スポンサーリンク

映画【ハケンアニメ!】ラスト結末ネタバレ感想!最後と演出が泣ける

映画

 

2022年5月20日に公開された人気原作漫画の初の実写映画【ハケンアニメ!

アニメ業界のストーリーになっていて熱い展開が繰り広げられるんですよね・・・。

 

そんな映画ハケンアニメ!の最後がどうなっていったのか気になりませんか??

今回の記事では、映画【ハケンアニメ!】のラスト結末までのネタバレと原作漫画との最後の違い・実際に観たネタバレ感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

映画【ハケンアニメ!】ラスト結末ネタバレ①

 

斎藤瞳(演:吉岡里穂)はアニメ業界では異色な公務員からの転職組です。

若い新人女性であることから逆境に呑まれそうになりながらも、今クール放送のアニメ「サウンドバック 奏の石」の監督の座をつかみとります。

 

一方アニメ業界のプリンスとして喝采を浴びる名監督・王子千春(演:中村倫也)も時を同じくして8年ぶりの新作「運命戦線 リデルライト」を世に放とうとしていました。

なんとサウンドバックと同じ毎週土曜17時帯に。

 

はじめはファンも業界も、新人監督のつくる「サウンドバック」に興味を示しませんでしたが、とあるアニメフェスで瞳と王子が対談した時から潮目は変わっていきます。

 

瞳は王子に向かってサウンドバックこそが今期の覇権をとるアニメだ、と啖呵を切ります。

幼少期独りぼっちだった瞳を救ってくれたアニメは、王子のデビュー作「光のヨスガ」。

“ヨスガを超える”ことこそが瞳がアニメ作りに携わる原動力だったのです。

 

対する王子も長年のブランクや過度な周りからの期待に押しつぶされ、プレッシャーと戦っていました。

少しでも守りに入ればファンからは見放されてしまうかもしれない、才能の枯渇を疑われてしまうかもしれない。

こうして2作品の絶対に負けられない戦いが幕を開けます。

 

お互い第一回放映では同様に高視聴率をキープしますが、王子のネームバリューに押され徐々に「サウンドバック」は視聴率に伸び悩みます。

 

加えてチーフプロデューサーの行城理(演:柄本佑)が持ってくる仕事はファッション誌のグラビアや、物語と関係ないコラボグッズ企画など・・・

アニメーションそのものに還元しない無駄な仕事と断じて、瞳は消耗していくばかりです。

 

そして監督の経験不足からくるあいまいな指示に作画監督は呆れ、色彩設計担当はいらだちます。

主演のアイドル声優・群野葵(演:高野麻里佳)の演技に対しても瞳は独善的な指示を出し、執拗にリテイクを求めた結果、群野を泣かせ現場をストップさせてしまいました。

 

そうして瞳は徐々に現場で孤立していきます。

 

>>映画【ハケンアニメ!】レンタルいつからで配信予定や無料で視聴する方法は?動画配信はどこ?

スポンサーリンク

映画【ハケンアニメ!】ラスト結末ネタバレ②最後はどうなる?

 

そんなある日、スタジオの休憩室で瞳と王子が再び出会います。

王子はサウンドバックに対する好意的な感想とともに、群野のSNSをきちんとチェックしているかを瞳に尋ねます。

 

王子の言葉に従って彼女のSNSを見ると、そこにはサウンドバックの舞台となる秩父市へ、役作りのため聖地巡礼した写真の投稿がありました。

彼女なりにキャラクターと向き合って作品を縁の下で支えようと日々努力していたのです。

 

瞳はその時、群野をただのアニメーションを作るツールとしてしか見ていなかったことに気づきます。

他の編集や、制作デスク、美術、撮影監督、無駄なものと断じていた行城プロデューサーが持ってきた企画・・・すべての仕事に敬意を欠いていたことも。

一度挫折しかけた瞳の魂に再び火がともりました。

 

瞳の隣室に住む小学生は、都合のいいことしか起こらないからアニメが嫌いだと言い放ちます。

サウンドバックは世の中の全員は認めないかもしれないけれど、誰かひとり深く刺さる人がいるはずと信じて作ってきたアニメです。

そうなることを願いながら、瞳は小学生にサウンドバックの最終回を見るよう伝えました。

 

時を同じくして王子もまた、苦戦していました。

これまでの作風から期待されているのは、リデルライトの最終回で主人公たちを全員殺すこと。

 

そのままファンの期待に応えていいのか、新しい結末を模索するのか悩みます。

王子に寄り添うプロデューサー・有科香屋子(演:尾野真千子)もまた、プロとして彼の才能を信じ守るために手を尽くしていました。

 

放送局の重役からは無難な子供向けの結末を要求されますが、王子がそのような安易な選択をするはずもありません。

急転直下、気分でコロコロと変わる監督の指示に対応するため疲弊している原画スタジオにも直接足を運び、夜食の差し入れをするなど身を粉にして働いてきました。

 

有科はどのような最終回になろうとも、必ず周りを説得し王子の作品を守ると断言します。

こうして王子はボロボロになりながらもリデルライトの最終回を書き上げます。

 

こうして2作品の最終回が同じ日同じ時間に放映されました。

結果、視聴率ではリデルライトが競り勝ちます。

 

数字では勝ち負けが生まれましたが、それぞれが別の魅力的な面を持つ優劣つけがたい作品として、ファンや製作者たちの胸に残りました。

 

瞳は窓の外から小学生たちがサウンドバックごっこをしている光景を目にします。

誰かの人生に残る作品を作れたのかもしれない、その期待を携えながら瞳は泣き崩れるのでした。

 

映画ハケンアニメ!のレンタル開始日や配信予定の最新情報まとめ

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【ハケンアニメ!】ラスト結末ネタバレ感想と見どころ!最後は

 

映画を観ながら何度も胸が熱くなり、涙がこみ上げました(/_;)

つらいときに映画・ドラマ・アニメ・音楽…何かしらのコンテンツに救われた人は数多いるでしょうし、私もその一人です。

 

あの時私を救ってくれたコンテンツは、こんなプロフェッショナルたちの集束した熱い想いなのだと気づくと、熱量のやり取りに対してなんとも幸せな気持ちになります。

 

映画のラスト、瞳はサウンドバックが誰かに刺さったことに安堵しますが、彼女に「私にも刺さったよ!」と快哉を叫び届けたい気持ちでいっぱいです。

 

また、今まで理解していなかったプロデューサー、原画、演出、制作進行などいわゆる裏方の方々がどんな実務を行っているのか勉強できるお仕事ムービーとしての側面にも興味を持ちました。

 

もちろん映画には出てこない、配給だったり、DVDのプレスにかかわるような仕事など、私たち一般のユーザーには思いの至らない仕事もあるでしょう。

ですがすべてのプロフェッショナルが全力投球して作り上げているのが私たちの享受しているエンターテインメントだと思うとひとつひとつの作品がいとおしくなりました。

 

作中アニメーションのクオリティにも目を見張るものがあります。

原作が12年ほど前に書かれたものなので、ちょうどよくアニメを見ていた時期を思い出すテイストです。

 

「ぼくらの」、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、「魔法少女まどか☆マギカ」、「天元突破グレンラガン」のエッセンスを感じます。

なので当時その辺りのアニメが好きだったファンは特に必見です^^

 

サウンドバックリデルライトの対決は、2作品をそれぞれロボット魔法少女として具現化してアニメーションで見せます。

実写映像と文字とアニメが目まぐるしくオーバーラップする演出は疾走感たっぷりで見どころのひとつです!

 

スポンサーリンク

映画【ハケンアニメ!】ラスト結末ネタバレ感想と見どころ紹介!最後

以上、映画【ハケンアニメ!】のラスト結末までのネタバレと原作漫画との最後の違い・実際に観たネタバレ感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしました!

 

ハケンアニメ!は原作もありますが、実写映画はスピード感と仕事への熱がリアルに伝わってくる良さがありますし、やはりアニメーションが魅力的♪

吉岡里帆さんと中村倫也さんの仕事に対する熱に最後まで注目ですよ^^

 

Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
映画
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。