スポンサーリンク

映画ヒノマルソウルの評判は面白い面白くない?つまらない口コミ感想は?

映画

田中圭さんや山田裕貴さんなど実力派俳優たちが実在の人物を演じていて話題の映画【ヒノマルソウル】。

実際にあった実話を元に再現している話なのもあって感動的なんですよね(/_;)

 

長野オリンピックの実話ストーリーで田中圭さん主演という事もあり、世間の評判がどうなのかも気になってきませんか??

今回の記事では、映画ヒノマルソウル-舞台裏の英雄たち-の口コミ評判や感想・評価は面白いのかつまらないのかどちらに分かれているのかなども調査してお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

映画【ヒノマルソウル】みどころをネタバレ

 

日本中が歓喜で沸いた、1998年の長野オリンピックでのスキージャンプ団体戦の悲願の金メダル。

この栄光の裏には、実は日本の為に共に戦った25人の名も無き英雄達・テストジャンパーの存在がありました。

 

選手では無い彼らがメダルの為に命をかけて飛んだ舞台裏の真実がついに明かされます!

 

内容をあらすじネタバレすると、オリンピックの金メダルを目指し特訓を重ねていた西方仁也は、ある日練習中に怪我を負いオリンピックへの夢が奪われてしまうんですよね(/_;)

日本代表になれなかった西方が行う事になったのは、テストジャンパーという裏方の仕事

 

テストジャンパーの仕事はシュプールと呼ばれる溝に詰まった雪を取り除き、毎朝ジャンプ台を飛んで安全性を確かめる事。

これは、選手が安全に飛べるようになるまで何度も何度も繰り返し飛ばなければいけないんです。

裏方の仕事ゆえに地味で、当然観客も居ないので拍手も歓声も無い中で黙々とこなさないといけないキツイ仕事なんだよね。

 

迎えた長野オリンピックの当日、天候の関係で日本は4位のまま競技が中断してしまうという事態が起きます。

このままだとメダルは取れないという状況の中、競技を再開させる方法はただ1つ。

それが、悪天候の中でのテストジャンパー達のテストジャンプの成功でした。

 

日本代表に金メダルを取らせるため、そして仲間の為に危険すぎる命をかけたテストジャンプに挑みます。

自分たちが飛べなければ日本代表のオリンピックはここで終わってしまう・・・そんな中での奇跡の大逆転を起こすために行動した25人全員のテストジャンプは感動的です( ;∀;)

 

\ヒノマルソウルの小説版もチェック/

スポンサーリンク

映画【ヒノマルソウル】世間の口コミ評判や感想・評価は面白いつまらない?感動するし泣ける?

 

映画【ヒノマルソウル】は、田中圭さんや土屋太鳳さんのファンはもちろん、小坂菜緒さんのファンの方々などキャストから内容に興味を持った方も多いのではないでしょうか??

 

ヒノマルソウルは長野オリンピックでの金メダル獲得の裏に隠された真実の物語です。

テストジャンパーという存在の意義や選手たちの葛藤、仲間や家族との絆など色々な感情が押し寄せてくるような感動の実話なんですよね(>_<)

 

そして、内容的に面白そうだなと思いつつ、まず気になってくるのは世間の評判や反応ではないですか??

「面白い・つまらない・面白くない・泣ける」とかで分かれたりするかな?

 

映画公開前からも映画関係者の方や試写会の実施で早くから観ている方もいるので、口コミ感想や評価・期待の声なども調査してみましたよ^^

それがこちら▽

 

テストジャンパー達はオリンピックの表舞台には決して立てない。

でも、最終的にテストジャンパー含め選手も全員で取ったメダルだと感じさせられるラストの展開は特に泣けるし感動的です(/_;)

 

\ヒノマルソウルのオフシャルブックもチェック/

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【ヒノマルソウル】感想レビューは泣ける!撮影秘話をネタバレ

ここでは撮影秘話などもネタバレ紹介していくよ。

 

映画【ヒノマルソウル】の主人公・西方仁也を演じる田中圭さん。

もう皆で飛ぶしかないという場面でも西方は最後の最後までうじうじと中々決断しない役だったり、そういったリアルな裏側が印象に残ります。

皆が飛ぶ姿を見て、それに影響されて西方もついに飛ぶ流れはやはり感動的です( ;∀;)

 

当時の裏話も紹介していくと、田中圭さん自身が印象に残っている好きなシーンの1つはコーチの神崎役を演じている古田新太さんとトンネルの中を歩いている場面

無言の見つめ合いでやり取りしているシーンがあるのですが、実は古田新太さんは田中圭さんの役柄の名前を忘れてしまっただけという事があったんですよね(笑)

 

それでもぎりぎりOKになっているので、ある意味見どころシーンかもしれません( *´艸`)

この場面以外でも何度か名前を忘れた事があるんだって(笑)

 

田中圭さんの撮影期間の想い出としては、泊まっている白馬のホテルで眞栄田郷敦さんと山田裕貴さんと3人でお風呂に入った事。

 

その時外国の方も温泉に入っていて、眞栄田郷敦さんが英語ペラペラなので話したりしてコミュニケーションをとったりもしたのだとか^^

しかも郷敦さんに至っては、外国の方とLINEも交換したというフットワークの軽さに驚きです(笑)

 

ロケ地では皆さん食事も楽しんでいて、田中圭さんのお気に入りだったのは特に中華とイタリアン。

ピザをたくさん何食べたそうで普段の印象通りに食が好きなんですね♪

宿では皆で卓球やビリヤードをしていたりとゲームも楽しんでいたっていうから仲が良いなあ。

 

土屋太鳳さんが印象的だったのは、田中圭さん達テストジャンパーが悪天候の中飛ぶと決意したシーン。

田中さんとは家族のシーンが多かったので、やはり改めてこのシーンを観たときは感動したのだとか^^

 

悔しさがにじんだ田中さんを、妻として受け入れる覚悟や強さが伝わるように意識した『おかえり』と言うシーンは田中圭さんが感情的になるシーンでもあるので見どころの1つです。

 

ちなみに、土屋太鳳さんは田中圭さんとの家族の撮影が主で短期間で撮影していた事もあり、意外にもテストジャンパーの人たちとの撮影シーンはあまりありませんでした。

 

小林賀子役の小坂菜緒さんは、オリンピックがこれで終わってしまうかもしれないという場面で彼女の言動でテストジャンパー達のその場の流れを変えるという大事なシーンを担っています。

 

小林賀子だから言えたセリフであり、その当時は無かった女子ジャンプという種目。。

無いながらも、自分がオリンピックの舞台でジャンプが出来るという喜びや、今後もし自分が女子ジャンプの種目で活躍出来たら・・・

という夢を持ったセリフだからこそ、言葉に力強さを感じる名シーンとなっています^^

 

1人の女子高生テストジャンパーが大人を動かすことが出来たシーンだから印象に残る!

ですが小坂菜緒さんは実は高所恐怖症なので、ジャンプ台の撮影中は高所での撮影が本当に怖かったでしょうね(゚Д゚;)

 

ちなみに、撮影地では撮影が無い時は田中圭さんに教えてもらったハンバーグが美味しいお店などを巡ったりして楽しんでいたのだとか♪

 

スキー場での撮影が多かった皆さんですが、撮影時期は意外と雪が無かった事で困ったり怪我をしないようにということで個人的にスキーは出来なかったらしく残念ですね(>_<)

 

スポンサーリンク

映画【ヒノマルソウル】口コミ評判や評価・感想などまとめ

以上、映画ヒノマルソウルの口コミ評判や評価・感想レビューなどもまとめてお伝えしました!

撮影秘話として裏側事情などもネタバレでお伝えしましたが、現場はきっと仲が良かったんだろうなという雰囲気が伝わってきますよね♪

実際にオリンピック当日何が起こって誰が裏で支えていたのか、感動的な結末に注目です^^

 

Sponsored Link