スポンサーリンク

ヴァニタスの手記のジェヴォーダンの獣の正体と真相ネタバレ!狩人と教会の目的も

アニメ

過去に実際に存在した事件や人物の情報も取り入れられているため、見応えのあるストーリーで話題の作品【ヴァニタスの手記】。

ジェヴォ―ダンの獣事件に関しても、実際に18世紀のジェヴォーダン地方で語り継がれている事件の1つとなっています。

 

今回の記事では、ヴァニタスの手記のジェヴォーダンの獣の正体と真相・狩人(シャスール)と教会の目的に関してもネタバレと考察でお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】ジェヴォーダンの獣の正体と真相ネタバレ考察!狩人と教会の目的も①

 

【ヴァニタスの手記】でジェヴォーダンの獣事件の回が始まるのは、第5巻『Hurler呼び声からの話』から。

その昔、ジェヴォーダンという地域で100人以上の人間の命が奪われる事件が起こりました。

 

犯人は吸血鬼(ヴァンピール)だったという事が後に判明しており、当時関わっていた人物の中にはルスヴン卿も。

しかし、犯人は未だ行方不明になったまま・・・と思いきや、現在になってジェヴォーダンの獣がまた現れたという噂が流れ始めます。

 

ジェヴォーダンの獣の姿としては、まず巨大な狼に似ているという事。

爪は鋭く毛の色は紅で、大きさは人間の何倍もある身体をしています。

 

背中にある黒い筋や大きな口、いくつもの眼を持つ姿などが特徴とされている存在ですが、教会側はジェヴォ―ダンの獣の正体は呪持ちの吸血鬼(ヴァンピール)ではないかと予想していました。

 

ノエとヴァニタスも呪持ちの吸血鬼(ヴァンピール)が関わっているだろうという事で、同じく調査しに向かったんですよね。

 

表立って知られているのは、呪持ちの吸血鬼がジェヴォーダンの獣として多くの人間を襲ってしまった事件。

そして、教会やルスヴン卿がジェヴォーダンの獣の正体と考えられていたクロエを始末しようと動いていたという話しだけのはず。

 

しかし、ダンテやヨハンは何か目的を隠している様子なんですよね。。

隠し事をしている2人の様子に気が付いたヴァニタスも、ちょうどクロエにノエが連れていかれたこともあってイライラしていました。

何だかんだでちゃんとノエの事を心配してるのが尊い(笑)

 

実は、クロエのダプシェ侯爵家は教会が禁止していた世界式関係の研究を行っていました。

この式を改ざんするための装置が、ジェヴォーダンの獣を生んでしまった元凶でもあります。

 

なので装置の入手を目的として教会も狩人(シャスール)たちも動いている訳ですが、ダンテ達に指示したのはフランシス・ヴァーニー卿(機械狂い(からくりぐるい)のマキナ侯爵)。

仮面舞踏会にも居た潜水艦みたいなのを着ていた人ですね^^

 

ダンテはそのマキナ侯爵に、ヴァニタスをこの件に関わらせて改ざん装置に関しての詳細を調査し、改ざん装置を持って帰れるのであれば手に入れるように指示されていたというのがまず隠していた目的の真相の1つです。

 

スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】ジェヴォーダンの獣の正体と真相ネタバレ考察!②

 

突然クロエが何かの巨大な装置を起動させ始め、城から上に伸びた光によってヴァニタス達はノエや彼女が居る位置を把握。

そしてこの時、ヴァニタスは今の状況を過去に自分たちが戻ったのではなく、繰り返す世界であり呪持ちの禍名が作っている世界だと理解します。

つまり、クロエの禍名がそうなのかも?と分かってくるね。

 

一方、ノエは邪魔をしないよう薬で弱らされて隔離されジャン=ジャックに血を飲まされていました。

ジャンジャックは誰かに覚えてほしいという気持ちでノエの力を利用したんですよね(>_<)

 

ジャン=ジャックがノエを助けた理由・・・それは、ノエが初めてクロエ以外で自分を助けてくれたから。

 

つまり、ジャンヌに殺されかけていた獣こそがジャン=ジャックだったという真相がここで判明します。

なのでずっと疑いをかけられていたクロエは、実はジェヴォ―ダンの獣の正体では無かったんですよね(゚Д゚;)衝撃の事実!

 

両親に無視され、暴力を振るわれるような幼少期を送っていたジャン。

ジャンの背中には、笑顔で張り付くネーニアの姿があるのでした。。

 

そもそも、ジェヴォーダンの獣(ベート)の真相としては、噂で色々言われていただけで居もしなかった存在。

クロエが正体なんじゃないかとか、獣を従えているらしいとか最初は全部噂で言われていた事だったんですよね。

 

噂が生まれてしまった裏側に関係していたのは、実は教会が行っていた吸血鬼(ヴァンピール)狩りが原因。

首を狩ったり怪しい人物を狩っていたせいで、段々と獣の噂が生まれていきました。

 

そもそも、吸血鬼(ヴァンピール)狩りが始まったのは教会が吸血鬼(ヴァンピール)を恐れたから。

その昔、クロエと同じように隠された吸血鬼(ヴァンピール)だった女性が首を跳ねられる寸前に、自分を殺したら他の仲間が復讐するとはったりを言ったことがきっかけとなっています。

 

その後、恐れた教会側は女子供男関係なく、吸血鬼(ヴァンピール)狩りと称して多くの関係ない命までもを奪っていったんですよね(゚Д゚;)

ヤバい事をやっている訳なので、これがバレないように教会は獣(ベート)という架空の存在を広めていくようになりました。

完全にクロエへの疑いはとばっちりじゃん・・・。

 

その後、情報を集めるために外へ行き処刑人(ブロー)がやってくる事を知ったジャン=ジャック。

獣(ベート)の噂が広まり苦しめられていくクロエを見て守るための力を願い、終わらないのであれば自分が獣になると思ってしまいます。

 

その結果、ネーニアに真名をあげてしまい自分自身が噂のジェヴォ―ダンの獣になってしまった。

というのが、一連のジェヴォ―ダンの獣事件の正体と真相の流れです(/_;)

 

最終的にはクロエもジャン=ジャックもヴァニタスがヴァニタスの書を使って救ってあげるので、ラストはハッピーエンドという所は救いですね^^

 

ヴァニタスの手記の原作漫画をお得に読む&観る▽
Sponsored Link
スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】ジェヴォーダンの獣やクロエとジャンジャックに対する世間の反応をネタバレ

 

ジェヴォ―ダンの獣事件が終結してからは、安定のカップル的雰囲気で安心感のあるクロエとジャン=ジャック。

お互いを想って行動した結果が招いた事件でしたが、純粋な愛情を感じられるエピソードで個人的に好きな回です^^

 

では、そんなヴァニタスの手記のジャン=ジャックやクロエ達に対する世間の反応はどうなっているのか?

気になったので読者の口コミや感想を調査してみましたよ♪

それがこちら▽

 

クロエとジャン=ジャックは長い間お互いに大事な家族のように想ってきた関係なので、最後にクロエにかけたジャンの言葉は感動です(/_;)

2人の関係性に関しては、セットで好きになったというファンの方も多いのではないでしょうか♪

 

>>ヴァニタスの手記のアニメ動画を無料で観る方法まとめ

スポンサーリンク

【ヴァニタスの手記】ジェヴォーダンの獣の正体と真相ネタバレ考察!狩人と教会の目的もまとめ

以上、ヴァニタスの手記のジェヴォ―ダンの獣の正体と真相・狩人(シャスール)と教会の目的に関してもネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

原作漫画だと3巻分ほどに渡って繰り広げられる、ジェヴォ―ダンの獣事件。

クロエとジャン=ジャック・ジャンヌもまた綺麗に関係が修復されるのでホッとします^^

 

\ヴァニタスの手記の原作漫画をお得に読むなら/
Sponsored Link