スポンサーリンク

薔薇王の葬列ウォリックのラスト結末は死亡する?最後をネタバレ考察

アニメ

 

壮絶な悲劇のストーリーが新たな解釈で繰り広げられていく【薔薇王の葬列】。

最初から最後まで辛い展開が続いていく作品ですが、主要キャラクター達の結末も気になってくるんですよね。

 

今回の記事では、薔薇王の葬列のウォリック伯のラスト結末はどんな展開なのか?死亡する最後となるのかについても原作のネタバレと考察でお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

薔薇王の葬列ウォリックのラスト結末は死亡する?原作漫画ネタバレ考察①

薔薇王の葬列は登場キャラクターが複雑&同名キャラが中盤以降増えていくから主要キャラクターを簡単に一覧でチェック▽

白薔薇:ヨーク家
  • リチャード【主人公で両性】
  • ヨーク公リチャード【主人公の父親】
  • セシリー【母親で主人公を嫌う】
  • エドワード【主人公の兄で長男・王になる】
  • エリザベス【復讐で長男の王妃に君臨】
  • ベス【エドワード王の娘】
  • ジョージ【主人公の兄で次男】
  • ケイツビー【主人公のお世話係で秘密を知る】
  • バッキンガム【主人公のキングメイカー】
  • ウォリック伯【主人公の父親の右腕】
  • アン【ウォリック伯の娘で主人公に恋】
赤薔薇:ランカスター家
  • ヘンリー六世【現王で主人公と出会う】
  • マーガレット【ヘンリー六世の妻】
  • エドワード【ヘンリーの息子で主人公に恋】
  • ジャンヌダルク【亡霊の謎の魔女】
  • ジェーン【エドワード王を魅了する謎の自称魔女】
  • ティレル【左目に傷ありの正体不明の殺し屋】
  • リッチモンド【王位の座を狙う】

 

ウォリック伯といえばリチャードの父親・ヨーク公リチャードの右腕として支え続けて来た側近の1人です。

娘のアンもリチャードと接する機会があったりして重要人物ですし、人間関係のいざこざで色々と違う道を歩んで行ってしまう悲しい人・・・

 

ヨーク公リチャードが赤薔薇ランカスターに対して争いを起こした後も、彼を王とすべく傍で尽力していたのがウォリックなんですよね。

 

しかしヨーク公リチャードはランカスターの実権を握る王妃マーガレットの策にハマり、最後は絶望と共に息絶えてしまいます(/_;)

 

これをきっかけにウォリックはエドワードとの関係にある確執が出来てしまい・・・

ウォリックのラスト結末までの展開で一体何が起こるのか、ウォリックは最後に死亡するのかどうかも含めてネタバレをチェックしていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

薔薇王の葬列ウォリックのラスト結末は死亡する?原作漫画ネタバレ考察②

 

ウォリックは生前のヨーク公リチャードに忠誠を誓っていましたし、この王冠を守るようにとも言われていたので王が亡くなった後もヨーク側での王を守ろうと当然思っていました。

 

現王が亡くなったとすれば次に王権を引き継ぐのは息子で長男のエドワード。

王になったエドワードは暫くの間はそこまで問題を起こしませんでしたが、元々チャラかったのもあって悪い女の策に溺れて勝手に結婚してしまうんですよね・・・

 

国家の為に裏でフランス王とも対峙して、フランスの姫との婚約の話を進めていたウォリック。

ウォリックに結婚の話をすれば阻止されるのが分かっていたエドワードが自分勝手に決めた結婚により、エドワードへの信頼感の薄れ・側近としてのプライドなどがズタボロになっていく展開に(゚Д゚;)

 

しまいにはウォリックはエドワード王に自分と女どっちを取るのかと問い詰め、エドワードは女の方だと即答してしまいます(笑)

このシーンは流石にカップル同士の仕事と私どっちが好きなの的なシーンを思い浮かべてしまったw

 

じわじわと増えていたエドワードへの不信感などが頂点に達したウォリック伯。

フランス国王への謝罪に向かった際に、フランス王から今の現状を変えるべきだという悪魔の囁きを聞き入れてしまい・・・

 

この時点からウォリックはもうエドワード王との決別・敵側に寝返り謀反を起こす事を決めてしまいます。

エドワードが自分の欲望に忠実なせいで立場をわきまえず、ウォリックという有力な側近をここで失ったという事になりますね(゚Д゚;)

 

寝返ったランカスター側にて重い責務に苦しむヘンリーに対し、病気だと公表して休んでおけばいいと助言するウォリック。

そんなウォリックにヘンリーは安心し政権を譲渡してしまいます。

なので代わりとなりますがここから王の実権を握るのは実質ウォリックになったという事に。

 

薔薇王の葬列の漫画が無料で読める方法も解説中

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

薔薇王の葬列ウォリックのラスト結末は死亡する?最後の展開をネタバレ考察

 

ウォリックは現状の次の王を決める権利なども自分が自由に出来るという事に満足している様子。

そんな中、マーガレット王妃がイングランドにやってきている事をリチャードや前王エドワードは知る事に。

 

再び寝返ってリチャード達側に戻ったジョージは不満を抱いていたウォリックを裏切ります。

これによってウォリック側の作戦に穴が開き、ヨーク軍の進軍を許してしまうんですよね!

ウォリックはかなりエドワードの事を根に持っている執念を感じる・・・

 

そしてついに、因縁のウォリックとエドワード前王が戦場にて対峙。

軍勢としては数が優っているウォリックは余裕の様子で勝利を確信していましたが、ここでジョージが寝返った事を知り一気に軍事力は五分五分に。

 

エドワードもウォリックもお互いに裏切り者だと言いあっていますが、きっかけとしてはエドワードの行動が原因ではありますよね・・・(゚Д゚;)

ヨーク側には1人だけでも強力なリチャードが付いている訳で、次々に敵軍を切り倒していきます。

 

ウォリックがかつて亡き王ヨーク公リチャードと出会ったのは、まだウォリックが子供の頃。

叔父であるヨーク公リチャードを王と見間違えるほどに王の資質を感じていたウォリックは、この初対面から彼に王冠を・・・と考え始めていたのでした。

 

ヨーク公リチャードを王に・キングメイカーとして側近として支えて来たウォリックは、ヨーク公リチャードの憧れと共に生きて来た事が分かります。

主君亡き後も支えたかっただろうにウォリックは悔しかったんだね。

 

そして、戦場では兵に混乱が生じてウォリック側に乱れが出始めてしまいます。

これを好機と踏んだエドワード軍は一気に攻め始め、ウォリックとエドワードの一騎打ちに。

 

かつてエドワードに剣を教えたのはウォリックで未だに剣術は上を行っていましたが、いざエドワードに止めを刺そうとしたのですが・・・

ウォリックの頭に浮かんだのは亡きヨーク公リチャードと交わした約束

 

何かあれば息子のエドワードを王にと望むヨーク公リチャードに誓った約束を思い出したウォリックは一瞬の隙が出来てしまいます。

 

馬上から落ちたウォリックは一旦この場を離れ、味方のマーガレット率いる軍を待とうとしたその時!

背後からバッキンガムがウォリックの首に剣を突き刺します。

 

バッキンガムが去った後に現場に到着したヨーク公エドワード。

エドワードは生きたまま捕縛を望んでいたのですが時は既に遅く・・・

 

最後に目もかすむ中で何かにすがるウォリックを見て、ヨーク公エドワードは自分が王であると安心させるように伝えるのでした。

ラストの結末で陛下と呟きながら息を引き取るウォリックは、最後の最後でエドワードの命を奪う所で躊躇した所を見るとやはり悪者とは思えないんですよね(>_<)

 

お互いに求めるものが違って信念が違って、ウォリックは尊敬するヨーク公リチャードの意思や尊厳を守りたかった。

エドワードは本当に大切な事に気が付かないまますれ違いが起き、お互いに命までは取りたくないと思ってしまう程情が残っていたのに悲しい結末を迎えてしまいました(/_;)

 

せめてもの救いで言うと、ウォリックはかすむ意識の中で追い求めた【自分の王】と会えたんだと思い込みながら亡くなって行けた事が幸いかなと思います。

 

スポンサーリンク

薔薇王の葬列ウォリックのラスト結末は死亡する?最後までネタバレ考察まとめ

以上、薔薇王の葬列のウォリック伯のラスト結末はどんな展開なのか?死亡する最後となるのかについても原作のネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

ウォリックは前王への憧れから始まり人生をキングメイカーとして過ごしてきて、王亡き後に子息のあまりの行動に裏切りと恨みを募らせていったんですよね。

 

リチャードがエリザベスの元夫さえ切らなければ復讐に妻の座にも着かれなかっただろうに・・・と思うと、やはり運命は残酷です(/_;)

 

Sponsored Link
Sponsored Link