スポンサーリンク

死神坊ちゃんと黒メイドの母親ガーベラの素顔や真相ネタバレ!いつ和解する?

アニメ

初のアニメ化という事もあり注目されている漫画作品【死神坊ちゃんと黒メイド】。

原作漫画も面白いのですが、アニメだとまた違った魅力があるでしょうね♪

 

魅力と言えば、段々と魅力が出て来る登場人物の1人に坊ちゃんのお母様が居ます。

今回の記事では、死神坊ちゃんと黒メイドの坊ちゃんの母親・ガーベラの過去や素顔などの真相から、いつ家族が和解するのかについてもお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃんの母親ガーベラの過去や素顔はいつ分かる?漫画何巻の何話かもネタバレ

 

【死神坊ちゃんと黒メイド】の中でも、一番誤解を受けやすいのが実は坊ちゃんの母親であるガーベラ。

漫画でも、中盤あたりまではあまり真相や感情などがよく分からないままのキャラクターだったんですよね。

 

最初の方で坊ちゃんが別邸に住んでいる軽い説明として、回想で母親について思い出している場面がありました。

 

そこでは坊ちゃん実の母親に本邸を追い出されてしまい別邸に住む事に・・・。

しかも、死神みたいな子だと言っていたりもしたので正直良いイメージが無いですよね(>_<)

 

そんなお母様のガーベラがちゃんと初登場となるのは、第50話目なので漫画4巻目

クリスマスにヴィオラと話していた場面で出て来ましたが、この時はまだギリギリ顔が見えないようになっていたので素顔は謎のままでした。

 

初めて素顔が見えるようになったのは62話目の第5巻での話。

ヴィオラが別邸に家出するという流れになったときに、たまたま居合わせた次男のウォルターに説明を求めたときに振り返り際に顔が見えます^^

 

完全に顔も全身も分かるのは、坊ちゃんがヴィオラの件で呼び出された本邸で。

表情がキツめなので、最初の内はしばらくクールというか冷たい印象を受けると思います(゚Д゚;)

坊ちゃんやウォルター達こどもが一番びびってるよね(笑)

 

お母様の名前がガーベラだと判明するのは、第149話での中なので漫画の巻数で言うと第11巻目。

11巻までずっと謎多き人物だったのもあり、11巻以降で見えて来る母親ガーベラは意外な一面を持ち合わせていたことが判明していきます^^

 

坊ちゃんの母親ガーベラの過去が語られるのは第158話なので漫画の第12巻の話。

貴族の家系に生まれたガーベラは、幼いころから両親からの貴族としてのプレッシャーとストレスの中育ってきていました。

 

貴族として真面目に生きて、親の決めた相手と結婚して子供を産んで・・・。

坊ちゃんとウォルターとヴィオラの3人の子供を持ち幸せだと思いきや、何か満たされない生活を送ってきていたんですよね。

 

しかしアリスの母親との出会いを経て、ガーベラは少しずつ変化を見せていきました。

ここから今までのガーベラの印象はガラッと変わっていき、本質や本音が分かってくる程にお母様の魅力も増えてくるようになりますよ( *´艸`)

 

では、坊ちゃんの母親・ガーベラに関してどのような真相があるのかも見ていきましょう!

スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃんの母親ガーベラの坊ちゃんへの真相ネタバレ!いつ和解する?

 

坊ちゃんの母親ガーベラの性格を表すと、素直になれない不器用な口下手という感じ。

いつもピリピリしているように見えますがこれは思っている事を素直に口に出すのが苦手なだけで、本当は思いやりのあるお母様なんですよね^^

 

では坊ちゃんをなぜ別邸送りにして『死神』と酷い言葉を投げかけたのかと言うと、この真相は漫画13巻の収録予定の話数になる第179話の中で判明します。

 

まず坊ちゃんが幼い頃に『死神』とお母様に言われた印象的な場面の真相としては、あの青い鳥は母親ガーベラが大事に育てていたペットだったんですよね。

 

鳥が逃げてしまった時があり、お母様の為になんとか捕まえようとした坊ちゃん。

しかし、捕まえようとしたときに手が触れてしまい鳥は亡くなってしまいます(/_;)

 

その様子を見たお母様は坊ちゃんを『死神みたいな子』だと良い、この出来事がきっかけとなって坊ちゃんは別邸で暮らすことになってしまいました。

 

当時の出来事について、母親ガーベラは実は死神と言ってしまったことに関しては覚えていませんでした(笑)

しかし、坊ちゃんと話していく中でちゃんと謝罪してくれます^^

 

坊ちゃんを別邸送りにしたのは、屋敷の旦那様(坊ちゃんの父親で家長)が病気で入院していて家を守らないといけないのはガーベラしかいなかったから。

 

坊ちゃんの呪いは鳥の時のように意識していなくても事故を起こしてしまう可能性がありますし、責任のあったガーベラが考えたのはロブに坊ちゃんを任せる事だったのでした。

 

まだ呪いにかかる前の坊ちゃんにたくさんの笑顔や愛情をくれていたお母様。

呪いにかかったからと言って突き放していたわけでは無く、総合的に見て一番の安全策をとっての行動だったんですね!

 

優しかった愛してくれたガーベラは嘘ではなく、今でもずっと坊ちゃんの事を息子として愛し続けています。

大事に思ってくれているのに、素直になれなかったり口下手なせいで誤解されがちなお母様・・・。

 

でも終盤あたりでは最初より優しさが分かりやすくなってきますし、坊ちゃんやウォルター・ヴィオラを心配してクドクド言っているんだなという事が分かってからはもうガーベラの事も微笑ましい目で見てしまいます( *´艸`)

 

ちなみに、昔話の中で出てきて判明しましたがガーベラの年齢は現在34歳ほど。

唯一の友達・アリスの母親シャロンと再開してからのお母様はより魅力が見えてきますよ♪

 

▽死神坊ちゃんの原作漫画を数冊無料で読むなら▽
Sponsored Link
スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃん達や作品対する世間の反応をネタバレ紹介

 

物語の中盤までは真意があまり読めず、子供たちに対して冷たい厳しい印象が強かったガーベラ。

しかしアリスの母親シャロンとの過去で情熱的な女性だった事も分かりますし、ストレートな愛情表現は実は坊ちゃんが受け継いでいる感じがします^^

 

昔シャロンに対してガーベラが『愛してる』という場面があるのですが、これはもちろん恋愛感情では無く純粋な表現での親愛。

坊ちゃんが今アリスに対して素直に気持ちをよく伝えているのが印象的なので、その辺りは似た者親子ではないでしょうか♪

 

では、そんな死神坊ちゃんと黒メイドの作品に対する世間の反応はどうなっているのか?

気になったので読者の口コミや感想を調査してみましたよ♪

それがこちら▽

 

他にもギャップがあって癒されるキャラクターは出て来ますが、ツンデレというか自分でもちょっと悩みながら素直になれないお母様ガーベラも可愛らしいです(*´ω`)

 

そんなガーベラの魅力が一番見えてくるのは友達のシャロンと一緒に居る場面であり、坊ちゃん達と接する場面では分かりにくい愛情を示しているので応援したくなりますよ(笑)

 

スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃんの母親ガーベラの素顔や真相をネタバレまとめ

以上、死神坊ちゃんと黒メイドの坊ちゃんの母親ガーベラの過去や素顔の真相などに関してをまとめてネタバレでお伝えしました!

私は個人的にずっと連載を追って読んでいっているという事もあり、ガーベラに関してはもはや不器用なイメージが定着して微笑ましく思えます♪

 

ツンツンしながらもいつか坊ちゃんやウォルターやヴィオラに対して素直な愛の気持ちを伝えて、その後何かを説教しても皆本心は分かってるから全く怖くない・・・的な展開まで期待しているので楽しみです( *´艸`)

 

\死神坊ちゃんと黒メイドの原作漫画を数冊無料で読むなら/
Sponsored Link