スポンサーリンク

アオアシのラスト結末ネタバレ!最終回の最後は栗林と海外で活躍?

アニメ

熱いスポーツ漫画としてサッカー好きに特に人気の高い【アオアシ】。

登場してくるキャラクター達の個性と意外な角度からの主人公の成長物語が面白いんですよね♪

 

そして、一番気になる事と言えばやはり最後の展開や流れに関して。

今回の記事では、アオアシの原作漫画の最終回・ラスト結末までの詳細をネタバレ考察&感想や見どころもお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

【アオアシ】ラスト結末の最終回までネタバレ①

 

愛媛県の片田舎でサッカーをする主人公:青井葦人(あおいあしと)。

彼のサッカーは自分が点を取るだけの、勝手気ままな荒くれ者のプレーでした。

 

アシトの試合を偶然観戦していた福田達也(ふくだたつや)には、ある点が気になっていました。

なぜかアシトがボールに触れる回数が異様に多いのです。

 

その理由をアシトに確認する福田は驚きます。

アシトはフィールド内の全選手の位置を把握していたからです。

 

あり得ないと思いつつ興奮が収まらない福田は、実はプロサッカーJ1東京シティ・エスペリオンFCのユース監督でした。

ユース=プロが管理するサッカー団体の事。

アシトの才能を見出した福田は、お前を世界に連れて行ってやると約束。

 

セレクションに合格したアシトは上京して、プロのサッカー選手になると誓うのでした。

しかし、ユースではアシトよりも上手な選手ばかりが揃っています。

 

時たまの閃きで驚きのプレーをする才能を見せていくアシト。

しかし、プレーに関する一連の動きを勘だと答えるアシトは、上手く言葉にすることが出来ません。

「思考の言語化」を掲げるエスペリオンにとって、アシトのサッカー観はあまりにも狭いものでした。

 

そんなアシトに頑張れと応援する女の子がいました。

福田監督の義理の妹である一条花(いちじょうはな)です。

 

自称アシトのファン第1号だと笑顔で話す花。

アシトのプレーに現役時代の福田を重ねては、考え抜いた末に凄いプレーも偶然ではなくなると言い、考える葦(あし)であることを勧めます。

 

アシトはユースBチームながら、FWとして確実に結果を残していきます。

FW=フォワード:ゴールの近くのポジション

 

ある日、監督室に呼ばれたアシト。

そこで福田はアシトに非情の通告をします。

 

お前はDFに転向しろと、アシトに告げるのでした。

DF=ディフェンダー:守りがメインのポジション

 

理由が分からないアシトは、FWに残ることを懇願しますが福田は認めません。

福田がアシトに期待していた役割は「司令塔」です。

 

アシトの俯瞰能力を最大限に活かすポジションは、SBだと考えていたのです。

SB=サイドバック:ポジションはゴール近くで司令塔の意味も担う

 

こうしてイチからディフェンスの基礎を学ぶことになったアシト。

当然ながらFWと違う位置取りや連携に戸惑うばかりです。

 

失敗と努力を重ねながら、何とかDFのノウハウを吸収するアシトに対して、その成長カーブにはエスペリオンの首脳陣も驚くばかりなのでした。

スポンサーリンク

【アオアシ】ラスト結末の最終回までネタバレ②最後は栗林と海外で活躍?

 

アシトはついには念願のAチーム昇格を果たしました。

結果を聞いた花は、今までのアシトの苦労を知っていたので思わずハグ。

オデコにキスをしてその場を去って行きます。

 

しかしAチームには、アシトを目の敵にする絶対的DFの阿久津がいました。

日々の罵詈雑言に耐えつつも、レベルの高いAチームに何とか食らいついていきます。

 

高校生で早くもJ1としてデビューした「エスペリオンの至宝」こと栗林は、アシトの将来に期待する一人でもあります。

強者チームがしのぎを削るプレミアリーグで経験を重ねるアシトは、俯瞰の能力を守備にも活かすことを覚え始めます。

 

攻守コンプリートを会得しようするアシトですが、その急ぎ過ぎる性格が裏目に出ました。

結果、船橋戦で痛恨のハンドで退場処分となってしまう事に。

 

アシトの動向にハラハラする花は、アシトを真摯に愛していることを自覚します。

一方、アシトは阿久津にDFについて教えを乞うことを志願します。

 

プレミアリーグはいよいよ佳境を迎えました。

最終戦の相手は高校サッカー三冠を狙う青森青蘭です。

エスペリオンユースは勝利以外に優勝の道はありません。

 

後半で待望の先制点を上げるエスペリオン。

しかし青森の司令塔である北野もアシトと同じ俯瞰能力を持つ選手でした。

 

北野はコーチングしながら、アシトの予想がことごとく覆していきます。

まるで敵味方のフィールド全体が北野に支配されたかのようです。

 

とうとう同点ゴールを許したエスペリオン。

絶対絶命の状況ですが、ここでアシトが覚醒をします。

 

司令塔としてサイドではなく、中に入るSBを選択したアシト。

福田は試合の命運をアシトに託すのでした。

 

アシトは同じ俯瞰能力の北野と意識が通じ合い嬉しく思いますが、決着をつけなくてはいけません。

最後は阿久津のオーバーラップが見事にハマり、逆転ゴールが決まって勝利が確定!!

 

プレミアリーグを優勝で飾ったエスペリオン。

アシトはリーグ戦での活躍が認められ、遂にトップリーグから練習参加の打診を受けるのでした。

 

機会を逃さずに好印象を残せば、そのままプロ契約も夢ではありません。

これからまたアシトの新たな挑戦が始まります。

 

アオアシの漫画が無料で読める方法も解説中

Sponsored Link
スポンサーリンク

【アオアシ】ラスト結末の最終回までのネタバレ感想と最後を考察

 

高校サッカーといえば、やはり冬の選手権が有名でしょうか。

部活ばかりにスポットが当てられる高校サッカー界において、ユースの存在とはあまり目立ったものではありませんでした。

 

しかし「アオアシ」は、そのユースを舞台にした作品です。

Jリーグ傘下の育成機関について、ここまで詳細に描いた作品は始めてではないでしょうか??

 

従来の部活サッカー作品と比較すると、今まで知らなかった発見が色々とあります。

まずは選手たちの考えが根本的に違うところです。

 

部活では試合に勝ち、大会で優勝することを目標としますが、ユースは違います。

あくまでもプロになることが目標なのです。

この辺りの思想の違いが、一試合に賭ける熱量の違いにも出て面白いんですよね^^

 

テクニック的にはプロ育成だけあり、ユースの選手の方が圧倒的に上ですが執念については別物です。

アシトはそんなエリート機関に混入された異物の存在。

確かにアシトの熱血ぶりは、クールなユース出身の選手たちとは違い、ギャップ感も楽しみの一つでもあります。

 

また、作品的な演出として、アシトを一番ヘタな選手にしたこともポイントが高いと思います。

アシトが一つずつプレーを学び上達することと、読者が段々とユース事情を理解することのシンクロが高い感じがします。

 

プロ顔負けの戦術を当たり前のように取り組もうとする、ユースのレベルの高さがヤバすぎです。

主人公がDF(ディフェンダー)という最初からのポジション変更となった設定も異例です。

 

今までは点を取るFW(フォワード)や、華麗なスルーパスを供給するMF(ミッドフィルダー)がメインでしたが、SB(サイドバック)からの司令塔という発想も斬新だと思います。

 

ユースに入団して早くもトップリーグに参加するなど異例の出世をするアシトですが、最終的には栗林たちと一緒に海外で活躍する選手になるラストの結末になっていくのではと考察しています^^

 

スポンサーリンク

【アオアシ】ラスト結末の最終回までネタバレ!最後までのネタバレ感想と考察まとめ

以上、アオアシ】の原作漫画の最終回・ラスト結末までの詳細をネタバレ考察&感想や見どころもお伝えしました!

 

サッカー系漫画でよくある王道の展開から良い意味で違いのある作品なので、よりリアリティさというか主人公の本来の能力が徐々に引き出されて行く過程に読みごたえがあります。

 

まだまだアシト達にはさらに上へと向かっていく目標があるので、最終的にどこにたどり着くのか楽しみですね^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
アニメ
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ