リチャードのラストは死亡する結末?生きてるのか最後をネタバレ考察まとめ

以上、薔薇王の葬列の主人公リチャードのラストは死亡する結末なのか?

実は死んでないパターンで生きてるのか最後までを原作のネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

ダークファンタジー好きにはたまらない世界観と、次々にやって来る逃げられない悲劇

個人的にはハッピーエンドばかり読むので、やはり薔薇王の葬列は綺麗ながらもバッドエンドに感じてしまいます(゚Д゚;)

 

最後の終わり方は色んな解釈もできるので、改めてじっくりと原作漫画を観なおすとまた新しい視点が生まれて来るかもしれないですよ♪

★50%オフクーポンをGET!
漫画をお得に読むならebookjapan

Sponsored Link
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。