スポンサーリンク

死神坊ちゃんと黒メイドのシスター服のもう1人の正体は誰?呪いの魔女かネタバレ

アニメ

 

序盤からすでにいくつかの謎や疑問が多く出て来る【死神坊ちゃんと黒メイド】。

坊ちゃんの呪いに関しての謎が一番大きいですが、真相が明らかになるまでドキドキですよね(゚Д゚;)

 

そして、妹のヴィオラが持って来た日誌に関しても貴重なヒントとなります。

今回の記事では、死神坊ちゃんと黒メイドのシスター服のもう1人の正体は誰なのか呪いの魔女なのかどうかをネタバレと考察でお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】シスター服のもう1人の正体は誰?

 

死神坊ちゃんと黒メイドにおいて、真相を追求する事になる坊ちゃんにかけられた呪いの謎。

所々でヒントとなる人物や物は出て来る訳ですが、ほんの少しずつ真相に近づいていっている感じがしてそわそわしてしまいますよね・・・!

 

坊ちゃんの妹のヴィオラは呪いに偏見がなくて結構積極的に協力もしてくれていますが、そんな彼女がある日見つけてきてくれたのが本邸にあった使用人たちの日誌

 

過去に使われていたメイドたちが書きこんでいた日誌なので、うまく行けば坊ちゃんが過去に呪いをかけられてしまった件に関する情報も載っているのではないかと考えたんです。

 

この日誌に関しては魔女のダレスが読まれないようにザインを脅したりするほどなので、何か重要なヒントが隠されている可能性が高いという事が分かります。

 

実際、日誌を読んでみると【白いシスター服の二人の女性を見た】と書かれていたんですよね!

 

まず、白いシスター服で浮かんでくるのは魔女のダレス。

ではもう1人のシスター服の人物の正体は一体誰なのか?

 

一緒に居たのであればダレスはその人物を知っているという事になりますが、その正体こそが坊ちゃんに呪いをかけた魔女なのか・・・。

この辺りを詳しくネタバレと考察で見ていきましょう!

 

☆死神坊ちゃんの漫画を【全巻半額】
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】シスター服のもう1人の正体は呪いの魔女か原作ネタバレと考察

 

ヴィオラが持って来た日誌の中に書いてあった、シスター服の謎の人物。

ダレスでは無いもう1人の正体に関しては、原作漫画第6巻の79話目【アメリア】で初めて明らかになっていきます。

 

※以下からは原作漫画6巻のネタバレを含みます。

 

アメリアは親友の魔女ダレスに頼まれて別邸にやってきた人物で、坊ちゃんの解呪を試してみることに。

ダレスに借りは作りたくない坊ちゃんでしたが、そもそもまだ呪いが解けるとは確定していません。

 

アメリア自身も解呪を得意にはしていますが、呪いを解けるかどうかはアメリアの実力というよりも『かけた魔女の魔力』が深く関係してきます。

 

解呪の仕方としては、アメリアの場合は直接は身体に触れずとも呪いだけに触れて『呪いを剥していく』というイメージ。

 

いざ試そうとアメリアがタコの足を近づけますが、坊ちゃんは昔からの癖で触られないように逃げてしまいます(笑)

 

少し不安そうな坊ちゃんに対し、アメリアは安心させるため魔法を見せてあげる事に。

アメリアは海の力を使って魔法を使うため、屋敷の中を海の中のように変えてくれます。

坊ちゃんとアリスの貴重な海中デートの回だね♪

 

はしゃぐ坊ちゃんやアリス達を見て良い子だと感じたアメリアは、なぜ坊ちゃんが呪いをかけられてしまったのかと疑問に感じるのでした。

 

そして、ついにアメリアが坊っちゃんの呪いに触れてみた所・・・その邪悪すぎる呪いの力に驚愕します。

いくら呪いを剥そうと試みても、完全に坊っちゃんの身体にまとわりついたまま剥がれる気配の無い強い呪い。

 

ここまでの魔力でしかも邪悪な力という事から、アメリアは呪いをかけた魔女がダレスの双子の姉であるシャーデーしか居ないと断言します。

坊っちゃんに呪いをかけた魔女が誰なのかが初めて分かったシーンだね。

 

ダレスがいつも着ているのと同じく、シスターの格好をした魔女。

シャーデーとはアメリアも知り合いなのですが、過去1度も魔法で勝てたことがないくらいの実力者であった事を話し始めます。

 

魔女シャーデーは魔女達の中では死んだと有名なのですが、それでもまだ解かれていない呪い。

いかにシャーデーの力が規格外なのかという事が分かりますよね(゚Д゚;)

 

そして、アメリアから聞いたシスター服というヒントから坊っちゃんとアリスは例の日誌に書いてあった内容を思い出します。

 

使用人たちが使っていた日誌の中にはシスター服を着た2人組が来るようになったとの内容が書いてあったので、ここで初めて正体が一致したわけですね!

 

なのでつまりは、シスター服の1人はダレスでもう1人は姉のシャーデーだったのだろうという事実に繋がっていきます。

 

解呪が出来るかもしれないと試してみたものの、結局は力の差がありすぎてアメリアでは剥すことのできなかった呪い。

しかし、呪いをかけた魔女がシャーデーであるという確定情報を得る事が出来たので大きな進展となります^^

 

その後長く陸に上がっていたアメリアは体力の限界となり、坊っちゃんとアリスに海まで運んでもらって帰っていくのでした。

 

アメリアを坊っちゃんに紹介したダレスですが、実はアメリアが自分の姉シャーデーの呪いを解けないだろうということは最初から分かっていました。

 

ダレスは自分からは深く話せない様子だったので、呪いをかけた魔女がシャーデーである事を分からせるためにあえてアメリアを送ったのではないか?と考察出来ます^^

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】魔女や原作漫画に対する世間の反応をネタバレ

 

日誌の情報やアメリアが来てくれたおかげで、坊ちゃんに呪いをかけた魔女がダレスの双子の姉であるという所まで明らかになった原作漫画の6巻目。

 

ストーリー上の進展となる内容なのでこの6巻目は重要な回ですよね!

しかし、正体が分かったら次はなぜ呪いをかけたのかという事や呪いは解けるのかという次の謎が待っています。

 

では、そんな死神坊ちゃんと黒メイドの作品に対する世間の反応はどうなっているのか?

気になったので読者の口コミや感想を調査してみましたよ♪

それがこちら▽

 

魔女ダレスに関しては中盤以降は実は可愛い人だったことが分かっていくのですが、シャーデーに関しては謎が深まるばかり・・・。

彼女が過去にやって来た数々の事を憎む人は多いので、結末が気になります(>_<)

 

☆死神坊ちゃんの漫画を全巻半額で読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

【死神坊ちゃんと黒メイド】シスター服のもう1人の正体は誰?呪いの魔女かネタバレまとめ

以上、死神坊ちゃんと黒メイドの死神坊ちゃんと黒メイドのシスター服のもう1人の正体は誰なのか?呪いの魔女なのかどうかもネタバレと考察でお伝えしました!

 

後にも先にもシスター服を着た魔女が出て来るのはダレスとシャーデーのみ。

今は亡くなっていると言われているからこそ、それでもなお残り続ける強力な呪いが恐ろしいです(゚Д゚;)

Sponsored Link