スポンサーリンク

映画【夏への扉】口コミ評判や感想!評価は面白い面白くないどっち?

映画

2021年の2月19日から公開(※延期中)されるSF映画【夏への扉キミのいる未来へ】。

山崎賢人さん演じる主人公と清原果耶さん演じるヒロインの演技力も見どころですよね♪

 

SF+ラブストーリーな内容で山崎賢人さん主演という事もあり、世間の評判がどうなのかも気になってきませんか??

今回の記事では、映画【夏への扉キミのいる未来へ】の口コミ評判や感想・評価は面白いのか面白くないのかどちらに分かれているのかなども調査してお伝えしていきます^^

 

Sponsored Link

映画【夏への扉キミのいる未来へ】あらすじネタバレやみどころなどを紹介

 

SFタイムトラベル作品の原点とも言わる程の名作【夏への扉】は1956年に発売された有名な小説で、著者はアメリカ人のロバート・A・ハインラインさん。

タイムトラベルを主題とした作品なので、ヒットしたドラマ・テセウスの船が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか^^

 

物語の主人公で科学者・高倉宗一郎役を演じる山崎賢人さんは、ある日共同経営者役の眞島秀和さんの罠によってどん底に落ちてしまいます。

 

宗一郎がタイムトラベルするのは1995年から2025年という30年後の未来。

宗一郎にとっての大事な人を救うためのストーリーでもあるので時を超えた大作に期待です!

 

そして、その大切な人を演じるのが今話題の女優・清原果耶さん

未来の2025年にはヒト型ロボットが登場してきますが、宗一郎の未来の相方になるポジションをロボットとして藤木直人さんが演じます。

このロボットの立ち位置は原作には出てこない要素なんだよね。

 

他には宗一郎の婚約者役として夏菜さんが出て来て重要な役どころですし、未来では宗一郎の力になってくれる科学者や物理学者も登場。

 

この一部のキャスト情報を見ただけでも豪華俳優陣ですし、映画製作の規模の大きさを感じますよね( *´艸`)

原作小説でも人気があって存在感のある、主人公の相棒猫ピートも重要な見どころの1つです♪

 

▽原作小説はこちら▽

映画【夏への扉キミのいる未来へ】世間の口コミ評判や感想!評価は面白い面白くない?

 

映画【夏への扉キミのいる未来へ】は、山崎賢人さんや清原果耶さんのファンはもちろん、SF好きな方々も魅力を感じる方は多いのではないでしょうか??

 

がっつりSFの要素を再現しているという事ですし、近未来的な演出が多そうなので未知の世界ですよね^^

まだ現代では発達していないような新しいロボットや発明品などが出てくるのかと期待できます♪

 

ただ、映画版の情報を見る限りでは原作小説とは違う設定が多く出てきています。

原作に忠実というわけでは無く再構成したオリジナル要素が多い映画になっているので、原作ファンからすると賛否分かれそうな映画ではありますが(゚Д゚;)

 

そして、基本的には面白そうだなと思いつつ気になってくるのは世間の評判や反応ではないですか??

「面白い・面白くない」とかで分かれたりするかな?

 

映画公開は2021年の2月から(※公開延期)となっていますが、映画関係者の方などの中にはすでに試写会で観ている方もいるので、口コミ感想や評価・期待の声なども調査してみましたよ^^

※一般の方の口コミも公開後に追記していきます。

それがこちら▽

 

映画の感想としては、意外にも原作に忠実だったという声が・・・!

設定的には色々と変更点がありますが、最新のSF映画として評判は良さそうな予感がします^^

 

原作小説でもファンの多い猫のピート役を演じている猫ちゃんも映画版でしっかりと存在感があるので、可愛い姿にも注目したいところですね♪

 

▽原作小説の最新版もおすすめ▽

Sponsored Link

映画【夏への扉キミのいる未来へ】原作小説のネタバレや感想レビュー

 

映画【夏への扉キミのいる未来へ】の原作(原案?)となる小説・夏への扉。

タイムトラベル系が流行る一因となったのが夏への扉の作品だと言われていまずが、意外にもここまで60年間も名作で人気があるのに今まで一度も映画化していなかったんですよね。

 

その背景があっての初めての映画化で主演が山崎賢人さんなので期待値も高まります♪

ちなみに、原作者がアメリカの方という事もあり原作のストーリーはもちろん日本ではありません。

 

今回の映画【夏への扉キミのいる未来へ】では日本を舞台として内容が製作されているので、原作ありのオリジナル作品と考える方が受け入れやすいかもしれないですね^^

 

それと、映画版では清原果耶さんが演じている松下璃子が未来で亡くなってしまいますが、原作小説では亡くなっていはいなかったりなどの違いも。

 

年齢設定なども細かい所が色々と違うので、原作小説と映画の両方を観て違いを探していくというのもまた面白いのではないかと思います^^

 

ただ、原作小説も映画版も序盤は主人公が可哀想ですが最後はハッピーエンドで終わっていくので逆転劇が好きな方はきっとハマるはず!

 

映画版では1995年から2025年までの期間が舞台となっているので、1995年のレトロな懐かしさや2025年という近未来の理想の生活など魅力的な世界観の演出に期待です♪

 

映画【夏への扉キミのいる未来へ】口コミ評判や評価・感想などまとめ

以上、映画【夏への扉キミのいる未来へ】の口コミ評判や評価・感想レビューなどもまとめてお伝えしました!

原作小説が人気なだけあって、ファンが一番気にしているのは原作との違いだと思います。

ですが、映画は映画だと新しい視点で観た方が初見の方同様に新鮮な気持ちで楽しめるのではないでしょうか^^

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました