スポンサーリンク

最果てのパラディンのアンナとレイストフは結婚する?漫画小説の何巻のいつかネタバレ

アニメ

 

中盤以降は主人公達の周りの恋愛要素も徐々に出て来る【最果てのパラディン】。

恋愛と言えば、やはり最初に気になってくるのはレイストフの恋ではないでしょうか( *´艸`)

 

今回の記事では、最果てのパラディンのレイストフとアンナは付き合うし結婚するのか?

結婚が漫画小説の何巻のいつかや詳細に関しても原作ネタバレ考察でお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

【最果てのパラディン】アンナとレイストフの馴れ初めを原作ネタバレ考察

 

獣の森(ビーストウッズ)の討伐依頼でウィルやメネル達と共に討伐にいく仲間になったレイストフ。

他にも多くの冒険者が依頼を受けていましたが、レイストフは腕利きの冒険者として有名でした。

 

見た目的にも経験豊富な冒険者で寡黙なイメージがあるんですよね^^

渋めのおじさまという感じで良い感じの雰囲気が出ています♪

 

そんな頼もしいレイストフも加えた討伐メンバーでしたが、1度目の討伐ではキマイラの策によってメンバー共々劣勢に。

しかし2度目の討伐にて、キマイラをようやく仕留めたウィルとメネル。

 

2人が敵の拠点に向かうと、そこには既に先回りしてデーモンにトドメをさしていたレイストフの姿があるのでした。

機転を利かせて策を練ったというのもあるでしょうが、数多くの冒険者達を差し置いて手柄を得ているのでかなりの実力者であることが伺えますよね!

 

そしてある出来事が起こるのが、キマイラ達を討伐した祝勝会にて。

まさかのアンナがレイストフに惚れた様子を見せるんです( *´艸`)

 

実はあの討伐に付いてきてくれていたアンナは、バグリー神殿長の娘のような存在。

そのアンナが戦いの中で危ない場面があったようで、その時にレイストフが助けてくれていたんですよね。

 

そのお礼もあって祝勝会でアンナがレイストフにお酒を注ぎに行き、レイストフもまたクールに対応しているという流れでしたが・・・

レイストフと向き合って明らかに頬を染めている様子のアンナを見たウィルとビィは、あれはきっとそうだよなと勘づきます。

 

そしてそれと同時に、あのバグリー神殿長に知られたら大変そうだな・・・と感じるウィル。

バラシてはいけないと思っていたものの、ある日たまたまバグリー神殿長にレイストフの話を振られたときにうっかりウィルが過剰反応してしまいます(笑)

 

アンナとの事を口をすべらせそうになってはっきりとは言っていないものの、ウィルの様子から2人はそういう感じなのかとバグリー神殿長は察してしまうのでした。

ウィルは純粋だし素直過ぎるから隠し事に向かないタイプだよね。

 

後日ウィルは、自分の言動で2人の関係性がバグリー神殿長に知られてしまった事を話します。

この時既にアンナとお付き合いを始めていたレイストフは、それを聞いても特に慌てず落ち着いた様子だったのでした。

 

大人の余裕を見せていたレイストフですが、実はこの後はアンナとレイストフの恋愛のあれこれに関しては原作の小説連載では描かれていません。

 

その代わり、数年経った頃にレイストフとアンナの長女シャノンちゃん3歳が登場してくるので2人が無事に結婚する事が出来たのだなという事が分かるんですよね♪

シャノンちゃんは遊びとは言え、中々の剣さばきを見せていたのでレイストフの父親譲りの冒険者になるんじゃないかな?と感じます^^

 

このレイストフとアンナの恋愛話に関しては、書籍版にオリジナルストーリーとして掲載されているので続けてそちらのネタバレも見ていきましょう!

 

☆最果てのパラディンの漫画を
全巻40%OFFで読めるサイトはこちら

 

スポンサーリンク

【最果てのパラディン】レイストフは死亡する?アンナとの関係を原作ネタバレ考察

 

原作の連載ではサラッと結婚するような形で終わっていた、アンナとレイストフ。

しかし小説の書籍版の方では、2人の空白の期間が丸々収録されているのでこちらも紹介していきますね^^

 

以下からが書籍版のオリジナルストーリー▽

ある日、アンナがウィルとビィの元を訪れてレイストフの事を相談しに来ます。

アンナいわく、レイストフは最近なにかに悩んでいるらしいとの事。

 

寡黙ながらも親切で紳士なレイストフに対して、アンナは照れ隠しか色恋ではないといいつつレイストフの事を気にかけるんですよね^^

 

ウィルもレイストフの様子を伺いつつ数日が過ぎたある日、レイストフはデーモンとの闘いの中で噛まれて腕がちぎれかけるほどの大けがを負ってしまいます。

 

街に帰って来たレイストフの腕をアンナが治療にあたっていましたが一向に治らず・・・

取り乱すアンナの代わりにウィルが灯火の神様グレイスフィールに祈りを捧げますが、その最高位の治療も全く効く気配がありません(>_<)

 

するとレイストフは痛みに呻きながら、腕を切り落とせと言い始めるんですよね。

剣士として腕利きの大事な右腕を切り落としたら、再生できたとしてももう今まで通りの剣術は出来なくなる。

 

ウィルはどうにか切り落とさずに済む方法を探そうとしますが、決意を固めたレイストフは今度はウィルではなくアンナに切ってほしいと伝えます。

 

その言葉を聞いたアンナは震えながらもレイストフの望みを叶えるべく剣を腕に当てて・・・

というその時、ウィルはようやく「なぜ傷が治らないのか」の原因に気が付いて直前でレイストフの腕を治すことに成功したのでした。

 

ウィルが行ったのは傷の再生では無く、虫よけを意味する言葉。

レイストフが噛まれた羽虫のデーモンは寄生虫を産み付けていたんですよね(゚Д゚;)

腕の中で虫が・・・グロすぎる・・・

 

虫を除去できた後はもう傷を癒すだけで済んだので、アンナは大事なレイストフの腕をギリギリ切り落とさないで良かったので安心です^^

 

腕と命さえも危うかった事件から数日後、レイストフはウィルを呼び出していました。

そして、実は自分が北の戦士の一族である事や家族のかたき討ちを考えていた時期がある事、剣士として名を挙げる事を目標にしていた事などを語り始めます。

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【最果てのパラディン】アンナとレイストフが結婚するのはいつ?漫画小説の何巻か内容ネタバレ考察

 

ウィルと出会って邪竜ヴァラキアカを討伐し、目標にしていた栄光も功績も手に入れたレイストフ。

レイストフはもう、剣士としての役割を終えても良いという考えになっていたんですよね。

 

アンナをもう泣かせたくないという想い。

自らの目標は達成したという思い。

しかし剣士としての迷いを捨てきれていない事から、レイストフは自らの思いを再確認するためにもウィルに決闘を申し込みます。

 

そうして始まった決闘では、用意周到で挑んできたレイストフの流石の剣術に圧倒されるウィル。

ウィルは武装とかしてないから結構不利な状況なんだけどね。

 

想像以上の強さを見せるレイストフとウィルは、楽しみながらも本気で戦っていきます。

本気なので剣の当たり方によっては命も危うくなるほどの決闘。

 

しかしようやく決着がつく直前で、レイストフはわざとウィルの剣を受けて負けが決定したのでした。

レイストフがそのまま切りかかっていたらウィルの命が無かった可能性もあったわけで、レイストフはアンナの涙を思い出して踏みとどまったんですよね。

 

その瞬間、レイストフがアンナを一番に考えた時点でレイストフは剣ではなく愛を選んでいたという事です( *´艸`)

後日、レイストフはアンナに気持ちを伝えて無事に2人は恋人になったのでした♪

 

他に残っている問題としては、気難しい性格なアンナの養父・バグリー神殿長に認めてもらう事。

求婚の挨拶に向かうレイストフとアンナですが、案の定バグリー神殿長は簡単には結婚を許してくれません。

 

それでもレイストフはもう剣を持つ事は無い事やアンナを愛する事を伝えていきます。

バグリー神殿長はレイストフを試すように色々と質問してくるのですが、レイストフも冷静に対応。

 

バグリー神殿長は認めていない雰囲気を出しながらも、ちゃんと認めてくれているんですよね^^

その後はレイストフとアンナは一緒に暮らすようになり、バグリー神殿長の正式な婚姻を認める手紙を受け取った2人は晴れて結婚する事が出来たのでした。

 

この結婚は小説・書籍版の第4巻に収録されてるから、漫画版だと第10巻辺りの収録になりそうだね。

☆最果てのパラディンの漫画を全巻40%OFFで読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

【最果てのパラディン】アンナとレイストフは結婚する?漫画小説の何巻のいつか原作ネタバレ考察まとめ

以上、最果てのパラディンのレイストフとアンナは付き合うし結婚するのか?

結婚が漫画小説の何巻のいつかや詳細に関しても原作ネタバレ考察でまとめてお伝えしました!

 

アンナとレイストフが無事に結婚する事が出来たのもおめでたいのですが、個人的に一番印象に残ったのはバグリー神殿長

バグリー神殿長はいつも素直じゃないしすぐ怒鳴る性格ですが、実は祝福していたりと優しい人でもあるのが素敵です^^

Sponsored Link