スポンサーリンク

映画ファーストラヴの原作小説ネタバレ!結末や由紀と迦葉の過去の真相も

映画

直木賞受賞作品で、2021年2月11日(木)から映画も公開されるファーストラヴ。

サスペンスとしてストーリーは進んでいきますが、社会的な問題点や女性が抱えるトラウマ・人間模様としても深い作品となっているんですよね。

 

環菜の事件の真相の他にも、主人公の由紀が抱える過去の記憶も重要な内容なので注目です!

今回の記事では、映画ファーストラヴの原作から結末までのネタバレ・由紀と迦葉の気になる過去の真相などに関してもお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

映画ファーストラヴの事件の真相と結末を原作小説からネタバレ前編

※以下は原作小説からのネタバレとなります。

 

ある日、女子大学生が父親を刺すという事件が起こります。

容疑者として捕まっているのは聖山環菜(ひじれいやま・かんな)で、亡くなった父親は画家の聖山那雄人

 

この事件を取材する事になった公認心理師の真壁由紀(まかべ・ゆき)は、環菜と直接話したり手紙でのやりとりをする中で、徐々に事件の全貌を知る事になります。

 

なぜ事件が注目されているのかというと、犯行を認めているにも関わらず動機を語らない環菜の態度が問題に。

 

なぜ彼女は父親を手にかける事になったのか?

そもそも彼女は本当にあの事件を自ら起こしたのか??

 

環菜の母親は彼女に虚言壁があると言いますが、確かに彼女が語る内容はどこかちぐはぐで統一性のない話ばかり。

しかし、由紀が取材を続けていく事で見えてきたのは、社会に渦巻く家庭の闇のようなものだったのです…。

 

まず、環菜が手をかけた容疑をかけられている被害者の父親は本当の父親ではありません。

母親が結婚前に妊娠して出産した子供が環菜で、那雄人は事あるごとに環菜に圧をかけて育ててきました。

 

父親の意にそぐわない事をすればすぐに籍を抜かれてしまう。

なので父親の言葉は環菜にとって絶対で、それはデッサンモデルをさせられている時も同じでした。

 

大人で服を着ていない男性と、まだ小学生で美人な環菜の2人の姿。

自分は服を着たデッサンモデルとはいえ、数々の気持ち悪い視線や勘違いした生徒たちからの言動に幼い環菜の心は傷つけられていきました。

 

父親に従っているような母親には、そんな娘の様子は気にもしていない様子。

環菜は手首を傷つけて自傷する事でデッサンモデルを回避する事を覚え、その癖は大人になった今でも消える事はありません。

 

そんな歪な家庭で育った環菜は、段々と来るもの拒まずで男性と接するようになるのです。

取材をしていた由紀もまた、自分の父親が少女を買うような罪をおかしていたという過去がある女性。

 

しかも自らの事も同じ目で見られていたというトラウマを抱えています。

暴力はふるわれていないにしろ、環菜も由紀も心に精神的な傷を持つ共通点があります。

環菜の今の目は、以前の荒れていた頃の由紀の姿を思い出させるのでした。

 

環菜の心を解いていった由紀は、ついに事件の真相にたどり着きます。

それは、これは故意の事件では無く偶然が重なった事故であったという事。

 

事件当日に志望するアナウンサーの試験を受けに行っていた環菜は、試験会場であるトラウマがフラッシュバックしてしまいます。

それは、複数の目に見られるという幼い頃のデッサンモデルの過去・・・。

 

結局試験を失敗してしまった環菜は包丁を買って、今でも癖になっている手首への自傷を繰り返してしまいます。

失敗した事に対しての自分なりの罪を終えた環菜は、その足で父親が居る美大へと向かいます。

 

罪をつぐなった事を確認して貰おうと思って行ったことですが、この行動がまさかの事態に繋がってしまいます。

 

血を流す環菜を見た父親はトイレに連れていき洗うように言いますが、この状況に陥った環菜を母親のせいだと言って電話をかけようとしたのです。

 

そして、それをやめさせようと腕を掴んだ環菜。

その場で滑って転びそうになった父親を支えようとしますが、手にはまだ包丁が!

 

運悪く突き刺さってしまった事で起きてしまった事件が、今回の騒動の真相でした。

 

そして、そもそも環菜の言い分など聞きもしない母親が環菜のせいにした事で、環菜も自分のせいだと思い容疑を認めていたのです。

 

スポンサーリンク

映画ファーストラヴの原作小説ネタバレ後編・由紀と迦葉の過去の真相も

 

この事実が判明して弁護士・庵野迦葉(あんの・かしょう)と由紀は裁判に挑みますが、環菜が救急車を呼んでいなかった事なども要因となり結果は懲役8年。

 

それでも軽減された刑と現実を受け止めた環菜は、この事件に関わってくれた由紀など大人たちが自分と向き合ってくれた事。

初めて自分の意志で意見を言えた事などに感謝するのでした。

 

一方、由紀と迦葉の2人にも過去の出来事が原因である確執がありました。

由紀が父親のしていた事を知ったのは学生時代の事で、その後の彼女は荒れた生活を送っていたのです。

 

そんな中、家庭環境が複雑だという事もあり仲良くなったのが迦葉。

迦葉と過ごすうちに恋人になりそうなきっかけがありましたが、ふとした事が原因でお互い傷つけあう言動をとってしまいます。

 

深く傷ついた2人は距離を置くようになり、後に現在の夫となる真壁我聞(まかべ・がもん)と出会った由紀は結婚する事に。

 

迦葉は家庭の問題で真壁家に預けられて育って来たので、我聞は迦葉にとっての義兄弟。

結婚後の由紀からすると迦葉は義弟になったわけですが、昔の2人の関係性は我聞に隠し続けてきていたのでした。

 

これが由紀と迦葉が秘めていた昔の記憶です。

しかし、環菜の事件の真相を追う過程で2人は再会し向き合うきっかけになり和解

 

一方、何も知らないと思われていた夫の我聞は実は2人の過去を知り理解してくれており、由紀の過去も何もかもを含めて深い愛で包み込んでくれていた事が判明したのでした。

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画ファーストラヴの世間の口コミ評判や感想を紹介

 

映画ファーストラヴは社会的な問題にも切り込んだ作品となっているので、観る方の育った環境によっては辛い場合もあるかもしれません。

そのくらいリアルで、でも現実的に目を背けてはいけない家庭問題が確かにありますよね(>_<)

 

基本的にシリアスに展開が進んでいきますが、由紀と迦葉の関係の修復

由紀と夫の我聞の本当に幸せそうな様子などは最終的に救いのある話でホッとします^^

 

では、実際に原作のファーストラブを読んだ方々の感想はどうなのか?

口コミ評判などを調査してみましたよ^^

それがこちら▽

 

ファーストラヴは取り扱う内容が重いテーマなだけあって、面白いというよりかは作品に惹きこまれたという感想を持っている方が多い印象です。

 

重いテーマが題材となった作品は、どういう結末を迎えるかで読了後の感情が変わりますよね。

救いの無いままで終わる話だとズーンとした感情が残ってしまいますが、ファーストラヴは最後の流れが良い気持ちで終われるので読みやすい部類の作品でおすすめです^^

 

スポンサーリンク

映画ファーストラヴの結末を原作小説からネタバレまとめ

以上、映画ファーストラヴの結末を原作からネタバレとしてお伝えしました!

読んでいる最中はグッと胸を締め付けられるような感覚のある作品なので、映画も観る時は精神的に落ち着いている時が向いていそうですよね。

原作小説は、北川景子さんや中村倫也さん・芳根京子さんを想像しながら読んでいくとより情景が浮かびやすいのではないでしょうか^^

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました