スポンサーリンク

進撃の巨人ファイナルシーズンは何巻から何巻のどこまで?何話までで内容は?

アニメ

 

原作漫画はもちろんの事、アニメシリーズやグッズも含めて人気の途絶えない【進撃の巨人】。

ファイナルシーズンまで長く続いたのもあってファンが多いですよね♪

 

そんな進撃の巨人のアニメ新シリーズの最新の原作情報も気になってきませんか??

今回の記事では、アニメ【進撃の巨人】ファイナルシーズンパート2(4期)までがそれぞれ何話までで、原作漫画だと何巻から何巻のどこまでの内容に当てはまるのかなどを調査してお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

アニメ【進撃の巨人】ファイナルシーズンパート2(4期)は全何話までで内容は?

 

2009年から連載が始まり、2021年についに完結となった進撃の巨人。

全34巻のストーリーで連載中は毎回その展開が話題になっていたほどでした。

 

連載が終わってからもアニメ派の方は原作を読んでいない方も結構多いので、この先々のラストまでの展開にドキドキしながら楽しめますよね♪

 

原作が話題になったアニメはその巻数が多い程に、アニメ放送として完結するまでに結構な年数がかかります。

なのでアニメで知った作品のアニメ放送以降の話を原作漫画の方で観るかどうかは人それぞれ。

 

中には、アニメ放送分の話数に合わせて原作漫画の続きを読み始めるという方も多いのではないでしょうか??

知ってる分の話は取りあえずいいから、その先を読みたくなるんだよね。

 

まず初めに、アニメ【進撃の巨人ファイナルシーズン】第4期の放送期間を予想したスケジュールがこちら▽

★第4期ファイナルシーズンパート1
放送期間:2020年12月7日から2021年3月29日まで
放送話数:全16話
★第4期ファイナルシーズンパート2
放送期間:2022年1月9日~2022年4月4日まで
放送話数:全12話

 

第4期のファイナルシーズンのパート2の放送期間は2クールではないかという予想もありましたが、1クール12話で一旦完結という事に。

さらに2023年に完結編が放送されるので、いよいよ本当の完結ですね(笑)

 

それでは続いて、アニメ進撃の巨人ファイナルシーズン(4期)の完結編で放送される範囲が原作漫画の巻数のどこになるのかを当てはめてチェックしていきましょう!

 

☆進撃の巨人の漫画をebookjapanで
半額クーポンで読む♪

 

スポンサーリンク

アニメ【進撃の巨人】ファイナルシーズンパート2(4期)のパート3完結編は原作漫画の何巻から何巻のどこまで放送?最終回はいつ?

 

原作漫画がある作品で長い年月続いているようなアニメは、大体原作の漫画巻数が多いですよね。

20巻を越えて30巻以上ともなると、アニメのシーズンも1期・2期・3期・4期と続きやすいイメージがあります^^

 

そして、アニメを見ていて原作漫画をまだ全て読んでいない場合アニメをきっかけに漫画を読もうと思った時に気になるのが、アニメが原作漫画の何巻から何巻に当てはまるのかに関して。

 

1巻の最初から大人買いする方も居ますが、アニメで放送されている分があるので途中の巻数から買って読んでいくのも全然ありですよね♪

 

それでは、アニメの放送話数やシーズンごとに考えると原作漫画の何巻分に当てはめて考える事が出来るのでしょうか??

 

基本的には1シーズンは全12話の構成で放送されることが多く、その1シーズン分の原作巻数は以下を平均数として考える事が出来ます。

1クール12話分だと、それぞれ原作漫画4巻~多くて6巻分くらい
2クール24話分だと、単純にその倍になるので8巻~12巻くらい

 

そして、気になる進撃の巨人シリーズそれぞれのアニメ放送と原作漫画が何巻から何巻までなのかをまとめるとこちら▽

★【進撃の巨人】第1期の内容
:第1巻~第8巻まで(8巻分)※2クール
★【進撃の巨人】第2期の内容
:第9巻~第13巻51話目まで(5巻分)※1クール
★【進撃の巨人】第3期パート1の内容
:第13巻52話目~第18巻72話目まで(6巻分)※1クール
★【進撃の巨人】第3期パート2の内容
:第18巻73話目~第22巻まで(5巻分)※1クール
★【進撃の巨人】第4期パート1の内容
:第23巻~第28巻まで(6巻分)※1クール:ファイナルシーズン

★【進撃の巨人】第4期パート2の内容
:第29巻~第32巻まで(4巻分)※1クール:ファイナルシーズン

1クール=3か月間放送で、2クール=6か月間放送の事だね。

 

一覧にしてみると分かりやすいですが、これまでに進撃の巨人のアニメシリーズは平均通り3か月間の1クール放送に対して漫画の巻数が5巻か6巻分。

2クール放送になった場合は10巻ほどがアニメ化されていたのですが、ファイナルシーズンのパート2は4巻分で少な目で32巻の130話までとなっています。

 

という事は、ファイナルシーズン第4期のパート3(完結編)は以下の範囲が当てはまるという事に▽

★【進撃の巨人】第4期パート3(完結編)の内容
:第33巻~第34巻まで(2巻分)※1クール:ファイナルシーズン

 

進撃の巨人は全34巻で完結しているので、まさかの2巻分でついに結末を迎えるという事になりますね・・・!

なので巻数的には1クール放送3か月分にしか当てはまらないので、通常通りで行くと進撃の巨人ファイナルシーズンのパート2(完結編)は1クールで終了になるだろうと予想できます^^

 

それか、2巻分しかないんだから異例の5話分とかで完結する可能性も・・・?
放送局がHNKだからありえるかも。

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

アニメ【進撃の巨人】ファイナルシーズンパート2(4期)に対する世間の口コミ感想を紹介

 

初のアニメシリーズ第1期が2013年から放送となった【進撃の巨人シリーズ】。

巨人が居る世界で人間たちが追い詰められて・・・というインパクト大の設定とシリアスな展開も多い事から、主にアニメ好きの大人を中心にヒットしましたよね。

 

結構グロイしーんもあったりしますが、先の展開が気になって観てしまうという魅力を持つ進撃。

キャラクターそれぞれに個性がありますし、まさかの真相や過去を持つキャラクターがストーリーが進むごとに現れて息をつく暇もない展開。

 

個人的にはアニメ版の作画の方が見やすいなとは思うのですが、原作漫画だからこその味やアニメでは入りきらなかった場面なども合ったりするので、やはりどちらも楽しみたくなるんですよね^^

 

では、そんな人気漫画・進撃の巨人ファイナルシーズンに対して世間ではどんな口コミ感想があるのか?

気になったので調査してみましたよ^^!

それがこちら▽

 

進撃の巨人は最後の章に入ってからも衝撃の展開が続き、丁寧に描写しているだけあって特に評判が良いのがファイナルシーズン。

劇場版・ラストの映画化に対する声も多く出ているので、最後の最後まで目が離せませんよ♪

 

☆進撃の巨人の漫画をebookjapanで半額クーポンで読む♪

スポンサーリンク

アニメ【進撃の巨人】ファイナルシーズンパート2(4期)やパート3完結編までが原作漫画の何巻から何巻のどこまでなのかまとめ

以上、アニメ【進撃の巨人】ファイナルシーズンパート2(4期)のパート3完結編までがそれぞれ何話までで、原作漫画だと何巻から何巻のどこまでの内容に当てはまるのかなどをまとめてお伝えしました!

 

ファイナルシーズンは最後までするのだろうなと言うのは分かるのですが、進撃の巨人の場合はファイナルでもどこで区切るのかが気になるポイント。

 

アニメ放送に合わせて原作漫画の続きを追う方は1クール5巻~6巻程度になっている(完結編のみ最後の2巻分)ので読み進めやすいと思いますよ^^

Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
アニメ
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。