スポンサーリンク

映画ブレイブ群青戦記は面白くないしグロい?つまらないか面白いか口コミも

映画

2021年3月12日(金)から公開の戦国トリップ映画【ブレイブ群青戦記】。

戦国にトリップした高校生アスリート達が戦で仲間や未来の為に戦う内容で、今までになかった新しい青春ジャンルな感じがしますが実際は結構グロい場面も・・・(゚Д゚;)

 

青春もテーマとなった内容で新田真剣佑さん主演という事もあり、世間の評判がどうなのかも気になってきませんか??

今回の記事では、映画ブレイブ群青戦記の口コミ評判や感想・評価は面白いのかつまらないのかどちらに分かれているのかなども調査してお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

映画【ブレイブ群青戦記】あらすじネタバレやみどころなどを紹介

 

映画ブレイブ群青戦記は、ある日いきなり戦国時代に飛ばされた生徒たちが戦真っ只中の状況に置かれてしまうというトリップもの。

生徒の何人かが敵陣に捕らわれてしまったりとハラハラする展開が多く、戦という事もありそれまで平和に暮らしてきた生徒たちにとっては過酷な環境に。

 

それでも戦っていく内に後の豊臣秀吉となる人物と手を組んで仲間救出の策を練っていきます。

このブレイブ群青戦記で面白いのは、トリップした生徒たちが色々な分野のアスリートだということ。

 

将来有望なスポーツ系や科学系の生徒たちが揃っている事により、現代ならではの身体能力と知識で荒くれた敵に対抗していく姿は圧巻です^^

 

新田真剣佑さんや鈴木伸之さんを始めとした印象的な高校生役のキャストはもちろんの事、松山ケンイチさんが織田信長三浦春馬さんが豊臣秀吉役なのも豪華ですよね!

 

戦闘中の描写は目を背けたくなるような場面も出てきますが、リアルだからこそのアクションの迫力もまた魅力の1つです♪

 

\映画版とはまた細かい設定の違う原作漫画も要チェック/

スポンサーリンク

映画【ブレイブ群青戦記】面白くない・つまらない派の世間の評価や評判・口コミ感想を紹介

 

映画【ブレイブ群青戦記】は、新田真剣佑さんなどキャストのファンはもちろん、戦国時代や歴史のストーリーが好きな方々も魅力を感じる方は多いのではないでしょうか??

特に今は亡き三浦春馬さんがブレイブでどんな姿を見せてくれるのかも目に焼き付けておきたいですよね(>_<)

 

ブレイブ群青戦記はただの青春戦国トリップものと考えて見ると結構凄い描写もあるので、グロい表現などが大丈夫な方向けではあるかな?と感じます。

 

ただ、その命の儚さや重さ・仲間を助けるために身体を張る勇気などが見ていて泣けるし感動するんです・・・(/_;)

 

そして、今までにあまりない映画ジャンルという事もあり、面白そうだなと思いつつも気になってくるのは世間の評判や反応ではないですか??

「面白い・つまらない」とかで分かれたりするかな?

 

映画公開は2021年3月12日からなので、まずは面白くない・つまらないと感じた方はいるのか口コミ感想や評価の声などを調査してみましたよ^^

それがこちら▽

 

ブレイブ群青戦記を観て面白くなかったと感じた方の意見で多かったのが、予想以上にグロいシーンが多かったという事。

原作漫画をちらっとでも観ておけば分かるのですが、確かにがっつりグロ系というか大勢がばさばさ切られていったりするのでお子さんなどは注意かもしれないですね(゚Д゚;)

基本的にはグロ耐性が無い人は苦手なジャンルかも。

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【ブレイブ群青戦記】面白い派の世間の評価や評判・口コミ感想を紹介

 

では続いて、「面白い」と感じた方の口コミ感想を見ていきましょう!

 

やはり、実際に観てみると豊臣秀吉役の三浦春馬さんが印象に残った方が多いことが分かりますね。

三浦春馬さんの役柄は最初こそは生徒たちにとっての脅威ですが、中盤からは無くてはならない存在の1人となっていきます。

でも最初の頃は主人公にとっては恨む相手の1人でもあるんだよね。

 

新田真剣佑さんの弓の腕前も重要ポイントとなってきますし、生徒たちそれぞれの得意分野で戦っていく姿は目が離せませんよ^^

戦国時代だからこそ痛々しい表現もありますが、それ以上に友情や勇気などが印象に残りやすい作品だと感じています。

 

\映画版のサウンドトラックや映画版オリジナルの小説もチェック/

スポンサーリンク

映画【ブレイブ群青戦記】原作漫画のネタバレ感想はグロい!

 

【ブレイブ群青戦記】は原作漫画【群青戦記グンジョーセンキ】の実写映画となっています。

なので先に群青戦記グンジョーセンキの内容を知っているからこそ分かっているのですが、原作漫画は結構なグロいシーンが多いんですよね(゚Д゚;)

 

戦国時代なので甘い世界では無く、まさに「やるか、やられるか」ただそれだけの力の世界。

躊躇していればこちら側が先にやられてしまうので、まだ戦国時代に順応しきれていない序盤はとくに多くの生徒たちが命を奪われて行ってしまいます・・・。

 

しかも、ただやられるだけじゃなくて戦利品として首を持っていかれてしまうのでそれが中々悲惨な光景なんです(/_;)

 

勇敢に敵陣に立ち向かっていく生徒たちの中にも、あっけなく息絶えてしまう子たちが続出で途中からは何人が生き残っているのか分からなくなってしまう程。

 

しかも、中盤まで主人公達と共に先頭に立って戦っていた高校生のある1人までもが戦闘中についにやられてしまって・・・。

映画版でもかなりショックを受けるくらいの役柄の高校生なので、その子は最後まで生かしておいて!と多くの方が感じるはず。

 

主にスポーツ系のアスリート高校生たちが戦力となって立ち向かっていくので、1人1人がいつかやられてしまうんじゃないかとドキドキハラハラが最後の最後まで続いていく作品です。

 

それと、特殊能力などでは無いですが生徒たちが「ゾーン」に入って最大限の能力を引き出された瞬間もかっこいんですよね!

大事な仲間がピンチになった時や怒りや復讐など、様々な感情を経て力強く戦国時代を生き抜こうとしていく生徒たちは心身ともに成長を見せていきます。

 

原作漫画でも息をのむ展開が続いていきますが、実写映画だとよりリアルな戦闘シーンが再現できるので生徒たちのかっこいいアクションにも注目ですよ^^

 

スポンサーリンク

映画【ブレイブ群青戦記】口コミ評判や評価・感想などまとめ

以上、映画ブレイブ群青戦記の口コミ評判や評価・感想レビューなどもまとめてお伝えしました!

 

最初映画化すると知った時はこの原作漫画のグロさがどうなるんだろう・・・?と気になったのですが、映画の方は結構オリジナル設定を加えているので原作とはまた別物として楽しんだほうが良さそうです。

なので逆に、映画は映画で・原作漫画は原作漫画でそれぞれ新鮮な気持ちで見れるという楽しみ方が出来るのは良いかもしれないですね^^

 

ジャンル的に戦闘が多い映画なので、ハラハラする内容が好きな方は特に漫画の方もハマりやすいはずです。

生徒たちの数が多い分、敵陣との交戦の迫力が期待できるので映画はアクションシーンに特に注目ですよ♪

 

\映画版のレンタル日や原作漫画をお得に読むならこちらをチェック/

Sponsored Link