スポンサーリンク

薔薇王の葬列バッキンガムとケイツビーは死亡するラスト結末?最後をネタバレ考察

アニメ

 

美しくも儚い物語が繰り広げられていくダークファンタジー【薔薇王の葬列】。

主人公が両性で男女どちらの特徴も合わせ持っている設定が特徴的ですが、そんな中でリチャードが最後に誰を選ぶのかなども気になってきませんか??

 

今回の記事では、薔薇王の葬列のケイツビーとバッキンガムは死亡するラスト結末なのか?

リチャードが誰とくっつくのかも含めて最後をネタバレ考察でお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【薔薇王の葬列】リチャードは誰とくっつく?バッキンガムかケイツビーか

 

薔薇王の葬列は登場キャラクターが複雑&同名キャラが中盤以降増えていくから主要キャラクターを簡単に一覧でチェック▽

白薔薇:ヨーク家
  • リチャード【主人公で両性】
  • ヨーク公リチャード【主人公の父親】
  • セシリー【母親で主人公を嫌う】
  • エドワード【主人公の兄で長男・王になる】
  • エリザベス【復讐で長男の王妃に君臨】
  • ベス【エドワード王の娘】
  • ジョージ【主人公の兄で次男】
  • ケイツビー【主人公のお世話係で秘密を知る】
  • バッキンガム【主人公のキングメイカー】
  • ウォリック伯【主人公の父親の右腕】
  • アン【ウォリック伯の娘で主人公に恋】
赤薔薇:ランカスター家
  • ヘンリー六世【現王で主人公と出会う】
  • マーガレット【ヘンリー六世の妻】
  • エドワード【ヘンリーの息子で主人公に恋】
  • ジャンヌダルク【亡霊の謎の魔女】
  • ジェーン【エドワード王を魅了する謎の自称魔女】
  • ティレル【左目に傷ありの正体不明の殺し屋】
  • リッチモンド【王位の座を狙う】

 

薔薇王の葬列と言えば、主人公リチャードが両性の特徴を持っているため苦しむ展開が多数。

しかしだからこそ、アンなどの女性と良い感じになりそうだったりエドワードから恋心を持たれたり、リチャード自身はヘンリーに惹かれたりと・・・

男女間の性別に拘らない恋愛要素があるのがこの作品のファンの中での人気要素の1つになっています。

 

エドワードは片思いで終わって、アンとは一時お互いに好意を持ちますがすれ違いによって良好な関係とは言えず。。

ヘンリーに関してはまた別物と考えて今回の記事では一旦触れませんが、後気になる存在と言えばやはり以下の2人ですよね!

★ケイツビー
★バッキンガム

 

ケイツビーと言えばリチャードが幼いころからのお世話係で、周囲の人間の中でも最初からリチャードの身体の事を知っていた数少ない1人。

 

バッキンガムは子供の頃から登場してきており、リチャードのキングメイカーとして活躍していくこちらもまた重要な存在

 

リチャードにとって大事なこの2人だからこそ、それぞれとの関係がどこまで進むのかなども気になってきませんか??

 

また、バッキンガムとケイツビーのラスト結末までの展開で一体何が起こるのか、最後に死亡するのかどうかも含めてネタバレをチェックしていきましょう!

 

☆薔薇王の葬列の漫画をebookjapanで
半額クーポンで読む♪

 

スポンサーリンク

【薔薇王の葬列】ケイツビーは死亡するラスト結末?最後をネタバレ考察

 

ケイツビーはリチャードが生まれてすぐにその場に立ち会っていた事から、リチャードが男と女の両方を合わせ持つ身体的特徴を持っている事を始めから知っていました。

 

リチャードが成長してからその身体に悩み苦しむ姿も間近で見てきており、身体に対して否定的な言葉や表情をしてきた事は一度もありません。

まさに忠実な従者という立ち位置でいつも暖かく見守ってくれているんですよね(>_<)

 

リチャードが無理をして1人でどこかに向かおうとする時でも、それが分かっていたかのように同行してくれるケイツビー。

 

リチャードがついにヘンリーの正体を知って自らの秘密・両性の特徴がある身体である事をヘンリーに明かす場面では・・・

ケイツビーは瀕死の状態だったヘンリーをリチャードに気が付かれないよう、別の場所に移し生かしていたという裏での活躍もしていました

 

個人的にはバッキンガムよりもケイツビーとリチャードがくっつくのではないかと期待していたのですが、最後までそういった展開はゼロ。

 

ラストでは、静かに息を引き取るリチャードの傍にケイツビーも静かに一緒にいる場面で終わりを迎えるのでした。

リチャードの周囲の人物で最後まで死亡しなかったケイツビーが印象的!

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【薔薇王の葬列】バッキンガムは死亡するラスト結末?最後をネタバレ考察

 

バッキンガムはというと、最初の出会いからクソガキと言われるほどに生意気な子供だったんですよね(笑)

しかし最初からリチャードのキングメイカーになると豪語していただけあって、リチャードの為に様々な活躍を見せていきます。

 

敵側に回ったウォリック伯を始末したのもバッキンガムですし、リチャードとの協力で自分は手を下さない形でジョージを始末した事も。

 

そして中盤以降はグッとリチャードとの距離を縮めていき、ついには側近ではケイツビーしか知らなかったリチャードの身体の秘密を知る展開に!

 

同じ時期に王座を手に入れたリチャードと、まさにキングメイカーとしての功績を残したバッキンガム。

2人は自然と想いあい身体を重ねる仲へと進展していき、お互いに大切な存在へと変化していきます。

リチャードとくっつくのはケイツビーではなくバッキンガムだったって事だね♡

 

バッキンガムはリチャードとそういう関係になってから結構な甘いシーンが多いんですよね( *´艸`)

しかし、まさかのバッキンガムの本名がヘンリーだったという衝撃展開もありましたが・・・

 

それでも一心にリチャードを想うバッキンガムでしたが、一気に状況が一変してしまうある事件が発生。

 

実はリチャードとバッキンガムの間に子供が出来たかもしれないという疑惑が浮上してきてしまったんですよね(゚Д゚;)

そりゃあ何の対策もしてなかったらそうなる可能性はあったよね・・・

 

こうなってからの両者の反応と意見はまさに真っ二つ。

 

リチャードは王となっている訳なので「王」という立場を優先して行動したい。

それに対して、バッキンガムはリチャードにはもう「王座」を捨てて自分と一緒に子供を育てて過ごしていってほしいと想っていたんですよね。

 

当然お互いの主張は食い違い、バッキンガムはリチャードを半ば強引に部屋に閉じ込める事に。

 

しかしその状況から助け出したのがケイツビーであり、実質裏切られたと感じたバッキンガムはリチャードを始末しようと動き始めます(゚Д゚;)

なんでーーー!恋愛拗らせすぎ・・・!!

 

最終的に改めてリチャードに子供か王座かどちらを選ぶのか答えを聞くバッキンガム。

リチャードはもちろん王座を選び、今度はリチャードがバッキンガムを始末すると決めてしまうんですよね・・・

 

結局のところ、戦場という形で再会した2人の結末はリチャードがバッキンガムを切る形で終わりを迎えるのでした。

 

リチャードが単純に女性として生きていたら。

王座に執着が無くただ幸せになりたいと望んだら・・・バッキンガムを自分の手で亡き者にするような展開にはならなかっただろうになと切なくなります(/_;)

 

☆薔薇王の葬列の漫画をebookjapanで半額クーポンで読む♪

スポンサーリンク

【薔薇王の葬列】ケイツビーとバッキンガムは死亡するラスト結末?最後をネタバレ考察まとめ

以上、薔薇王の葬列のケイツビーとバッキンガムは死亡するラスト結末なのか?

リチャードが誰とくっつくのかも含めて最後をネタバレ考察でまとめてお伝えしました!

 

最終的にバッキンガムとリチャードは心を寄せ合う仲まで発展してくっついた・・・と思いきや、まさかの妊娠疑惑から一気に転落していった感じでしたね(/_;)

 

個人的にはリチャードとくっつくならケイツビー推しだったので、最後まで寄り添ったケイツビーの忠誠心に感動しました^^

★50%オフクーポンをGET!
漫画をお得に読むならebookjapan

Sponsored Link
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。