スポンサーリンク

映画【ウェディング・ハイ】ラスト結末ネタバレ感想!最後の岩田剛典が面白い!

映画

 

2022年3月12日に公開されたコメディ映画【ウェディング・ハイ】。

芸人のバカリズムさんが脚本を担当されただけあって最後まで面白いんですよね( *´艸`)

 

そんな篠原涼子さん主演の映画の最後がどうなっていったのか気になりませんか??

今回の記事では、映画【ウェディング・ハイ】のラスト結末までのネタバレと実際に観たネタバレ感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

映画【ウェディング・ハイ】ラスト結末ネタバレ①

 

中越真帆(篠原涼子)はウェディングプランナーで、彼女のモットーはウェディングプランナーの仕事でNOを言わないことです。

真帆は職場の周囲からも尊敬される優秀な仕事をすることで知られています。

 

今回彼女は石川彰人(中村倫也)と新田遥(関水渚)の結婚式と披露宴の担当になっていました。

結婚式の朝、彰人の表情のどことなく疲れた感じを真帆は感づきます。

彰人が悩んでいるのを真帆は知っているのです。

 

ウェディングドレスを選んだり結婚式の美味しい部分、楽しい部分だけを決める真帆。

それに対して、彰人が一人で招待客や余興や料理についてなど細々とした事務的なことを決めなくてはならなくて、なにか違うのではと本人は不満を持っていました。

 

疲れた彰人は特に友人でもないバーのマスターまで招待してしまうというちぐはぐぶりでした。

渚の元カレの八代裕也(岩田剛典)は、友達と旅行中に遥の結婚を知ります。

 

元カレは、遥が親が決めた見合いの相手と結婚することになったのだろうと思い込むのでした。

そして男友達とのノリから勝手に盛り上がってしまい、お見合いで決めた結婚相手から遥を取り戻そうという計画に本気になってしまいます。

 

結婚式当日の挙式はつつがなく穏やかに進みました。

しかし披露宴が始まる前、新郎の友人の相馬は彰人と遥の披露宴のために作った映像に気合が入りまくり、映画のような大作を作ってしまい自分に酔いしれてしまいます。

 

彰人の上司の財津は披露宴の来賓スピーチのためにやはり気合が入っており、もはや自分の人生の大舞台のように構えてしまっている始末(笑)

 

ついに披露宴が始まって、二人のプロフィールVTRの上映は2人にまったく関係ないものが流れてきてしまい静まり返ってしまいますが、最後にはスタンディングオベーションで無事終わる事に。

 

結果、財津の挨拶は大笑いをとって終わる事になったのですが、この時にはすでに披露宴がまさかの1時間も押してしまいました。

 

ここは真帆のプランナーとしてのスキルの見せどころで、会場スタッフと協力して、披露宴のスピードをアップさせることに成功させます。

 

>>映画【ウェディングハイ】レンタルいつからで配信予定や無料で視聴する方法は?動画配信はどこ?

スポンサーリンク

映画【ウェディング・ハイ】ラスト結末ネタバレ②最後の岩田剛典が面白い!

 

コース料理をプレートにもったり、キャンドルサービスを一気に点灯させたりする作戦を決行。

そして真帆の作戦によってお願いされた残りの余興者たちは、予定外に一斉にみんなでそれぞれの余興を行いました。

 

新郎の友人たちの太鼓、新婦の友人たちのダンス、新郎の父の手品、新婦の父のマグロ解体ショーなどがあたかも最初から仕組まれていたコラボショーかのように同時進行で行われる展開に。

 

余興の最後には、新郎の父のマジックで新婦の父が姿を消しました。

会場中の大人から子供まで大盛り上がりの余興は、予想外に大成功に終わる事に。

 

縁もたけなわ、新郎新婦による両親への花束贈呈の時間が近づくと、新郎の父の手品によって新婦側の父親がずっと姿を消したままなのが発覚してしまいます(笑)

そして、司会に時間稼ぎをお願いして早急に新婦の父を捜索する流れに。

 

するとなんとか、何故かマグロの血が付いた日本刀をもった父を連れ戻す事に成功。

遥は両親への感謝の手紙を読み彰人が背中を支えます。

 

両親は感動し、会場内は温かい空気につつまれました。

こうして無事に披露宴がお開きになり、彰人もやっぱり結果的に結婚式をやってよかったと思っていたのでした。

 

披露宴の裏では元カレの裕也がノリで遥の式場へ来たものの、披露宴会場の盛り上がりに完全におじけづき、会場に入ることもできませんでした。

 

さらに、昨日までの旅行で食べた生ガキにあたって、腹痛で苦しんでしまいます(笑)

そこで裕也はタキシード姿で挙動不審の男、澤田(向井理)と出くわします。

 

裕也に話しかけられた澤田は逃げ出しますが、盗んだお祝儀袋を落としてしまい、裕也は澤田が泥棒であることを見抜いてしまいました。

裕也は庭園に逃げ込んだ澤田を誰かが捕まえてくれるように叫びます。

 

そこにいたのが招待客だったバーのマスターで、余興で使われずに置いてあった縄を使って投げ縄で澤田を捕まえる事に成功。

暴れる澤田に対し、裕也が下った腹を利用して臭い攻撃で澤田を気絶させました(笑)

 

最悪の攻撃方法・・・

澤田は結局、そのまま警察に突き出されて逮捕されてしまいます。

 

裕也はそのまま帰ることもできず披露宴会場を覗くと、そこには両親に手紙を読む遥と彼女を支える彰人の姿がありました。

祝福ムード満載の会場の雰囲気を感じた裕也は心残りなく、彰人に遥をまかせることに決めるのでした^^

 

帰りに男友達の車の中で披露宴の引き出物を開いてみると、中に入っていたのは「彰人・遥」という名前入りのパンツでした。

腹を下していた裕也にとっては、今一番うれしい贈り物だったのでした。

 

映画【ウェディング・ハイ】のレンタルと配信情報まとめ

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【ウェディング・ハイ】ラスト結末ネタバレ感想と見どころ紹介

 

ウェディング・ハイはバカリズムさんが創作した群像コメディー映画です。

本作の主人公の新郎新婦の遥と彰人はどこにでもいそうな普通なカップル。

 

彰人は優柔不断なところがあるけれど気がいい青年だし、遥はちょっとマイペースなところがありますが天真爛漫なかわいい女の子です。

そんな二人の披露宴をめぐって、これまた普段は普通であろう招待客たちが二人のウェディングをめぐってハイになってしまうストーリーが面白いんですよね!

 

なぜが自分の結婚式でもないのに大役を任せることにやって「やりすぎ」になってしまうのかは謎なのですが、そのやりすぎ感が面白くてたまりませんでした(笑)

 

ふたりのプロフィール紹介のプロフィールを作成した相馬(中尾明慶)も、スピーチを頼まれた上司の財津(高橋克実)もどうしちゃったの?というくらい自己陶酔に入ってしまいます。

 

スピーチではウケるなきゃいけないと脅迫観念のようにウケを狙う様子が面白くてたまりませんでした( *´艸`)

篠原涼子さん演じるウエディングプランナーの真帆はこれらの曲者たちに披露宴の進行を遅延されつつも、振り回されながらもすべてをなんとか収めてしまうところはプロだし、機転をきかせてさらに面白い展開に。

 

余興のシーンに登場する人物たちも面白すぎて最高ですし、新婦の父がマグロの解体ショーをし始めるという発想も面白すぎました(笑)

 

ダンスを踊る新婦の友人たちまでもが面白く見えてしまうんですよね♪

面白い場面が多いけれど、披露宴の一番の盛り上がりの花束贈呈、新婦の手紙のシーンでは会場の雰囲気も祝福ムードで現実的にも見たことのあるようなほっこりとするシーンが盛り込まれているのもとてもバランスが良かったです^^

 

そして元カレの裕也(岩田剛典)のちょっとおバカな感じだけれど、最後に遥の幸せを見届ける優しい感じがとてもホッコリしました。

たくさん笑って、少しほっこりして、幸せな気分になれる映画です。

 

スポンサーリンク

映画【ウェディング・ハイ】ラスト結末ネタバレ感想と見どころ紹介まとめ

以上、映画【ウェディング・ハイ】のラスト結末までのネタバレと実際に観たネタバレ感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしました!

 

最後の最後のシーンまで面白さの伏線が繋がっていくので、俳優陣のまさかの面白シーンが最高です(笑)

篠原涼子さんのはまり役の演技にも注目ですよ^^

Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
映画
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。