スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】タイトルの意味と真実に鳥肌!最後ラストに裏の顔が

映画

騙し絵の牙はamazon prime videoTSUTAYA DISCASでレンタル開始中!

配信サービス(VOD)配信状況無料期間
amazon prime videoレンタル
30日間無料
今すぐチェック
TSUTAYA DISCAS
レンタル
30日間無料
今すぐチェック

 

大泉洋さんを主人公として原作小説が書かれた話題作の映画【騙し絵の牙】。

2021年3月26日公開の作品で、原作小説も人気という事もあり注目されているんですよね♪

 

そして、何か意味が込められていそうな作品タイトルと内容の関係性も気になってきませんか??

今回の記事では、映画【騙し絵の牙】のタイトルの意味についてを原作のネタバレも含めて考察していきたいと思います^^

スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】タイトルの意味は絵と関係?

 

どんな内容なんだろう?と興味をひくのに重要な1つが作品タイトル。

王道でパッと分かりやすい映画タイトルも好きですが、一見何か意味が込められていそうですぐには分からないようなタイトルも面白いですよね^^

 

映画【騙し絵の牙】は作品の宣伝文句で騙し合いバトルと言っているので、内容的に騙し合いが色々とあるんだろうな~という事が想像できます。

それでも、騙しは分かるにしても「騙し絵」と「牙」が入っているので意味深な感じがしてきませんか??

 

原作小説の方でも序盤から中盤辺りまではまだはっきりしないのですが、読んでいくほどに、特に終盤でこのタイトルの意味が何となく分かるようになっていきます。

なので、映画でも終わりの方でそういう意味だったのか!と分かってくるとそれまでのストーリーがさらに面白く感じて来るんですよね♪

 

この騙し絵の牙は作品全体にかかっているというよりかは、個人的には主人公の速水自身のことを指していると考えています。

映画のイメージポスターも騙し絵っぽいデザインになっていて速水の顔の部分だけ破れているようになっているのが1つのヒント。

 

騙し絵で速水だけ他とは違って・・・という所だけでも色々と想像がつくと思うのですが、最終的には想像していてもやはり驚いてしまうサプライズが待ち受けています( *´艸`)

原作小説を読んでいても映画で騙されたと思うくらいの評判の良さだよね。

 

では続いて、映画のタイトル【騙し絵の牙】の詳しい考察を見ていきましょう!

スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】タイトルの意味と最後ラストの真実に鳥肌!原作小説からネタバレ考察

 

大泉洋さんの主演で注目度の高い騙し合い映画【騙し絵の牙】。

タイトルは作品自体のイメージとして重要だと思いますが、本編を見て初めて意味が分かってくるタイプのタイトルは観た後に満足感がありませんか??

 

騙し絵の牙もきっと観た後に納得してスッキリする方が多いと思いますが、まずはタイトルにある「騙し絵」について。

 

そもそも騙し絵は、以下のような1つだけでは無くて2つの見方が出来るような絵のイメージがありますよね。

 

1つだけだと思っていたら、想像もしていなかった2つ目が現れる騙し絵。

この2面性を持っている騙し絵の特徴は大泉洋さん演じる速水編集長そのものを表しており、速水編集長の場合は仕事に熱い表の顔。

 

仕事への情熱はありながらも、水面下でずっと自分の目標を達成する為の準備を進めてきた裏の顔。

2つの顔を実は持っている事が最後の方で明らかになっていきます^^

 

はっきりとネタバレはしませんが、その事実が出版社業界の中で大きな意味と力を持つようになる事から、関係者全員が「騙された!」という状態になるんですよね♪

 

しかも表立っては全然そんな感じを見せていなかった(誰も最後まで気が付かなかった)という点を見ると、ここでタイトルにある「牙」が「隠していた牙」というような意味合いでかかってくるのではと考察する事が出来ます。

能ある鷹は爪を隠すみたいなイメージだよね。

 

騙し絵は1つの絵の中に2つ目の他の意味があるという驚き。

大泉洋さん演じる速水編集長は、表の顔とは違う裏の速水も居たんだという衝撃ですね^^

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】タイトルの意味や原作小説に対する口コミ感想を紹介

 

よくあるお仕事系ジャンルの物語かと思いきや、まさかの展開で驚きの結末が待ち構えている映画【騙し絵の牙】。

タイトルからして何かあるだろうなーという感じはしているのですが、それでもやはり主人公速水編集長のラストの展開は圧巻です。

 

しかし、騙し合いバトルという事で期待し過ぎて観て見たらそこまでだった・・・という方も中には居るので、騙し合いという所よりかは最後のどんでん返しに期待して観るのが個人的にはおすすめかなと思います^^

 

なので今まで騙し絵の牙のようなお仕事系ジャンルの映画をあまり観たことが無いという方でも、色々な伏線を最後まで楽しめる作品ですよ♪

 

では、そんな映画【騙し絵の牙】に対して世間の皆さんはどんな意見や感想を持っているのか?

気になったので口コミなどを調査してみました^^

 

それがこちら▽

 

映画【騙し絵の牙】は、まさにタイトルの通り騙し絵を観て騙されたときのような錯覚を覚える作品。

その全貌が明らかになっていくのが終盤の速水の過去や考えが分かるシーンですが、それが分かった瞬間から速水という男の本性というか2面性が判明するのが鳥肌ものなんですよね(゚Д゚;)

 

出版社業界で奮闘してきた速水は最終的に何をゴールとして考えていたのか?

そして、目標を達成するまでの間にしていた用意周到な速水の行動にも注目です♪

 

スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】タイトルの意味を原作からネタバレ考察などまとめ

以上、映画【騙し絵の牙】のタイトルの意味のネタバレ考察や評判などもお伝えしました!

タイトルが凝っている作品は内容のどこかでビックリする要素がある物が多いようなイメージがありましたが、この騙し絵の牙もまたいい意味で騙されてしまう内容となっていました。

 

大泉洋さん演じる裏と表・出版社業界の光と影などの本当のリアルを追求したような作風は、社会派系の映画が好きな方や最後に驚きが待っているような作品が好きな方に特におすすめです^^

 

また、映画を観た後に原作小説も読めばより「大泉洋さん=速水編集長」としてイメージしやすいので読みやすく感じるかもしれませんね♪

 

Sponsored Link