スポンサーリンク

映画【流浪の月】実話でモデルが実在する?実際にあった事件かネタバレ考察

映画

 

2022年5月13日に公開された広瀬すずさんと松坂桃李さん主演の映画【流浪の月】

主人公の少女が幼い頃に起こった誘拐事件を扱う作品なのですが、そのリアル感も話題になっているんですよね。

 

そんな流浪の月の事件の実際の部分も気になってきませんか??

今回の記事では、映画【流浪の月】は実話でモデルが実在するのか?実際にあった事件などもネタバレと考察でお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

映画【流浪の月】実話でモデルが実在する?誘拐は実際にあった事件なのか?

 

映画【流浪の月】は、広瀬すずさん演じる家内更紗が10歳の時に出会った19歳の大学生、松坂桃李さん演じる文との出会いから始まる物語。

 

更紗は家庭環境に問題を抱えており、さらには家でいとこからセクハラを受けてしまった事で伯母の家に帰りたくないと思い始めます。

 

そんな時に出会った大学生の文は更紗の為を思って自宅に招き、それから2か月もの間楽しく2人で外出などもして過ごしていくのですが・・・

2人で過ごすようになってから2か月後、文は誘拐の容疑で逮捕されてしまいます。

 

無理やり連れ去った訳ではない上に、文には正常な男性になれない病気があったため恋愛的な意味で更紗に接した事はありません。

 

しかし世間の眼は厳しく、いたずらされた被害者の可哀想な女の子と加害者の男として情報は広がります。

2人はその後15年経って再会し、お互いに必要とする恋愛では無い特別な関係で惹かれてまた一緒に暮らすようになるというのが結末なのですが・・・

 

この流浪の月の事件は実話でモデルが実在する話なのかどうかも気になってきますよね!

 

それほどにありそうだと感じるほどにリアルなストーリーになっていますが、小説の原作者の凪良ゆうさんは何かの事件をモデルにしたという事はお話しされていません。

なので事件を元に作ったストーリーではなくオリジナルという事が分かりますね。

 

しかし、昔の事件には少し似ている誘拐事件もあったのでそちらについても続けて紹介していきます^^

 

>>映画【流浪の月】レンタルいつからで配信予定や無料で視聴する方法は?動画配信はどこ?

スポンサーリンク

映画【流浪の月】実際にあった誘拐事件などをネタバレ

 

映画【流浪の月】の10歳の更紗と大学生の文との出会いと誘拐事件はフィクションのストーリー。

大人になった更紗が再び文と再会していくというお話なので、確かに現実だったらこう上手くはいかないですよね(>_<)

 

本人たちの感情は別にして、世間から見ると犯罪になってしまう誘拐事件の被害者と加害者というような事件は実は実際に過去にもいくつか起こっています。

 

例えば2004年に起きた誘拐事件では、被害者は10歳の女の子で加害者は48歳の男性。

この少女は家庭環境に問題を抱えており、周囲にも家に帰りたくないという事を何度も伝えていたことが判明しています。

 

それも分かった上で男性は1週間近く少女と千葉から沖縄まで移動し、結果的に誘拐事件として逮捕されているんですよね。

この事件に関しては最後まで少女側から男性に助けを求めていたなどの情報も出ていたものの、法的には罪という事になってしまいました。

 

これで家庭に戻ってからまた家庭環境が悪かった場合に、少女にとって家と男性の傍とどちらが良いのかはもう当事者にしか分からない問題になってきますね(>_<)

 

他には、2015年10月に27歳の会社員が16歳の女子高生を誘拐した疑いで逮捕という事件。

これは実際お互いに恋愛関係にあって女の子もちゃんと好意を持っていたのですが、ある日悩みを抱えていた女の子を自宅にかくまった男性。

 

女の子の家族が娘が行方不明だという事で捜索され、家族の許可なく未成年を連れ出したという事で男性は逮捕されてしまいました。

真剣交際であってもこのように年齢の壁により、女の子の意思に関係なく大人側に責任がいくという事ですね。

 

2018年に起きた事件では、加害者は26歳の女性で被害者は16歳の男子高校生。

2人は真剣に交際していたものの、ある日女性側が1日男子高校生を家に上げていた事から男子高校生側の親が子供が変えてってこないという事で警察に相談。

その結果、未成年誘拐として女性が逮捕されてしまったという事件もありました。

 

【流浪の月】に一番近い実際に会った事件としては、やはり2004年に起きた家庭環境に問題を抱えて家に帰りたくなかった10歳の少女を連れ出してあげた男性の誘拐事件が思い浮かびます。

 

状況が少し似ているだけでその後どうなったのかという報道はもちろんないですが、何か事情があった先の未来をフィクションで見せているのが流浪の月という作品ですよね^^

 

もちろん似通った事件があるとしても、流浪の月は完全に原作者の凪良ゆう先生の頭の中で作り上げられた物語。

実際の誘拐事件となった例を見ていくと、大体の場合が未成年側を大人側が親の許可なく連れ出した事で捜索がかかり事件となっている事が分かります。

 

そして、未成年側が悩みを抱えているという状況も家出の理由としては多いので、そのあたりの情報がマッチする事から、より映画【流浪の月】の話が実際にありそうと思わせられるリアリティさが増しているのではと考えられます。

 

映画流浪の月のレンタル開始日や配信予定の最新情報まとめ

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【流浪の月】似たような事件や似ている作品を紹介

 

本人たちにしか分からない真実ではありながらも、世間からの勝手な考えで残されていくデジタルタトゥー。

映画【流浪の月】は、目に見えるものだけが全てでは無いという事を感じさせられる作品です。

 

まあ実際にそういう状況になれば、捕まってからまた世に出て、また出会ってから再び特別な関係になるのはリアルでは考えづらいですけどね(゚Д゚;)

 

リアルな事件としては誘拐とはちょっと種類が変わりますが、2021年10月には41歳の女性教諭が男子高生と交際している事がバレて懲戒処分になるというニュースも一時期話題になりました。

この件の場合は珍しいですが男子高生側の親が2人の交際を認めている状態で、告白なども男子高生から。

 

未成年の親の許可もあった交際でしたが、教育委員会からは処罰を受けるという形になってしまいました。

当事者の親までも認めた状態であっても、世間的に見て、未成年と大人という立場もあっての世間的なアウトな事例は多いという事が分かりますね。

親が知らずに未成年と付き合っていて・・・という事はありそうだけど、親もちゃんと認めてあげているのは男子高生が本気だったからなんだろうね。
ここまでの関係性まではっきりしてると個人的には密かに応援したくなっちゃうな。

 

ちなみに、流浪の月を観た方の間では、不倫相手の子供を約4年間誘拐する【八日目の蝉】という作品にジャンルが似ているという声が多いのでこちらもぜひチェックしてみてください^^

八日目の蝉は原作小説ありで映画では小池栄子さんや井上真央さんが演じてるよ。

 

スポンサーリンク

映画【流浪の月】実話でモデルが実在する?実際にあった事件かネタバレと考察まとめ

以上、映画【流浪の月】は実話でモデルが実在するのか?実際にあった事件などもネタバレと考察でまとめてお伝えしました!

 

流浪の月は実際にモデルになった人物や事件は無いストーリーでしたが、過去には同じく当時10歳の女の子が家庭の事情から男性に頼った結果誘拐になってしまったという事例はありました。

 

流浪の月は恋愛感情抜きでお互いの存在を求めあうような作品なので、映画を観た後は原作小説も読んでみる事をおすすめします^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
映画
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ