スポンサーリンク

さんかく窓の外側は夜の最終回結末ネタバレ予想!最後で先生と冷川は?

映画

さんかく窓の外側は夜はU-NEXTTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでレンタル開始中!

配信サービス(VOD)配信状況無料お試し期間
U-NEXTレンタル
31日間無料
今すぐチェック
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASレンタル
30日間無料
今すぐチェック

 

ホラーやミステリーで謎もあり、BL要素もあるバディ作品として話題の【さんかく窓の外側は夜】。

原作漫画も人気ですが、2021年1月に映画が公開されてからはさらに漫画の方もファンが増えていきそうですよね♪

 

映画版も豪華俳優なので注目度が高い中、原作だとどんな最後になっているのかも気になりませんか??

今回の記事では、【さんかく窓の外側は夜】の漫画の最終回結末のネタバレや予想をお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

漫画【さんかく窓の外側は夜】最終回までの結末ネタバレ前編

▽主な登場人物はこちら▽
三角康介(みかどこうすけ)
冷川理人(ひやかわりひと)
半澤日路輝(はんざわひろき)
非浦英莉可(ひうらえりか)

 

幽霊が見える体質で日常的に困っていた三角康介(みかどこうすけ)は、ある日除霊師である冷川理人(ひやかわりひと)と職場の本屋で運命の出会いを果たします。

 

冷川さんは三角を介した除霊で相性の良さを気に入り、除霊作業の助手として誘う事に。

さんかく窓はBLのジャンルなのもあって、除霊中の2人のやりとりがドキドキなんですよね( *´艸`)

 

自分の霊が見えるという体質に恐怖感もあった三角ですが、結局は冷川さんの仕事を手伝う事になります。

扱う除霊は事故物件など亡くなった方たちと接触するので、中には姿がグロイ形で登場したり普通にホラーな展開も数々登場。

身体がバラバラな状態もあって、事件×霊でまさにミステリーホラー要素のあるストーリーです。

 

2人は刑事の半澤日路輝(はんざわひろき)から依頼され、未解決の奇怪な事件の謎に迫る事も。

ここから目と耳の感覚を共有する冷川さんと三角の触れ合い度も濃くなり、BL感も強い場面が登場してきます。

冷川さんが噛みついたりしてくるシーンもあるしね♪

 

事件を追う中で非浦英莉可(ひうらえりか)という存在を知り、呪いを操る彼女に見え隠れする闇も深く関わってくるようになります。

そして、冷川さんと三角に関係する人物が増えてくる中で分かりやすく感じとる事が出来るのが「三角に対する冷川さんの執着心」。

 

自分の傍に三角を縛り付けようとする独占欲のような物が増えていくのと同時に、三角の腰のあたりに現れたさんかくマークの印

印は冷川さんが契約でつけた物ですがここに深い意味を感じますよね!

三角はもう自分の物だというマーキングでもあるのかなーと想像してしまいます。

 

重要人物であるヒウラエリカも呪いを使うただの悪者ではないという事が分かってきて、だからこそ気になってくる存在に。

謎の人物と言えば「先生」の存在があり、エリカとの関係性や先生の行動は謎に包まれています。

 

三角は次第に冷川さんに仕事上以外の部分でも歩み寄るようになってきて、もう恋人でいいんじゃない??と思いたくなるような発言や行動にキュンときます♡

 

先生さんとも対峙する中で三角は身体を乗っ取られたりとピンチもありますが、ここで重要な疑問点が発生。

それは「先生」の正体な訳ですが、三角と何か深い縁がありそうなフラグが・・・?

 

☆さんかく窓の外側は夜の漫画を
【1,350円分のポイントで数冊無料】で読めるサイトはこちら

 

スポンサーリンク

漫画【さんかく窓の外側は夜】最終回までの結末ネタバレ後編と最後を予想

 

ストーリーが進むごとに段々と三角は身も心も成長していき、それと同時に冷川さんの抱える孤独も気になる展開に。

三角に関しては母親と父親との両親の過去も今後の話に関わる重要な点になってくるのですが、父親に関して多くの謎が残っているのが色々と想像を掻き立てられるんですよね。

 

父親の話は結構切ない過去となっていて、三角と同じく力があったのも注目ポイントとなります。

刑事の半澤とエリカが出会ってからは先生との繋がりや事件についても動きを見せ始め、いずれ来る対決への空気感も増していく事に。

 

冷川さんの過去についても徐々に明らかになっていくのですが、これが結構つらい・・・(T_T)

今の冷川さんの孤独感や抱えている闇のような物は、幼少期に過ごした環境が深く関係していました。

 

力を持っていたがゆえに利用され孤独な日々を過ごしてきた冷川さん。

この心の部分を知った今の三角がどう接していくのかも気になる所ですね。

 

また、呪い屋をやっているエリカについても段々と過去が明らかになっていきます。

自ら進んでやりたいと思ってやっている訳ではない事や親から得られなかった愛が分かっていく中で、エリカが救われたのは三角達との出会い。

 

それと同時に、エリカをずっと守ってきた逆木さんのエリカに対する愛情の深さが判明して泣けてきます( ;∀;)

周囲の人たちに支えられながら立ち直ったエリカなど流れが良い方向に向かう中で、最難関な先生との戦いがどうなっていくのか・・・?

 

ずっと謎に包まれていた先生の過去が見えてくる回は衝撃で、先生の抱えている孤独感もまた切ない。。

元々は自分自身も家族も守るために行った行動によって今も闇に包まれている先生も、どうにか救われて欲しいなと思えるような流れに。

 

その後はエリカのボディガードである逆木さんがピンチに陥った所をエリカが助けたり、エリカ自身もまた実の母親に助けられれたりと怒涛の展開!

愛情を貰えなかったんだと思っていたエリカに母親の愛情が届くのは泣けてきますよね(T_T)

 

三角やエリカと対照的に孤独感の強い冷川さんは三角とも意見が食い違うようになってしまい、終盤に差し掛かっての衝突が冷川の心の傷を連想させます。

実は冷川さんと先生にはどこか共通するのもがあり、2人が対峙する中で冷川さんも闇に落ちてしまいそうなフラグが(>_<)

 

先生も冷川さんも2人ともを救うにはどうすればいいのか?

三角とエリカ、逆木と迎の4人が先生と冷川さんに対峙する流れまでが最新巻までの内容となっています。

 

ここまでの状況で、先生の方が不利なのは明らかだという事。

先生の呪いに関係する言葉、そして三角が身に着けているお守りの存在を照らし合わせるとやはり先生の正体は三角の父親だとしか思えないので確信に迫ってきた感じが面白すぎます!

 

それに気が付いているであろう先生はかつて家族も守るために自分を呪い続けてきたわけですが、これがどんな結末を生むのか。。

 

発売されている原作漫画の内容はここまでなので結末を予想すると、まず、力を合わせた三角達が冷川を救い出す。

一筋縄ではいかない先生をすぐにどうこうする事は出来ないけど、三角と先生の親子関係が明らかになって先生もまた呪いから解放されて罪を償っていく。

というラストを予想しています。

 

最終的には、冷川の孤独感も三角が埋めてくれてより距離感が縮まってくれれば最高ですね( *´艸`)

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

漫画【さんかく窓の外側は夜】最終回結末ネタバレ予想や感想まとめ

以上、ミステリーホラー漫画【さんかく窓の外側は夜】の最終回結末のネタバレ予想や感想などをお伝えしました!

主要な登場人物1人1人の過去が結構シリアスなので切なかったりもするのですが、漫画での冷川さんと三角のやりとりで萌えポイントが多いんですよね( *´艸`)

最終的に先生や三角の父親の存在がどうリンクしていくのかにも注目です。

 

※本ページの情報は2021年8月29日時点の情報となります。
最新の情報はU-NEXTのサイトにてご確認下さい。
Sponsored Link