24時間テレビ2019の最高視聴率と歴代1位はいつ?ドラマの歴代視聴率も!

毎年放送される24時間テレビも、2019年の放送で42回目を迎えました。

メインパーソナリティーをSexyZoneや嵐などのジャニーズが担当する事も、番組から視聴者が離れない人気の秘訣となっています。

誰がメインパーソナリティーなのかによっても視聴率は左右されていく傾向にあるのですが、

視聴率は過去の放送の中で最高でどのくらいだったの?

というのも気になりますよね!

昨年はみやぞんがチャリティーランナーに選ばれた事もあり、注目度が高くなっていました。

今年はメインパーソナリティーが嵐

そして、チャリティーマラソンが4人での駅伝方式になるのもどう影響があるのか気になりますよね。

そこで今回は、24時間テレビ2019の最高視聴率と過去歴代1位の視聴率、視聴率が集まりやすい企画などについても調べてみました^^!

Sponsored Link

【24時間テレビ2019】の最高視聴率は?

毎年の放送で最高視聴率が出やすい瞬間といえば、メイン企画である「チャリティーマラソン」のランナーがゴールする直前や直後です。

去年のブルゾンちえみさんがゴールした時の視聴率は、なんと40.5%でした!!

日本中の多くの方が24時間テレビに注目しているということがよく分かりますね^^

昨年のみやぞんさんのトライアスロンの挑戦には、過酷な内容なだけにゴールの瞬間を見たいという方も増えるという予想から、『42パーセントくらいいくのではないか?』と思っていたのですが・・・

みやぞんのトライアスロン(マラソン)のゴールの瞬間は、34.7%という結果でした!

予想より低い視聴率だという印象で、トライアスロン形式という時間の長い種目だっただけに、途中で中だるみしたような感じもありましたね(^^;)

ここ数年ではマラソンに対するやらせ疑惑なども多くなってきて、ジャニーズファン以外に24時間テレビを見る人も減ってきたということも要因として考えられます。

2019年の今年は8月24日・25日の2日間で放送される24時間テレビ42「愛は地球を救うー人と人 ともに新たな時代へー」ですが、毎年話題に...

気になる2019年のチャリティーマラソン【4人での駅伝方式】の視聴率の結果は、当日分かり次第追記していきます(^^)

【24時間テレビ2019】過去歴代1位の最高視聴率はいつ?

24時間テレビの2日間全体でみたときの平均視聴率がこれまでで一番良かったのは、2005年放送の【19.0%】です。

メインパーソナリティは、元SMAPの草彅剛さんと香取慎吾さんが担当されていました^^

逆に、平均視聴率が最も低かったのは1991年放送の【6.6%】でした。

この時はまだメインパーソナリティーという枠もなく、ジャニーズは出演していませんでした。

このジャニーズがいるかどうかの違いはかなり大きいでしょうね!

一桁にしかいかない時代もあったのは結構意外~

今や毎年放送があるのが当たり前になっている24時間テレビ。

ここ数年はメインパーソナリティをジャニーズのタレントさんにお願いしているのもあって、必然的にジャニーズファンの視聴率が安定するのでそこまで低い年はありません^^

これまでの24時間テレビの平均視聴率、上位10個をまとめてみました。

■1位:2005年:【19.0%】メインパーソナリティ:草彅剛・香取慎吾

■2位:2007年:【18.6%】メインパーソナリティ:タッキー&翼
    2008年:【18.6%】メインパーソナリティ:嵐
    2017年:【18.6%】メインパーソナリティ:櫻井翔 亀梨和也 小山慶一郎

■3位:2013年:【18.1%】メインパーソナリティ:嵐

■4位:2006年:【17.7%】メインパーソナリティ:KAT-TUN

■5位:2014年:【17.3%】メインパーソナリティ:関ジャニ∞

■6位:1992年:【17.2%】メインパーソナリティ:なし
           2012年:【17.2%】メインパーソナリティ:嵐

■7位:2011年:【17.1%】メインパーソナリティ:関ジャニ∞

嵐がメインパーソナリティの時が3回も入っているのはさすがですね!

1992年の放送が6位にランクインしていますが、このころはまだメインパーソナリティはいませんでした。

2003年の放送から、ジャニーズがメインパーソナリティを担当するようになっています。

それでこの視聴率を出したのも凄いですね~!!

2019年は嵐が担当だから最高視聴率いっちゃうんじゃない??

ちなみに、2017年の放送では、歴代2位の視聴率に並んだことで去年も話題になっていました。

2018年のメインパーソナリティはSexy Zoneのメンバー5人でしたが2018年の平均視聴率は15.2%という結果に。

要因としては、みやぞんのマラソンゴールの際の瞬間視聴率がそこまで高くなかったので、平均視聴率もそこまでのびていないという印象です。

過去に並ぶ視聴率は2017年以外ここ最近ではまだ出ていませんが、嵐の影響は計り知れないので2019年の視聴率が今から楽しみです(^^*)!

平均視聴率についても、今年の24時間テレビ放送後に分かり次第追記します★

気になるギャラについては…?▽

毎年この時期に恒例となっている「24時間テレビ-愛は地球を救う-」ですが、同じく毎年のように疑問として話題に上がるのが、【出演者のギャラ】に...
Sponsored Link

【24時間テレビ2019】視聴率が高いのはマラソンとドラマ!

基本的に、瞬間的な高視聴率が集まるのはマラソンのゴール前後やドラマの放送時間です。

マラソンは、ゴールがギリギリであるほど皆注目しますよね。

なのでその瞬間は40%を越える視聴率になることもあるんです^^凄い数字!!

ランナーはギリギリのゴールになるように調節して走っています。

毎回恒例のスペシャルドラマも、ジャニーズの方が主人公として出る事が多いので視聴率は安定しています。

以下に、過去の24時間テレビドラマの主役とタイトルと視聴率を上位10個まとめてみました!

■2005年:【26.6%】「小さな運転士 最後の夢」阿部寛

■1997年:【26.3 %】「勇気ということ」堂本光一

■2008年:【25.6%】「みゅうの足パパにあげる」松本潤
■2017年:【25.6%】「時代をつくった男 阿久悠物語」亀梨和也

■2001年:【24.7%】「最後の夏休み」安倍なつみ

■2012年:【23.8%】「車イスで僕は空を飛ぶ」二宮和也

■2013年:【23.4%】「今日の日はさようなら」大野智

■2003年:【23.3%】「ふたり 私たちが選んだ道」長瀬智也
■2007年:【23.3%】「君がくれた夏 〜がんばれば、幸せになれるよ〜」滝沢秀明

■2006年:【22.7%】「ユウキ」亀梨和也

亀梨和也さんが演じた2017年のドラマは、歴代2位の高視聴率でした。

全体の平均視聴率も2位だったので、去年は全体的に視聴率が良かったのですね^^

しかし驚きなのが、2018年にメインパーソナリティのSexyZone中島健人さんが主役を演じたドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」。

2017年に続いて高視聴率と予想していたのですが、なんと視聴率は16.2%という結果に!

2017年の視聴率が良かっただけあって、がくっと落ちてしまった印象ですね。

24時間テレビのドラマで【16.2%】という視聴率は、タッキー主演ドラマの2004年【14%】に続く歴代過去最低2位の視聴率。

2018年は全体的にあまり良くない視聴率で意外だったのですが、2019年はなんといっても【嵐】がメインパーソナリティーで相葉ちゃんがドラマの主演!!

これはきっと高視聴率が期待できると思いますよ♪

ドラマの視聴率が出次第追記します^^

まとめ

以上、24時間テレビの今年の最高視聴率と過去歴代1位の視聴率などについてまとめてお伝えしました。

毎年視聴率について話題になりますが、今年は特に期待できますね~!

どうせなら過去最高視聴率が出ないかと楽しみです(^^*)

昨年のみやぞんのトライアスロン形式でも注目が集まっていましたが、今回の駅伝方式のマラソンにも期待です☆

Sponsored Link