スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】口コミ評判や感想は?評価は面白いつまらない?

映画

大泉洋さん主演で2021年3月26日から公開の映画【騙し絵の牙】。

原作のストーリーが大泉洋さんなどのキャストを想定して書かれているので、役柄のぴったりさがまた惹きこまれるんですよね♪

 

お仕事系ストーリーで大泉洋さん主演という事もあり、世間の評判がどうなのかも気になってきませんか??

今回の記事では、映画【騙し絵の牙】の口コミ評判や感想・評価は面白いのかつまらないのかどちらに分かれているのかなども調査してお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】あらすじネタバレやみどころなどを紹介

 

映画・騙し絵の牙は、原作小説の実写化ですが普通と違うのは最初から映画化を見据えてキャスト陣のイメージのまま作品が作り上げられたという所。

だからこそ大泉洋さんならではの独特な雰囲気など、まさに本人が本人を演じている感じがしっくりくると話題なんですよね^^

 

映画の舞台となるのは雑誌廃刊の危機に陥ってしまった崖っぷちな編集部。

そこの編集長役として大泉洋さんが駆け回っていく内容ですが、【衝撃のラスト15分】になっている所が作品の見どころでもあります。

 

序盤から中盤まで忙しい編集部の裏と表を見ながら、大泉洋さんのやり手熱い編集長っぷりを堪能。

その間で各キャラクター達の仕掛けもありつつ、最終的には大泉洋さん自身が最後の最後に凄いどんでん返しを持ってくるんですよね( *´艸`)

 

なので大泉洋さんのイメージが強くなりそうな映画ではありますが、その他にも松岡茉優さんや佐藤浩市さん・中村倫也さんなど主役級の俳優さん揃い!

ベテラン演技派俳優さん達が揃っている作品は大体見応えがあって面白いですよね♪

 

騙し絵の牙の原作小説は2018年に本屋大賞も受賞している話題作なので、出版業界の光と闇のリアルに興味がある方も小説としてお気に入りの一冊になる方が多いのではないでしょうか^^

 

スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】世間の口コミ評判や感想・評価は面白いつまらない?

 

映画【騙し絵の牙】は大泉洋さんや松岡茉優さんのファンはもちろん、お仕事系ジャンルが好きな方々も魅力を感じる方は多いのではないでしょうか??

 

異例のあてがき小説(主人公役を大泉洋さんと決めて書かれた小説)の待望の映画化という事もあり、これでようやく作品自体が完成したような感じもありますよね^^

 

出版社業界のリアルな部分に焦点をあてた作品なのでお仕事系ジャンル作品としての魅力と、ただの逆転物では終わらない衝撃が待っているというのも魅力的。

 

大泉洋さん演じる【まさに大泉洋さんそのもの】な部分と、映画ならではの裏の顔のような部分の2面性に思わず騙されてしまうのが面白いなと感じます。

 

あまり聞いたことのないあてがき小説の実写で面白そうだなと思いつつ、気になってくるのは世間の評判や反応ではないですか??

「面白い・つまらない」とかで分かれたりするかな?

 

映画公開は2021年の3月26日からですが、すでに試写会で観ている方もいるので口コミ感想や評価・期待の声なども調査してみましたよ^^

それがこちら▽

 

中には原作小説を読んでから映画を観たという方も多いようですが、それでも騙されてしまう展開が待っているなんてドキドキですよね( *´艸`)

 

大泉洋さんを配役として書かれた原作の映画化ですが小説が丸々実写されているという訳では無いので、映画も小説も両方とも観る楽しみ方がいいのではないでしょうか♪

 

中盤から終わりにかけて伏線回収や騙されポイントが出て来るので、集中しつつどんな展開になっていくのかに注目です^^

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】原作小説のネタバレや感想レビュー

 

映画【騙し絵の牙】は、大泉洋さん演じる速水編集長の出版社業界での生き残りをかけた騙し合いバトルが魅力な映画作品。

速水編集長は自分の雑誌を守るために色々と奮闘していく訳ですが、世渡り上手な一面やどこか掴めない雰囲気など大泉洋さんのイメージにぴったりなんですよね(笑)

さすが、あてがきとして書かれただけあるなあ。

 

そんな速水編集長もあの手この手で上手くやっていくやり手ではあるのですが、出版社業界の他の登場人物たちもまたクセモノ揃い!

裏をかいての騙し合いながらのバトルに惹きこまれて行きます。

 

速水編集長は仕事に対する熱は凄いですが、家庭の方は逆にあまりうまく行っていなかったりするんですよね。

めちゃめちゃ良い人という訳でもなく、奥さん以外に関係を持っている人が居たりするのもまた変にリアル感が・・・(笑)

 

そんなどこか掴めない雰囲気の速水編集長には、実は今の環境にこだわるある過去が。

この辺りは本編の終盤あたりで明らかになってくる事柄の1つで、さらにその先のエピローグが一番驚く内容となっています。

 

最終的に編集長速水がどうなっていくのかが大きな見どころの1つであり、速水が「狸」と言われているのも納得な展開に・・・

いい意味で全員が騙された!なラストなので見ごたえ十分ですよ♪

 

スポンサーリンク

映画【騙し絵の牙】口コミ評判や評価・感想などまとめ

以上、映画【騙し絵の牙】の口コミ評判や評価・感想レビューなどもまとめてお伝えしました!

騙し絵の牙は元々原作の評価が高いという事もあり、映画ではどのあたりまで忠実に再現されるかも注目ポイントの1つだったと思います。

 

もちろん原作小説を読んでいなくても映画として楽しめる内容にまとめられていますが、逆に小説ならではの細かい描写もあるので小説版もおすすめです^^

 

Sponsored Link