スポンサーリンク

殺し愛ソンリャンハとシャトーの過去と正体は?死亡したのかネタバレ考察

アニメ

 

色々な謎が出て来る中での恋愛要素がキュンと来ると話題の【殺し愛】。

裏社会の話なので物騒なシーンも多いのですが、それ以上に主人公2人の謎が気になる所。

 

そんな最大の謎となっている過去やリャンハの死亡した真相に関しても気になってきませんか??

今回の記事では、殺し愛のリャンハとシャトーの過去と正体などに関して原作ネタバレと考察をお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

【殺し愛】ソンリャンハがシャトーに執着する理由・ストーカーの目的をネタバレ考察

 

殺し愛と言えば、序盤から印象の強いリャンハとシャトーの出会い。

からの、リャンハが謎にストーカー化していく流れ(笑)がずっと続いていきますよね。

 

ある日出会った同業者のリャンハはなぜここまでシャトーに執着するようになったのか?

近づいてきたからには何かしらの理由があるだろうという事は分かるので、中盤まで続いていく謎の1つとなっていきます。

 

そんなリャンハの執着理由を解き明かしていくには、2人の過去を明らかにしていかないといけません。

 

まず初めにシャトーについての不可解な過去が見えてくるのは、17年前のある日の事件。

実は17年前、ある田舎で放置されていた車の中から正体の分からない少年の遺体が見つかっているんですよね。

 

そして、その後ろ・後部座席には幼きシャトー・ノーブルが乗っていたのでした。

当時のシャトーは少年の名前も知らなければ、何の情報も知らなかったのでこの事件は真相が明かされずに未解決に終わったのですが・・・

 

亡くなった少年が身に着けていた証拠品の中に、ソン・リャンハの名前が載った身分証があった事がこの後のヒントとなっていきます。

 

そんな彼女を引き取ったのが事件の調査を続けていたダンワークスであり、そのままシャトーはシャトー・ダンワークスと名を変えて彼に育てられることになります。

 

☆殺し愛の漫画をebookjapanで
半額クーポンで読む♪

 

スポンサーリンク

【殺し愛】ソンリャンハとシャトーの過去と正体をネタバレ考察!リャンハは偽物で死亡した?

 

作中で暫くの間ドニーに狙われていたリャンハ。

その理由としては、今の名乗っている名前であるソン・リャンハが深く関係しています。

 

この名前はドニーの組織に過去所属していた人間の名前であり、今のリャンハがなりかわっていると判明したので狙っていたんですよね。

つまり、17年前に亡くなった本物のリャンハの身分を今の偽リャンハが使ってるってことだね。

 

シャトーは現代で過ごす中ですっかり過去の出来事を忘れていたのですが、リャンハと出会い共に行動する中でかすかに過去を思い出して行きます。

それは、遡る事17年前。

 

そばかすが特徴的な少年で当時本物のソン・リャンハは、ボスであるドニーからある人の案内を頼まれます。

そして用事を終えた後、謎の少年(今の偽リャンハ)と出会い、一時的に行動を共にする事になるんですよね。

 

しかしここで問題が発生し、今回依頼を受けていた案内を終えた男性から受けた電話の情報を頼りに2人がコインロッカーに向かうと・・・

そこには、スーツケースの中で眠る幼きシャトーが居たのでした。

これが今の偽リャンハとの出会いのきっかけって事になるけど、そばかすの青年はどうなったんだろう??

 

その後目覚めたシャトーは、車の中で知らない少年2人と一緒という状況に意味が分からず泣き始めてしまいます。

この頃のシャトーもめちゃめちゃ可愛い・・・
リャンハに電話をしてきた男はノーブルという名前だから、シャトーの本物の父親だね。

 

彼(ノーブル)は電話口で何者かに始末されてしまったため、本物のリャンハは何とかシャトーを保護してあげようと助手席に少年(現リャンハ)を乗せたまま車を走らせます。

 

彼らはある別荘に身を隠すことにしますが、少年はその場から離脱。

この少年が別荘を出たあとに本物リャンハも少し外に出てしまうのですが、別荘に戻るとそこに居るはずのシャトーが居ません(゚Д゚;)

 

シャトーは現状が分からず恐怖でクローゼットに隠れていただけだったのですが・・・

リャンハが傍に行ったそのとき、訳もわからず恐怖を感じたシャトーが発砲!!

 

思わず撃ってしまった弾は運悪く命中しリャンハに深手を負わせてしまいます(>_<)

屋敷から出ていた少年はというと、男たちに危害を加えられていましたが何とか屋敷に引き戻すことに。

 

しかしリャンハはもう車にシャトーを乗せてどこかに向かっています。

現場に残されていた血の形跡から、少年はリャンハ何かしらの理由で多くの血を流している事には気が付いたのでした。

 

その後、致命傷を負っていた本物リャンハは車の中で亡くなってしまいます。

 

それから暫くたち、病院にて事情聴取をうける少年の姿が。

捜査官に事件を忘れるよう言われた少年ですが、リャンハの最期を聞かされた少年は彼を覚えておくためにも自らがソン・リャンハとして生きていく事を決めたのでした。

 

シャトーは当時の幼い自分が犯してしまった事件、優しい青年リャンハを撃ってしまったことをはっきりと思い出します。

 

衝撃的な出来事だったのもあり、幼かったシャトーはこの事を自分を守るために今まで忘れていたのでしょうね(/_;)

これで、2人の関係性と過去が明らかになったのでした。

 

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

【殺し愛】ソンリャンハとシャトーの年齢は何歳?年齢差はいくつ?

 

シャトー出生に関しても軽く解説しておくと、シャトーの父であるリスト・ノーブルが生まれた家は有名な一家でした。

そして、このノーブルの家に仕えていたのがドニーなんですよね。

 

ある日リストをネタに敵の陰謀で不利な状況に陥ったノーブル家は、ドニーに秘密裏にリストの存在を無いものにするよう依頼。

本当に命を奪うのではなく、死亡したように見せて場を落ち着かせるのが目的でした。

 

しかし、それを現実の悲劇にしてしまったのはノーブル家の次男・ネルソンが元凶。

ネルソンがリストの生存をばらしたせいでリストは命を奪われてしまったので、シャトーが孤児になったのもネルソンのせいという事に・・・というのが真相です。

 

少しずつ情報が明らかにされて行くリャンハとシャトーに関する情報ですが、他に気になる事といえば2人の年齢ではないでしょうか??

 

実は、リャンハは本編で戸籍の情報として32歳という事が判明済みです。

シャトーははっきり原作上で自分が何歳と言ったりはしていませんが、社長と4歳差である事は分かっているんですよね!

 

その社長の年齢は25歳なので、4歳差という事は・・・シャトーは21歳という事に。

リャンハが32歳でシャトーが21歳なので年齢差は11歳差。

 

意外と離れているのも何だかキュンとしてきますよね( *´艸`)

大人の男性に心を溶かされていくシャトー・・・最後まで目が離せません♪

 

☆殺し愛の漫画をebookjapanで半額クーポンで読む♪

スポンサーリンク

【殺し愛】ソンリャンハとシャトーの過去と正体をネタバレ考察!リャンハは死亡したのかなどまとめ

以上、殺し愛のリャンハとシャトーの過去と正体の真相は何なのか??

リャンハの死亡した17年前などに関しても原作ネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

リャンハの本名に関してはおそらく最終回間近で明らかになっていくのではないでしょうか^^

シャトーが衝撃の17年前を思い出してからの2人の関係性の変化にも注目です♪

Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
アニメ
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。