スポンサーリンク

ヲタクに恋は難しい結末ネタバレ!樺倉のプロポーズと小柳さんにキュン!

映画

 

高畑充希さんと山﨑賢人さんの豪華ダブル主演で2020年に映画化されて現在も人気の高ヲタクに恋は難しい】。

このお2人の実写化なんて面白いに決まっていますよね( *´艸`)

 

今回は、アニメも人気がある【ヲタクに恋は難しい】の原作漫画から、結末までのネタバレや感想・みどころについて紹介していきます。

映画の前にストーリーをチェックしたい!という方はぜひ見て行きましょう♪

スポンサーリンク

「ヲタクに恋は難しい」の原作漫画を結末まで内容ネタバレ

 

簡単なあらすじはこちら。

周囲に腐女子であることを内緒にしている「隠れ腐女子」の桃瀬成海と、重度のゲームオタクである二藤宏嵩の不器用な恋模様を描いた漫画です。

主人公の成海は、転職先の会社で幼馴染の宏嵩と再会。はじめは再会を喜び、仕事終わりに飲みに行くのが定番の二人でしたが、ひょんなことから付き合い始めることに。

恋人同士になった二人でしたが、オタク同士で、昔からの大切な友人との恋愛は前途多難。

二人の周りにいる個性的な友人や会社の同僚たちと織り成すラブコメディが始まります。

 

ある日、主人公の桃瀬成海腐女子であることが恋人にバレてしまい振られてしまいます。

恋人が同じ会社ということもあり、会社に居づらくなった桃瀬は転職。

転職先の会社で、幼馴染の二藤宏嵩と再会し、交流を再開します。

 

二人は仕事終わりによく飲みに行き、桃瀬の恋愛の愚痴を宏嵩が聞いてあげます。

また、桃瀬のゲームのアイテム集めに協力したりしています。

 

桃瀬は飲みの帰りに持つべきものは宏嵩だなとこぼすと、宏嵩はじゃあ俺でいいじゃんと告白。

こうして二人は交際をスタートさせたのでした。

 

ある日いつものメンバーでカフェに来た際、成海は店員の男性に話しかけられます。

はじめは男性が誰なのかわからなかった成海でしたが、のちに宏嵩の弟の尚弥と気づきます。

 

幼いころの思い出話に花を咲かせる成海と尚弥。

そのままいつものメンバーと尚弥の5人で宏嵩のアパートにてゲームをすることになり、交流を深めたのでした。

 

ある日会社にて成海を探していた宏嵩は、樺倉と小柳に話しかけます。

そこでなぜかいつもの喧嘩を始めてしまった樺倉と小柳。

二人の喧嘩を見ていた宏嵩は、二人きりの時はどんな感じなのかと問います。

 

宏嵩に問われた樺倉はお前たちと同じだと返します。

しかし、樺倉と小柳のやり取りをみていた宏嵩は、二人の関係が自分と桃瀬の関係とは違うことに気づきます。

 

その日の夜、いつものように一緒に帰っていた成海と宏嵩でしたが、宏嵩は唐突に成海をデートに誘います。

いつも家でゲームをしていたり、アニメイトに行ってばかりいたため、成海は驚きます。

 

いつものゲームオタク同士のデートではなく、普通の恋人のようなデートをするため、遊園地に来た成海と宏嵩。

この日は、オタクな会話は禁止にしていましたが、宏嵩はオタク的な内容以外で何を話したらいいのかわからず戸惑ってしまいます。

宏嵩が困っていることにすぐ気づいた成海は、話題はそこらへんに転がっているものだ、と宏嵩を安心させます。

 

なんだかんだ遊園地デートを楽しんでいた二人でしたが、ホラー系のアトラクションで成海と宏嵩がはぐれてしまいます。

桃瀬は樺倉と、宏嵩は小柳とペアになりアトラクションに乗ります。

小柳に今日のデートのことを聞かれた宏嵩は、桃瀬との関係性が昔と少しも変わっていないことを漏らします。

 

少ししょんぼりしている宏嵩に、小柳はゆっくりでいいと励まします。

その言葉を受けて、ゆっくり自分たちのペースでいこう、と思った宏嵩でした。

 

高校3年の樺倉は男子バレー部のキャプテン。

ある日、2年で女子バレー部のキャプテンである小柳に呼び出されます。

小柳の要件は女子バレー部にも体育館でのコート練習をさせてほしいというもの。

 

はじめは拒絶する樺倉ですが、アニメイトにいるところを隠し撮りされ、それをばらすと脅されます。

オタクであることをばらされたくない樺倉は、小柳の条件を受け入れます。

 

部活が終わったあと、小柳は一人でサーブの練習をしていました。

そこに樺倉が現れ、ジャンプサーブの手本を見せます。

先輩のジャンプサーブを見た小柳は大興奮し、自分にも教えろと詰め寄ります。

 

サーブを教えるかわりに隠し撮りの画像を消すようにと交換条件を出されますが、女子バレー部のコート練習のことを考え、小柳は黙ってしまいます。

そんな小柳を見て、樺倉はコートを取ったりしないと約束し、二人は部活後にサーブの練習を行います。

 

樺倉の卒業の日、小柳は樺倉を中庭に呼び出します。

樺倉から何か思い出になるものをもらいたかった小柳ですが、最後に文句が言いたいから呼び出しだのかと勘違いされます。

素直になれない小柳は肯定し、最後の最後まで喧嘩をしてしまいます。

 

思いを伝えることなく、せいぜいお元気でと伝え、その場を去ろうとします。

その時、樺倉の腕が伸び、小柳を抱きしめます。

こうして互いの思いを伝えあい、二人は交際をスタートさせました。

 

夏祭りに来ていた宏嵩と成海、樺倉と小柳の4人。

待ち合わせをしていた成海は、知らない男たちにナンパされます。

そこに宏嵩たち3人が助けに入り、なんとか難を逃れます。

 

その後は、射的や金魚すくいなど、祭りを楽しんでいた4人ですが、人込みの多さから、成海はほかの3人と逸れてしまいます。

小柳に連絡を取ろうとする成海でしたが、そこに先ほどのナンパ男たちが現れます。

何とか逃げようとする成海でしたが、腕を掴まれてしまい怖くなってしまいます。

 

そこに宏嵩が現れ、成海を連れて近くの木陰に隠れます。

何とか逃げ切れた二人ですが、成海は体の震えが止まりません。

宏嵩は優しく成海を抱きしめ、落ち着かせます。

 

その後、樺倉たちと合流し、心配をかけたことを謝る宏嵩と成海。

しかし成海は、宏嵩に抱きしめられた時から胸のどきどきが鳴りやみませんでした。

 

会社の社員旅行に来ていた4人夜の宴会では、樺倉は上司のお酒を断れず、酔ってしまいます。

会場を出て酔いを覚ましていた樺倉のもとに小柳が現れ、水を差しだします。

 

断れない樺倉に注意をしますが、樺倉は不意に小柳にキスをします。

不意打ちされた小柳は顔を赤らめ、二人の時間を過ごしました。

 

そのころ宏嵩は宴会会場を抜け出していました。

初めての社員旅行は楽しかったと思う宏嵩ですが、成海と一緒にいらなかったことに少し物足りなさを感じていました。

そこに成海が現れます。

 

わざわざ自分を探しに来たのか、と聞かれた成海は顔を赤らめます。

顔を赤らめる成海を見て、自分と同じ気持ちだったんだろうか、と嬉しそうにする宏嵩でした。

 

成海と小柳は、会社の同僚である女性と飲み会をしていました。

飲みの席で小柳は、最近樺倉と喧嘩をしていないことを話し、自分のことが面倒くさくなってしまったんだろうかと不安になります。

悩む小柳に、成海は時間をかけて歩みよってこれたから衝突しなくなったということだ、と小柳を励まします。

 

小柳が樺倉のアパートに泊まった次の日、小柳は二人の思い出のネックレスを無くしたことに気付きます。

落ち込む小柳に、後日樺倉は自分のネックレスを小柳のだ、と渡しますが、小柳には一瞬で見破られます。

 

思い出を大事にしているのは自分だけだ、と思った小柳は涙を流し、その場を去ります。

樺倉は、成海や宏嵩とともに小柳を捜索。

一連のやり取りを成海に叱咤された樺倉は、自分が間違っていたことに気付くのでした。

 

※以下から最新・最終第60話のネタバレです。

成海の居る宏嵩の家にやって来た、太郎と花子の2人。

太郎と花子はちょっとした一言で言いあいながらも家に入っていきます。

 

今回久しぶりに集まったのは、宏嵩の家で皆でゲーム大会をするため。

ゲームの前にピザを食べるかと話していると、尚ちゃんとこーくんも遅れてやって来ます。

 

太郎とバイト先で会っていたので一瞬固まってしまうこーくん(笑)

関係を聞かれた尚ちゃんとこーくんは、今付き合っている事を皆に報告するのでした。

 

それから皆は思い思いにゲーム大会を楽しみ、成海は花子にヲタクをカミングアウトした後の近況報告をしていました。

気にしていたような事は何も起きなかったカミングアウト。

 

時代と共にヲタクへの考え方も変わったのかなと話しつつ、カミングアウト出来たのは皆が居たおかげだと感謝の気持ちを伝えます。

 

その後、ベランダへと抜けだした宏嵩と成海の2人。

成海は宏嵩への特別な感謝の想いを伝え、笑っている宏嵩が好きだとキスをするのでした♡

 

☆ヲタクに恋は難しいの漫画を【全巻半額】
で読めるサイトはこちら♪

 

スポンサーリンク

「ヲタクに恋は難しい」の原作漫画を読んだ感想

 

私も主人公の成海と同じくオタクなので、「ヲタクに恋は難しい」は身近に感じる漫画でした。

思わず「あるある!」と言いたくなってしまうほどです(笑)

この漫画のことは、作者ふじたさんがPixivに投稿している頃から知っていました^^

 

その頃からとても面白い漫画だなと思っていて、単行本が発売されると聞いてとても嬉しかったことを覚えています。

最新刊が発売されるときは、発売当日に欠かさず購入しています!

 

この漫画に出てくるキャラクターは、みんな一癖も二癖もある個性的なキャラクターばかりで、読んでいて非常に楽しいです。

普段はオタクたちの日常が描かれていますが、時折、恋愛漫画らしいキュンキュンする場面が出てきます。

 

友達みたいな付き合い方をしている桃瀬と宏高、いつも喧嘩ばかりしている樺倉と小柳。

それぞれがいい味を出していてとても素敵な漫画です( *´艸`)

 

主人公の桃瀬は、いつもはオタクとしてコミケの原稿やネトゲばかりをしていて、彼女らしいことはあまりしません。

しかし、宏高が拗ねていたり、元気がないときなどはいち早く気づいています。

宏高の分かりづらい表情や感情をよく見ているんだな、と思いました。

 

また、好きなことに全力で取り組んだり、自分の気持ちに気づいてくれる、そんな桃瀬だからこそ、宏高はずっと一途に桃瀬を想い続けていたんだなと、二人の絆の深さというものを、漫画を読んでいて感じました。

 

樺倉と小柳は、いつも喧嘩ばかりしていますが、なんだかんだ言ってラブラブなんだなと感じます。

いつもはツンツンしている小柳がデレている瞬間は、とってもかわいいです(笑)

樺倉も、そんなギャップのある小柳のことが好きだから、ずっと一緒にいるんだなと思います♪

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

「ヲタクに恋は難しい」の原作漫画のみどころをネタバレ

 

私が思う「ヲタクに恋は難しい」の見所は、全部で3箇所あります。

 

1つは、夏祭りの回です。

この回では、桃瀬と宏高、小柳と樺倉のいつものメンバーで夏祭りに行きます。

始めは普通に祭りを楽しんでいた4人ですが、桃瀬が知らない男たちに絡まれます。

樺倉たちが助けに入り、一時は助かる桃瀬ですが、ふとした時にみんなと逸れてしまい、さきほどのナンパ男たちに絡まれてしまいます。

 

しかしそこにまさかの宏高が助けに入ります。

普段はゲームばかりしているモヤシ男みたいなイメージだったのですが、この時ばかりは宏高がめちゃくちゃ男らしく見えました。

そして、怖がっていた桃瀬を優しく桃瀬を抱きしめたときは、もうドキドキが止まりませんでした♪

普段は淡白な二人ですが、恋人らしいふれあいが見れる夏祭り回はおすすめです!

 

2つめの見所は、5巻の洸と尚哉の回です。

この回では、尚哉が、洸が女性だと気づいた回です。

自分が女だと気づかれた洸は、嫌われてしまうと想い逃げ出してしまいます。

 

その後、二人はぎくしゃくしてしまい、洸も学校に来なくなってしまうのですが、その時の尚哉の反応が非常にイケメンです。

洸を泣かせてしまったことで非常に落ち込み、元気がなくなってしまう尚哉。

洸も学校に来なくなり、家に引きこもりゲームばかりする毎日。

 

そんな洸を学校に連れ戻すため、泣かせてしまったことを謝るために、尚哉はネトゲにログインし、洸を探します。

ゲームが苦手な尚哉が、自分の力だけで洸のいる元まで駆け付けます。

その時の尚弥の必死な表情がとてもかっこいいので、見所です!

 

そして、この漫画一番の見所は、最新7巻の樺倉のプロポーズの部分だと思います。

最後の最後で樺倉に見事にやられました(*^^*)

 

まさかここでプロポーズするとは予想できなかったので、最初に7巻を読んだときは、思考が追いつかずまさに放心状態になりました(笑)

プロポーズを受けて顔を真っ赤にしている小柳さんがとってもかわいいのでお勧めです!

 

☆ヲタクに恋は難しいの漫画を全巻半額で読めるサイトはこちら♪

スポンサーリンク

「ヲタクに恋は難しい」原作漫画の結末までのネタバレや見どころ感想まとめ

以上、2020年に映画化された【ヲタクに恋は難しい】の結末までのネタバレや感想をお伝えしました。

映画では一体どうなってしまうのかも細かい部分に注目です^^

小柳さんの可愛い表情など、ぜひ実際に観て確かめてみてくださいね♪

Sponsored Link