スポンサーリンク

映画【奥様は、取り扱い注意】口コミ評判や感想は?評価は面白いつまらない?

映画

2020年に一度公開延期され、2021年3月19日からの公開となった映画【奥様は、取り扱い注意】。

綾瀬はるかさん演じる「元特殊工作員の奥様」と西島秀俊さん演じる「公安の夫」の夫婦が魅力的ですよね♪

 

映画版はさらにスケールの大きくなったストーリー内容キャストも豪華という事もあり、世間の評判がどうなのかも気になってきませんか??

今回の記事では、映画【奥様は、取り扱い注意】の口コミ評判や感想・評価は面白いのかつまらないのかどちらに分かれているのかなども調査してお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

映画【奥様は、取り扱い注意】あらすじネタバレやみどころなどを紹介

 

映画【奥様は、取り扱い注意】は、2017年に放送されたテレビドラマが大ヒット。

しかも最終回で夫が妻に銃を向けるというシーンで終わった事もあり、続きがあるのではないかと期待していた方も多いんですよね♪

 

実際の所、続編に続いていきそうな終わり方ではあったもののドラマの最終回としてはその形が一番ベストだったそう。

なので映画化の為の終わり方にしていた訳ではなかったのですが、視聴者からの期待の声や反響の大きさから2019年には映画撮影を開始しています。

 

ドラマ放送終了の2年後から映画の撮影に取り掛かるという事は、やはり需要のある作品だったという事が分かりますよね^^

 

映画は2020年内に公開予定でしたが延期を挟み、2021年3月19日に晴れて公開となりました。

ドラマ版では、奥様となった元特殊工作員の綾瀬はるかさんがご近所トラブルをスムーズに解決していく話がメインに。

 

特殊工作員の夫役の西島秀俊さんにばれるかどうかのスリルもありながら、実は夫もまた公安の正体を隠していたという衝撃的なストーリーでした。

 

映画版では撮影場所にポルトガルを採用したりと、今度は近所では無く世界を舞台にした内容にパワーアップしています^^

日本じゃできなかったアクションシーンの派手さとかもありそうだよね。

世界を巻き込む夫婦喧嘩が勃発する展開で、アクションシーンも見どころですがそれ以上に2人の夫婦愛にも注目ですよ♪

 

スポンサーリンク

映画【奥様は、取り扱い注意】世間の口コミ評判や感想・評価は面白いつまらない?

 

映画【奥様は、取り扱い注意】は、綾瀬はるかさんや西島秀俊さんのファンはもちろん、ドラマ放送からずっと作品のファンだった方も多いのではないでしょうか??

ドラマ版が気になる終わり方をしていただけに、個人的にも続編や映画化を期待していました^^

 

そして、【奥様は、取り扱い注意】といえば印象的なのが綾瀬はるかさん演じる元特殊工作員ならではの軽い身のこなし。

ドラマでもクールでかっこいいシーンがたくさんあったのに、映画版では今まで以上に綾瀬はるかさんの良い部分が最大限引き出されているのではないかと思います♪

 

綾瀬はるかさんと西島秀俊さんお2人で戦うシーンもあるので、全体を通してのアクションシーンがどんな感じになっているのかにも注目ですよね!

 

そして、面白そうだなと思いつつ気になってくるのは世間の評判や反応ではないですか??

「面白い・つまらない」とかで分かれたりするかな?

 

映画公開は2021年の3月19日からとなっていますが、映画関係者の方などの中にはすでに試写会で観ている方もいるので、口コミ感想や評価・期待の声なども調査してみましたよ^^

※一般の方の口コミも公開後に追記していきます。

それがこちら▽

 

▽【奥様は、取り扱い注意】の映画監督のコメントもチェッしてみました▽

 

2017年にドラマ放送のあった作品の映画化ですが、内容としては映画から初めて見る方でも問題なく楽しめそうで良いですよね^^

そして、やはり映画版の最大の特徴としては「アクションと夫婦愛」!

 

かっこいいアクションシーンがありながらも、夫婦として生きていこうとする2人の葛藤や愛などが試されるストーリーとなっています。

元特殊工作員の奥さんと公安の夫で、しかも夫は妻の監視という名目もあるので困難ばかりが降りかかっていき・・・ラストは感動する事間違いなしです(/_;)

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【奥様は、取り扱い注意】ネタバレや感想レビュー

 

映画【奥様は、取り扱い注意】は、綾瀬はるかさん演じる元特殊工作員の奥さん・菜美と西島秀俊さん演じる公安の夫・勇輝が主人公。

超一流の元スパイだった奥様と実は彼女を追う公安警察の優しい夫だった2人の関係は、普通だったら出会わないような立場同士なのでハラハラな展開が多く巻き起こります。

 

映画では、ある事件が原因で奥さんの菜美が記憶喪失になってしまう所からスタート。

桜井久実と桜井裕司に名前も変えて住む場所も変えて、全ての過去を捨てて夫との今を生きていく事を決めた菜美ですが、夫婦の平和な日々がずっと続く事はありませんでした。

 

公安の上層部から夫に、菜美が公安の協力者にならなければ始末しろという命令が下るんですよね(/_;)

なので夫としては協力させて助けたい訳ですが、どうしても菜美が公安の協力者にならない理由は「自分がなりたかったのは勇輝の奥さんだけだったから」。

 

ドラマとは違い映画では2人の共闘シーンもあり、夫婦喧嘩しながらのアクションで息の合った場面はかっこよすぎます( *´艸`)

クライマックスでは、菜美が夫に愛しているなら撃てと銃を渡す展開にもなっていて・・・。

 

実際に勇輝は命令通りに菜美を撃ってしまうのか?最後に愛を選ぶのか任務を選ぶのか?

本当の夫婦愛が試されるストーリーは壮大で、記憶を取り戻して欲しいけど取り戻したら夫婦を簡単には続けられない状況に苦しむ途中経過もまた切ないので目が離せません(>_<)

 

スポンサーリンク

映画【奥様は、取り扱い注意】口コミ評判や評価・感想などまとめ

以上、映画【奥様は、取り扱い注意】の口コミ評判や評価・感想レビューなどもまとめてお伝えしました!

ドラマとはまた全然違う環境からスタートするストーリーなので、ドラマはドラマで・映画は映画で別々でも楽しんでいける作品となっています^^

 

とはいえ、おすすめはやはり2017年放送のドラマ放送も観て2人の夫婦としての最初の関係性も復習しておく事。

ドラマを観て映画を観るという流れの方が色々な背景が自然と頭に入って来やすいと思いますよ♪

 

Sponsored Link