記事内に広告を含む場合があります。
スポンサーリンク

終末のハーレムの結末ラストや黒幕は誰?目的など最終回ネタバレ考察

アニメ

突如世界で広がった未知のウイルスから始まる、近未来SFサスペンスが話題の【終末のハーレム】。

男性向けの描写が多い作品ですが、ストーリー的に謎あり陰謀アリで面白いんですよね!

 

そんな終末のハーレムの黒幕は誰で目的は何なのかなどに関しても気になってきませんか??

今回の記事では、終末のハーレムのラスト結末までを原作のネタバレと考察でお伝えしていきます^^

Sponsored Link

終末のハーレムの結末ラストまでを原作ネタバレ考察

 

時代は2040年・主人公の1人である水原怜人は、未知のウイルスによる難病をきっかけに治療の為にコールドスリープに入ります。

 

しかし、5年後の2045年に目覚めると世界に生き残れた、未知のウイルスへの対抗遺伝子を持った男性は何と1%未満。

その他の男性は全員が亡くなっていたという衝撃の展開に(゚Д゚;)

 

男性の滅亡・人類の滅亡を防ぐためにも、なるべく多くの女性と子孫を残すことを求められる状況でまさにハーレム状態の世界へと変わっていたのでした。

 

生き残った女性陣はというと、自分が妊娠すれば国から保証を受けられるという利点があるため、積極的に関係を求めようとしてきます。

水原怜人は作中で出て来る合計5人の男性の内、2番目に起きたのでナンバー2の名称あり

 

水原怜人はコールドスリープする前に幼馴染の橘絵理沙と両想いになって恋人になっているのもあって、そういった行為を積極的に行わないので消極的です。

消極的過ぎて中盤までメイティングをしないので、唯一純愛路線の主人公かな

 

MKウイルスの特効薬の開発を勧めつつ行方不明になってしまっている絵理沙の真相を調査していると、彼女が遺したあるメッセージを発見。

そこには、MKウイルスの裏に隠されたまさかの真相が・・・となっていてきな臭くなっていくんですよね・・・!

 

コールドスリープの3人目の男性・土井が目覚めてからは暫く土井のターンが続いたりと、〇〇編というような感じで主人公が切り替わるシーンが多いのも特徴的。

土井編はそういうシーンがかなり多いから、主に男性読者から評判が良いイメージかも。

 

土井は憧れのゆず先生との初体験後に先生が姿を消してしまったのをきっかけに、女子達と次々に関係を持っていく事になります。

徐々におかしくなって性格がどんどんSっぽくなっていく暴走ぎみなのが、その後さらに凄い所までいってしまうのですが(゚Д゚;)

Sponsored Link

終末のハーレムの黒幕は誰?ウイルスの目的などをネタバレ考察

 

一方、病院の地下にある施設がある事を知り侵入した怜人たち。

侵入先で見つかってしまい命の危機にさらされますが、間一髪のところでUW世界本部のクロエが助けてくれます。

クロエといえば後に正体が判明するわけだけど、結構人気のあるキャラクターの1人だよね。

 

学校で絶賛ハーレム中の土井と、病院などで真実を追っている主人公の2パターンという感じでそれぞれ進んで行きます。

そんな中、まだコールドスリープ中だったナンバー4の木根渕善が何者かによってつれさられてしまうという事件も発生。

 

UWの状況としては、すでに日本本部はクロエ率いる世界本部に支配されている状況に。

ナンバー4の木根渕善を連れ去った団体イザナミまで現れた上に、その組織内の重要ポジション・中心人物に絵理沙が居る事を主人公は知り動揺します。

 

絵理沙は何か考えがあっての事でしょうが、真相が気になる所・・・

 

一方学園の土井はカレンにそそのかされ、身体の成長を促して身長を伸ばし眼鏡も不要になった大人の土井に生まれ変わります。

そして、新たな目標として権力を手に入れようと考え始めるんですよね。

土井は最初から最後までずっと先生の姿を追い求めているのが特徴的かも。

 

怜人はUW脱出の作戦のため周防さんを誘いますが、一緒に生きたいなら自分とメイティングしてほしいと懇願される事に。

火野はというと怜人の妹のまひるに一目ぼれしてからアピールし続けています( *´艸`)

 

無事に日本を脱出した怜人は絵理沙と再会を果たします。

イザナミに捕まっていた善はというと、怪しげな薬を飲まされてそのまま女性たちの良いようにされて・・・とカオス展開に(゚Д゚;)

 

怜人達は徐々に目的の為に動き始めていますが、最終目的地はヨーロッパ。

怜人は、クロエたちが率いるUW世界本部の幹部たちがそろって男嫌いである事・それゆえに世界から男をなくして女性のみの世界に作り替えようとしている事を占いで知ります。

 

なので、狙っているのは唯一の男性陣・ナンバーズ。

これまでMKウイルスの制作は日本支部のせいかと思われていたのですが、実際は世界支部の思惑でした。

クロエを筆頭に世界支部が全ての黒幕だったという訳ですね!

 

火野はすでに多くの女性を妊娠させていて、最初に産まれる男の子がウイルスへの耐性ありでこれが後に悲劇を生むことに・・・

 

主人公は中国でMKウイルスの結晶を手に入れる事に成功。

これがあれば特効薬の研究が進められるため、研究が行える施設があるヨーロッパのロスアニア公国へと向かいます。

 

しかしワクチンの制作過程で怜人の体内にウイルスを入れないといけない為、危険が伴うという問題が発生するんですよね(>_<)

 

危険回避のためには男性ホルモンを活性化させないと・・・という事で、ここまで避けて来た身体の関係を誰かと結ばないといけないという急展開に!

 

結果的に、周防美来と絵里沙と3人でメイティングを行うのですがこの前段階で絵里沙が子供が出来ない身体である事。

そんな絵里沙に代わって作られたクローンが周防美来という存在であるという真相を知ります。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

終末のハーレムの結末ラストをネタバレ考察!最終回の最後はどうなる?

 

ようやく開始したワクチン開発において怜人の身体には大きな負担がかかり、もう耐えられないかもしれない・・・という命の危機に陥ってしまいました。

 

そしてこのタイミングで、世界向けの放送でMKウイルスの原因がロスアニア公国であり、男性根絶の計画を立てているという誤った情報のニュースが拡散。

もちろんこれはクロエ達の陰謀ですね(゚Д゚;)

 

この情報を流す為、UWはワクチン開発を進める怜人達を今まで泳がせていたのでした。

 

麻酔が切れて意識を取り戻した怜人は、苦しみながらも絵理沙と会話しながら覚悟を決めますが・・・生きたいと強く願ったことで変化が起き、奇跡的にワクチン開発に成功!

ワクチンの効果も確認できたため、早急に配給を始めます。

 

一方で占い師が予想していた通りに、恭司の第1子を身ごもっていたゆかりの子供がウイルス耐性持ちだと判明し、2人は施設からの逃亡を図っていました。

しかしクロエがそれをみすみす逃すはずもなく、撃たれて亡くなってしまうんですよね(>_<)

 

その後カレンによりUWの悪事は明るみになり、まさかの土井は大統領に、カレンは補佐の位置に付くという衝撃のラストで第一部が最終回を迎えました。

 

そして、第2部は時が経ち2049年・ウイルス共生社会に突入した所から開始。

開発したワクチンのおかげでコールドスリープから目覚めた5000人ほどの男性陣からは、まさかの性欲と生殖能力が消えるという異常事態に陥っていました。

MKウィルスの副作用的なものでクロエが仕込んでいたんだよね。

 

年頃の男子にも思春期特有の異性に対する興味がわかない中で、しかし高校生の金村陸のみ女性への興味が復活・彼が最後のナンバー5となります。

 

この時代の男性はとても貴重なので、1人1人がメイトと呼ばれるお世話してくれる家政婦のような人と暮して管理。

陸の担当官は溝下乃薔薇で、5人の女性と暮す流れになっていきます。

 

誰とメイティングするのか・・・とドキドキな同棲生活やデートの日々が始まるわけですよね( *´艸`)

陸は牡丹さんとひまわり先輩の2人とメイティングし、徐々に第1部の登場人物も出てきたりと新たな陰謀の予感を残して物語は再び進み始めます。

スポンサーリンク

第2部の結末を最新ネタバレと考察

怜人は絵理沙の最後の願いでもある3人の子供を・・・という願いもかなえるため、周防の為に使う特効薬をどうにか調達しようと試みます。

 

薬を探す旅に出ていた怜人はそこでクロエが起こした事件に遭遇。

命を狙われていたカレンは何とか助かり、怜人は翔太と特効薬についての情報をすり合わせます。

 

その後イザナミ村を訪れて善に話を聞いていたところ、MWの襲撃があり村を後にするのでした。

 

一方、事件後にクロエをとらえていたカレンは、装置の利用によりクロエの過去の真相を暴き出していました。

それは、クロエが過去に信頼していた博士に裏切られてしまった記憶…。

 

実は裏で女だけの世界を作ろうとしている三賢者が関係しており、クロエは計画のコマとして使われるために意図的に男性不振に追い込まれてしまっていたのでした。

 

現代にてカレンの装置で記憶を取り戻したクロエは、自分を陥れた三賢者を始末するのでした。

三賢者の残した施設を訪れたカレンは、クローン実験を計画。

 

実験用のデータを必要としていた怜人は陸に初めて接触し、その後試薬が完成。

試薬を飲んだ怜人は効果が出ることを確認できたのでした。

 

なのでこれからついに周防とそういう行為が出来る…かと思ったタイミングで怜人は何者かに襲われ、気がつくと朱音と共に謎の部屋に捉えられていたのです。

 

目的は朱音など他の女性たちと怜人をメイティングさせるためだったのですが、実は朱音と共に居るのはカレンが作り出していた怜人のクローン。

 

それを知らずに朱音はクローンとメイティングし、他にも多数の怜人のクローンが作成されていたのでした。

カレンの狂った実験計画によって最大のハーレムが完成。

 

さらには怜人のクローンが周防に接触してしまいますが…周防は彼がクローンだと見事に見抜く展開に。

クローンか本人かを選べと迫るカレンに対してピンチに陥った時、クロエが現れてかつての想い人のクローンを作るよう依頼。

 

しかしこのタイミングで殆どのクローンが変異によって亡くなってしまい、さらにはまさかの周防が変異ウイルスに感染(クローン同士にだけ影響)するという展開に。

 

カレンは自分ごと施設全体を爆破しようと試みますが、翔太が話し合いを行っている場に現れた生き残りの怜人のクローンにカレンは撃たれてしまい亡くなる

と思いきや、最終話で生きていることが判明しています。

 

それから1か月後、新たな特効薬が完成するまでコールドスリープしている周防のためにも、世界最高のAIを利用した特効薬の開発計画を実行。

 

世界中からの協力が得られた結果、研究は進んでいき……。

夢の中で絵理沙に怜人と仲良くとお願いされ、起きてと促された周防が目を覚ますと、そこには怜人の姿が。

 

そう、ついに1年の永い眠りから覚めた周防は怜人が完成させた薬により完治していたのです。

これで世界の問題になっていた脅威に対しても全てが解決に進んでいくことに。

 

結婚式を行い幸せそうに笑う怜人と周防の式の参列に仲間たちが集まり、暖かい祝福を送ります。

 

一方、1年前にコールドスリープしていたクローンの怜人も島で完治後に目覚めており、朱音と結婚して幸せそうに暮らしているのでした。

 

最終話で怜人と周防は最終的に3人の子供に恵まれて5人家族になり、幸せな毎日を送り始めている場面で「終末のハーレム」は完結となっています^^

 

終末のハーレムの漫画が無料で読める方法も解説中

☆終末のハーレムの漫画を一番安く読む方法まとめ

Sponsored Link

終末のハーレムの結末ラストや黒幕は誰?目的など最終回ネタバレ考察まとめ

以上、終末のハーレムの黒幕は誰で目的は何なのか?ラスト結末までを原作のネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

終末のハーレムはこのハーレム設定から内容を観る前に避けられがちなのですが、ストーリー性としての評価も高めで見応えがあるんですよね^^

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク