スポンサーリンク

【彼岸島48日後】23巻結末ネタバレ感想!明の対応と寝顔が珍しい!

【彼岸島48日後】23巻結末ネタバレ感想!彼岸島

30巻以上にもなり対決も白熱してきた彼岸島48日後。

今回の記事では、松本光司さん作 彼岸島48日後23巻の結末までのネタバレ感想と見どころをお伝えします^^

 

やっぱりネタバレは読みたくない!実際に紙面で見たくなった!

という方は、以下で漫画を無料で読む方法をご紹介しています。

Sponsored Link

【彼岸島48日後】23巻結末ネタバレ感想!

 

姑獲鳥に向かって種右腕の相葉を振り下ろす明。

しかし、その一振りは槍で防がれてしまいます。

続いて明は姑獲鳥の槍を左手で掴み、再び右腕を振りかざします。

 

再び槍にあたり、三又のうちの一つを破壊します。

さらにヤイバは姑獲鳥の頭に当たります。

明はそのまま上を振り、姑獲鳥の頭はどんどん切られていきます。

最終的には、姑獲鳥の頭は真っ二つになり、初めは激痛で悶え苦しみます。

 

観客席から転がり落ちる姑獲鳥はそのまま一番したまでいき倒れてしまいます。

姑獲鳥がやられたことに対して驚く吸血鬼の観客たち。

一方、明の攻撃に驚きつつも称賛する鮫島。

 

切り落とされた姑獲鳥の顔面の半分は観客席に落ちていました。

その後、吸血鬼たちは明の攻撃に対し拍手を送ります。

しかし、一部の観客はあそこにいるのは人間であるということで応援派と否定派で乱闘が始まります。

 

そして、吸血鬼の一人が他にも人間がいるに違いないと確信し人間を探そうとします。

ちょうどその頃、槍を地面に一突きして姑獲鳥が立ち上がろうとしていました。

姑獲鳥の生命力に驚く観客や鮫島たち。

そんな姑獲鳥に駆け寄る一人の吸血鬼。

 

姑獲鳥は近づいてきた吸血鬼を握り、思い切り壁にぶつけるのでした。

そして、姑獲鳥は明に向かって観客席に登ってきます。

次の瞬間、持っていた槍を投げ飛ばし、観客の吸血鬼に直撃。

そして、観客席に向かってとび、張り手で観客席を破壊します。

 

明はその攻撃を飛んでかわしていました。

一方、姑獲鳥の攻撃に対し、驚きを隠せない鮫島やネズミ。

姑獲鳥は再び張り手を放とうとします。

その張り手は今度は壁に対してでした。

 

明は躱しきれずに崩れた壁の下敷きになってしまいます。

明の身を心配する仲間たちでしたが、明は瓦礫の中から姿を現しました。

そして、瓦礫の中から現れた明の面は右目の部分が壊れており、姿が露わになっていました。

 

明の無事を安堵する鮫島でしたが、気になっていたのはなぜ姑獲鳥の動きが良くなっていたのかということでした。

なぜなら、姑獲鳥はもともと素手が武器。

しかし、雅の鉄扇に憧れて槍を手にしたのでした。

 

姑獲鳥の本来の力を出す姿に大喜びの吸血鬼たちは姑獲鳥を応援します。

そんな中、ネズミが指さしたのは天井かあら吊るされた勝次がいる檻でした。

ネズミが考えていたのは勝次を救うことでした。

なぜなら、ネズミは明の姿を見て自分がでいることはないか考えていたから。

 

しかし、問題はどうやって檻までいくのかということでした。

そこで考えたのはどーむの構造で外と内の幕の間を通って移動することでした。

一方、姑獲鳥の攻撃を交わすのに必死な明。

 

ついに勝次を助け得るために動き始めた鮫島たち。

まず二人が見つけたのはフォークとロープでした。

他にもハンマーや巣鴨で手に入れたカッターを手にまず、鮫島がフォークを壁に刺して上へ登っていきます。

 

幕のところまでたどり着いた鮫島はカッターで幕を切ります。

開けた幕の間からロープを下ろし仲間たちを上げようとします。

しかし、ユカポンが登っている最中に吸血鬼に見つかってしまいます。

 

幕の中に入り鮫島はワイヤーをよじ登ります。

ネズミたちはその場で待機していようとしますが、登ってきた吸血鬼から逃げるためにワイヤーをよじ登り、檻にたどり着いた鮫島は勝次を救出

檻から出ることができた勝次は鮫島に抱きつき泣いていました。

 

そして、檻に繋がれたロープを切り下に落とします。

落ちた音に気づいた明でしたが、上にいた鮫島たちを見て安堵します。

鮫島たちは来た道を引き返そうとしますが、天井には追いかけてきた吸血鬼たちがいました。

吸血鬼の一人が襲ってきますが、鮫島の蹴りで撃退します。

 

逃げ場のない鮫島たちでしたが、ユカポンが注目したのは雅の旗でした。

そして、鮫島たちは雅の旗目掛けて落下。

それにより、無事脱出に成功するのでした。

 

一方の明は、姑獲鳥の首を切りつけます。

その姿を見て、勝次が助かったことで本気を出せる状態になったことに安堵するネズミ。

そして、姑獲鳥は近くにいた吸血鬼たちを掴み、明目掛けて投げつけます。

 

投げつけた一体があたり、倒れる諦め開けて姑獲鳥は腕を振り下ろしますが間一髪のところで回避。

続いて、姑獲鳥は柱をつかみ上の観客席ごと振り下ろしました。

 

二階席では姑獲鳥の胴切り、天井の隙間に入りました。

姑獲鳥は幕を破り、その衝撃でワイヤーが明目掛けて飛んできますが、飛んで回避。

続いて姑獲鳥がワイヤーを鞭のように明目掛けて振り下ろしますが、切って回避します。

 

そして、姑獲鳥の張り手で落下する明でしたが、鮫島が落下を阻止します。

天井に登った姑獲鳥はくちばしで屋根を破壊。

飛んできた瓦礫を躱しますが、砂煙で身動きが取れない明。

 

次の瞬間、明目掛けて飛んできた姑獲鳥の攻撃により吹き飛ばされた明。

満身創痍の明に近寄る姑獲鳥。

その時明が見つけたのはワイヤーの切れ端でした。

 

そして、ワイヤーを踏んだ瞬間持ち上げて姑獲鳥のバランスを崩すことに成功。

倒れた姑獲鳥目掛けて駆ける明は首を切断します。

切り落とした首を掲げ勝利の雄叫びをあげました。

 

そして、姑獲鳥は最後の力を振り絞り、明に頼みごとをします。

彼らが向かったのはドームの屋根の上

そして、そこで姑獲鳥は絶命するのでした。

 

降りてきた明に、再会の喜びで号泣する勝次。

一方の明は力ついて寝てしまうのでした。

 

その後、いかだで移動を始めた明たち。

その道中で水のない地帯にたどり着きました。

 

たどり着いた先は上野で、捕まっていた人間たちから聞かされた内容は・・・

 

 

【彼岸島48日後】23巻を読んだ感想

 

まずは、姑獲鳥と明の有利不利の変化が多くて、対戦結果がどうなるかとても気になるストーリー展開だったところがとてもよかったです。

 

この巻の最初で姑獲鳥の顔面が落とされてしまいこれで決着がつくのかと心配してしまいましたが・・・

予想以上の姑獲鳥の生命力があったからこその今回のストーリー展開になったのだと思いました!

 

また、姑獲鳥の本当の武器が素手だったということは予想外でした。

槍が破壊されたことと大ダメージを受けたことがきっかけで暴走したから、槍を投げて素手の攻撃に転じたと思ってしまいました。

 

しかし、ちゃんと設定があったからこそ姑獲鳥の真の力を発揮して明に襲いかかるという展開運びができたということが理解できました。

 

次に良かったのは勝次の救出劇。

あれがあったからこそ二人の戦いの舞台がドーム全体になり、さらには決着がついたドーム外に展開できたという点が良かったと思いました。

 

続いて、とどめを刺した姑獲鳥の最後の願いを聞いた明の対応が予想外!

吸血鬼は容赦なく倒すという明なので無視すると思いましたが、戦いが終わればノーサイドの精神が働いたからなのか今回の行動に出たのだと思いました。

 

最後に、今回の終わり方がよかったです。

姑獲鳥編が終わり、新章への導入という点で姑獲鳥編で終わらせても良かったと思いましたが、今回の終わらせ方で次は国会議事堂に向かうということを読者に印象づけさせていますよね。

どういう事になるか考えさせるという意味合いがある終わり方で次巻が楽しみになりました^^

 

Sponsored Link

【彼岸島48日後】23巻結末までの見どころ紹介

 

一つめは姑獲鳥の生命力です。

冒頭で顔面を半分に両断されてもまだ生きており、さらには首を切られても少しの間は生きていました。

特に半分に顔面をやられた以降、武器が槍からすでに変わり、ドーム内の様々なところでの戦いが展開されてとても面白かったです。

 

二つめは勝次の救出です。

まず、これを考えたのがネズミだったということに驚いています。

臆病なネズミなので絶対に彼が考えるなんて思いませんでした!

 

鮫島も驚くほど今回のネズミの行動はとてもよかったです。

そして、勝次を救出した後に雅の旗目掛けて飛んだというのも何か意味があるような気がしました。

 

三つめは姑獲鳥との勝負の決着の付け方です。

天井での戦いの際に飛ばしたワイヤーの近くに明がいたというのはあまりに無理があると思いました。

しかし、これがあったからこそ決着をつけることができたのでこれがなければ負けていたのかもしれません。

 

そして、倒した後の明の珍しい対応も見どころです。

いままで吸血鬼は容赦なく倒していましたが、今回珍しく吸血鬼の頼みを聞くという展開があります。

ですがこれは互いの強さを認め合ったからこそできた事であると思います。

 

そして、最後は明の寝顔です。

いままでほとんど見たことがない明の寝顔を見れたのはとても良かったです^^

 

【彼岸島48日後】23巻結末ネタバレ感想まとめ

以上、彼岸島48日後シリーズの23巻の結末までのネタバレ感想や見どころをお伝えしました!

23巻では明の意外な一面が見れた巻でもあったと思います^^

次の24巻の展開にも注目ですね!

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました