スポンサーリンク

【転スラ】クロエは死亡で復活する?初登場は漫画小説の何巻でアニメ何話?

アニメ

 

日本からの転生者・スライムに生まれ変わったリムルが人気な【転生したらスライムだった件】。

しかし全体を通して見ていくと、実はクロエヒナタなどの後々物語の軸となる主要人物も数人登場するんですよね!

 

今回の記事では、転スラのクロエが死亡する流れやその後復活する展開などはあるのか?

彼女の初登場が漫画小説の何巻でアニメ何話だったのかについてもネタバレでお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【転スラ】クロエの初登場は漫画小説の何巻でアニメ何話?

 

転スラのストーリーを終盤辺りまで見ていて真相を知っていればよく分かるのですが、スライムのリムルも大事ですがそれ以上に転スラの世界に深く関わっている人物たち。

それが、クロエやヒナタ・レオンやユウキ達であると個人的には考えています^^

 

ストーリー中盤~後半になってくると理解しやすいのですが、転スラの物語の中で序盤から色んな所に伏線が張られているんですよね!

後半になって全部回収されて、繋がっていく感じがたまらないのです・・・( *´艸`)

 

そんな中でも、実は一番苦労人なのがシズさんの元生徒であり後にリムルの生徒にもなっていたクロエ。

黒髪で可愛らしい顔立ちをしているのでファンも多い印象がありますよね^^

 

まずは、そんなクロエの初登場が漫画小説の何巻でアニメだと何話だったのかについてをチェックしていきましょう♪

 

アニメの方は登場が分かりやすく、シズさんが亡くなった後にリムルがシズさんの想いを受け継いで生徒たちの元へと向かっていきましたよね。

 

生徒たちと実際に会う事になるのはアニメ第1期20話目【ユウキ・カグラザカ】の後半あたりからなので、もちろんクロエの初登場もこのタイミングという事に。

そして、その次の回の21話目【シズさんの教え子達】からがっつりと関わっていく事になります^^

 

この回を原作小説であてはめて見ていくと、第4巻目の5章【召喚された子供達】で初登場。

漫画では第10巻目から子供たちに会いに行く話となっています。

 

しかしクロエ単体でネタバレすると、実はクロエの正体はヴェルドラを封印したと話していた勇者なのでヴェルドラがそれを語っている回でイメージだけですが早々に登場はしていますね(笑)

 

となると小説も漫画もそれぞれ1巻目からとなりますが、主にちゃんと登場してくるのは生徒たちと一緒にリムルと会う場面からとなりますよ^^

 

☆転スラの漫画を【全巻半額】
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

【転スラ】クロエは死亡してその後復活する?原作からネタバレ

 

転スラのような人気アニメでしかも戦闘シーンがあったりもすると、当然誰かが犠牲になったり命を落としたり始末したりという展開は多く出て来ます。

 

それが敵だったり嫌なやつだったら何とも思わないですが、リムル達などの味方側がやられてしまうのではないかというヒヤヒヤ感もありますよね(゚Д゚;)

 

特に、転スラは序盤の方でシズさんが亡くなってしまったり途中でシオン達がやられてしまう展開もあるので油断は出来ません。

しかし、クロエに関しては最終的に死亡することはないので安心して観ていられますよ♪

 

それでもクロエは一番複雑なユニークスキルを持っており、時間を遡る事が出来る能力なので実は並行世界の中では過去にユウキに倒されている事がありました。

 

自分やヒナタが死亡したら2000年前にトリップしてまた同じルートにならないように気を付けて生きていくという事を繰り返しての今となっているので、時間軸がちょっと分かりづらくはあるのですが・・・

 

シンプルにまとめると、自分が死亡したりと悪いルートへと進んでいかないように、良いルートに変えるまでループを繰り返しているという事ですね^^

 

クロエが死亡したルートがあっても、現実のリムル達と今過ごしている世界線ではクロエは無事に生きていける事が出来ます。

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【転スラ】クロエに対する世間の反応をネタバレ紹介

 

自分が過ごすルートの中で危機に陥るバッドエンドにたどり着いたとき、過去に飛んでまた新しいルートをやり直すという事を何度も繰り返しているクロエ。

真相を知ると、クロエは転スラの世界に一番貢献しているように見えますよね!

 

ちなみに、繰り返されていたループのおおまかな流れをまとめると以下の通り。

召喚されたただの子どものクロエ
精霊の棲家で未来の自分が自分に憑依する
戦闘中にヒナタが亡くなるのをきっかけに共に時間を遡る
一部の記憶を取り戻した状態で暫くの間クロエは勇者として活動し、ヒナタは魂として同行
クロエは眠りにつくタイミングになり、ヒナタがクロエの身体を借りて勇者として行動
クロエのもう1人の意識・クロノアの制御が厳しくなりルミナスに自分ごと封印して貰う
ユウキに封印を解かれ戦う事になるが亡くなる
精霊の棲家に分霊体として過去に飛び子供のクロエに憑依する

このループの中で今までだとリムルが亡くなってしまってからヒナタが亡くなるという流れだったのが、リムルが生きていた事で良い流れに切り替わったんですよね^^

 

そんな苦労人クロエに対してどんな世間の反応があるのか?

気になったので口コミ感想も調査してみましたよ!

それがこちら▽

 

クロエが最初にリムルと出会った頃はまだ何も知らないただの純粋なクロエですが、精霊の棲処で未来の自分が憑依したタイミングで一部のみの記憶を取り戻しています。

 

設定が色んな時間軸を交差している感じなので、クロエの事情を知ってから最初から見ていくとまた違った面白さがありますよ^^

 

☆転スラの原作を全巻半額で読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

【転スラ】クロエは死亡で復活する?初登場は漫画小説の何巻でアニメ何話かまとめ

以上、転スラ(転生したらスライムだった件)のクロエクロエは死亡してその後復活するのか?

初登場が漫画小説の何巻でアニメ何話だったのかについてもネタバレでお伝えしました!

 

異なる色んな並行世界の中ではクロエが死亡するバッドエンドもありますが、バッドエンド回避のためにループを繰り返しているのでかなりの苦労人でもありますよね(^^;)

全てが解決してからは、ちゃんとリムルとの絡みもあるので最後までのお楽しみです♪

Sponsored Link