スポンサーリンク

ぼっち・ざ・ろっく!ラスト結末ネタバレ考察で最後やその後のバンド結成は?

アニメ

アニメ放送もスタートして話題になっているぼっち・ざ・ろっく!

急激に人気度が上がってきている印象があるので勢いのある作品の1つですよね♪

 

そんなぼっち・ざ・ろっく!の最後にかけての展開もどうなるのか気になってきませんか??

今回の記事では、ぼっち・ざ・ろっく!のラスト結末までのネタバレ考察を詳しくお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

ぼっち・ざ・ろっく!ラスト結末の最後までをネタバレ

 

主人公の成長物語でもあり、音楽に関しても注目されているぼっち・ざ・ろっく!

結末まではどんな展開となっていくのかチェックしていきましょう^^

 

結束バンドの証明

後藤ひとりがネットで有名なギターヒーローと知った音楽ライターの佐藤愛子。

彼女はひとりの才能が結束バンドで埋もれてしまうと言い、ひとりがもっと力のあるグループに行くべきだと助言をします。

 

それでも結束バンドのメンバーでなければ出来ないのだと、その証明をする為にロックフェスに出場する事を決意した結束バンドの面々達。

 

しかし会場の熱気と、今までに無い程の緊張感に包まてしまい、完全にロックフェスに上がってしまうひとり。

虹夏リョウ郁代たちとこれからも一緒に、このメンバーで曲を弾きたいと願うひとりは、自分の素直な気持ちと向かいながらに、いつもの気弱な気持ちを抑え込みながらに勇気を奮い立たせます。

 

困難な状況の中で演奏を開始していく中で、ひとりだけが演奏しているのではなく、自分の事を受け入れてくれた結束バンドのメンバー達が、全員で演奏しているのだ!

と感じながら実力を証明した結束バンドの面々達。

 

ひとりだけではなく、虹夏、リョウ、郁代の三人で一つのバンドなのだとフェスで証明します。

自分達は強い絆で結ばれているのだと、文字通りの結束バンドの証明を魅せてひとり達はアピールする事に成功したのでした。

 

レーベルデビューと厳しい現実

 

音楽フェスも無事に終了した後に、結束バンドがただの遊びではなく、本気で音楽に打ち込んでいるのだと知った愛子。

彼女のおかげで結束バンドのレーベルデビューの話が持ち込まれる事となります。

 

結束バンドをデビューさせるのは、音楽レーベルのストレイビートと、そのマネージャーである司馬都と、レーベルミニアルバム発売へと浮かれていました。

しかし、会社はとても小さい会社のため現実は厳しいモノでした。

 

それはさておきと、早速にデビューに向けての新曲の制作に取りかかる事になる結束バンドの面々達。

しかしする事は山の様にありました。

 

まずはサブスクに動画に配信する曲を作り、その他にも多くの事をしなければいけないと、やる事は山積みだったのです。

とりあえずに当面頑張らなければいけない事の1つとして、アルバイトに精を出さなければいけなくなってしまい、ひとりは日々生活に追われる事になってしまいます。

 

そんな中で曲を作る為にと、色々な事にチャレンジしていく結束メンバー達。

まず初めに試しに配信で楽曲を流してみようとするも、中々に良い曲を思い浮かべる事は出来ません。

 

それならば次は合宿をしようと、郁代の提案で合宿を始める結束メンバー達

夏の想い出を作りながらこの事を歌にしてみようと決意するひとりは、合宿で同じ時間を過ごす中で絆が深まっていく事を感じながら、彼女は新しい曲をまとめていきます。




新学期と後輩バイト

 

配信用の新曲を書く事になったひとり。

しかし作曲どころか編曲までもとなると、全てを一人でこなせるのかと心配するメンバー達。

 

そんな渦中のひとりは、作曲をどうすべきかと一人で悩み、そして自室へと籠っていました。

この状況の彼女を心配した母親が覗いてみれば、なんと干からびていたひとり。

 

慌てて栄養ドリンクを飲ませることで何とか蘇生させるも、ひとりは完全にテンションを下げてしまっていました。

夏休みが終わりに近づいたことで、また新学期が始まって学校へと行かなければいけないと、いつものひとりにすっかりと戻っていた彼女を励ます家族によって、何とか曲を作る事に成功。

 

しかしながら新学期早々に寝込んでしまう事件もあり、今年も変わらずに、でも少しだけ変わったひとり。

そんな彼女の勤めているバイト先に、新しい後輩バイトが来る事になりました。

 

先輩として何を伝えれば良いのかと悩むひとり。

そして新しく入ったアルバイトは、一人よりも元気すぎる同じ学校の後輩でもある大山猫々と、ひとりをヒッピー先輩と呼ぶほどに尊敬しているなどの、非常に体育会系な女子

 

もう一人のアルバイトは、日向恵恋奈とリョウ推しな元地下アイドルで炎上した女子と、色々と濃ゆいアルバイト達が入る事にとなります。

そんな騒がしく慌ただしいアルバイトの先輩として活躍するなど、ひとりの学校生活も徐々に変化していきました。

 

レコーディングの成功と新曲の完成

ひとりのフェスの活躍をサプライズで祝ってくれる、クラスメイトの佐々木と、ひとりの活躍を認めてくれるファンたち。

皆の声援に応える様に、新曲の完成は近づいてきました。

 

そしてついに始まるレコーディングの打ち合わせのための演奏本番となりますが、緊張してしまい、いつもの様に演奏が出来なくなってしまう虹夏。

自分のドラムはこんなんじゃないと、レコーディングな最中でも、自分の演奏とは何なのかと悩む事になります。

 

そんな妹の事を心配した姉の星歌は、彼女にアドバイスをする助っ人を呼び、結束バンドを支える道標になりたいとする気持ちを思い起こします。

そして無事にレコーディングは成功します。

 

それぞれに想いを持ち、みんなで音楽をしようとする気持ちを忘れない事が伝わる演奏に繋がるのだ。

と、さらなる成長を遂げた彼女たち。

 

はたして無事に出来上がった曲は世間に受け入れられるのでしょうか…?

ここまでがぼっち・ざ・ろっく!の最新のネタバレです。

 

スポンサーリンク

ぼっち・ざ・ろっく!ラスト結末ネタバレ考察と感想見どころ紹介

 

物語が進んでいくごとに主人公のひとりちゃんのぼっち人生が変わりつつあるので、毎回見どころが満載でした。

特に今回の見どころになるのは、やはり新キャラのお二人。

 

猫々恵恋奈と、性格の正反対過ぎる二人に対してひとりちゃんが慌てながらにも、先輩として毅然に振舞う姿と、彼女の成長が垣間見れた気がします^^

 

前ならば間違いなくに段ボールに籠っていた彼女ですからね…。

そう思えば、ここまで成長したのだと考えて本当に涙が出てきそうになります。

 

連載当初の頃は、段ボールを被っての演奏をする事と、これで大丈夫なのかと心配していたひとりちゃん。

でも今は、みんなの前で演奏できる様になった姿で大きな成長を魅せてくれます。

 

まあ、時々は何かやらかしてしまう事はありますが、それも愛嬌なのでしょうね(笑)

これからひとりちゃんが、多くの友達を作ってくれればと願わずにはいられません。

本当によく変わってくれたと思います。

 

それでもまだまだ若干に人が苦手な雰囲気がありますが、これからの活躍と成長に期待したいですね♪

それにしても、猫々ちゃんの存在感は実にひとりちゃんとは正反対な気質とも言えます。

 

あまりにも元気すぎる彼女は今後に結束バンドに関わってくるのでしょうか??

 

また結束バンドのようにバンドを結成するのかと、これからの活躍にも期待したいですね^^

最終回の結末ではバンドのデビューとドームでの成功で終わるのではないかと考察しています。

 

ぼっち・ざ・ろっく!の漫画が無料で読める方法も解説中

Sponsored Link
スポンサーリンク

まとめ

以上、ぼっち・ざ・ろっく!のラスト結末までのネタバレ考察などに関してをまとめてお伝えしました!

中盤以降は新キャラが登場してきたりと新しい展開もありますし、新曲の発表など映像でも今後アニメシリーズで観たいエピソードが満載で結末まで見どころ満載ですね^^

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link