スポンサーリンク

映画【ベイビーブローカー】ラスト結末ネタバレ感想!最後の展開も泣ける

映画

 

2022年6月24日に公開された韓国映画【ベイビー・ブローカー】。

「海街diary」や「万引き家族」などを手掛けた是枝監督の初の韓国作品としても注目されています。

 

そんな映画ベイビーブローカーの最後がどうなっていったのか気になりませんか??

今回の記事では、映画【ベイビーブローカー】のラスト結末の最後までのネタバレと実際に観た感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

映画【ベイビーブローカー】ラスト結末までをネタバレ

 

映画ベイビー・ブローカーのネタバレはこちら▽

ソヨンの秘密とドンスやサンヒョンの過去が明らかに

 

普段は古いクリーニング屋の店主サンヒョン(俳優:ソンガンホ)と、もうひとりは児童養護施設で働く男ドンス(俳優:カンドンウォン)。

彼らの裏家業は、赤ちゃんを高く売るためのベイビーブローカーです。

 

ある雨の夜、若い女ムンソヨン(俳優:イジウン)が赤ちゃんポストに置き去りにした赤ちゃんを連れ去った二人。

ソヨンがその場所に戻ってきた際にはすでに赤ちゃんはおらず、警察に通報しようとしたところに二人に出会います。

 

それから3人は仲間のように車に乗って移動し、ソヨンの赤ちゃんを高く売るために津々浦々国内を移動して養子に出す夫婦を吟味しながら探していくことになります。

そこには常時、警察が張り込みのような形で逮捕の機会を探っていきます。

 

あわせて、その赤ちゃんの母親ソヨンには大変な真実が隠されており、その件について逃げていた理由があったのです。

逃げるお金の必要性もあり、ブローカーの二人とはウィンウィンの関係のような形で動き出しています。

 

実はソヨンは、我が子の赤ちゃんの父親を手にかけており、その亡くなった父親とは交際していたというよりは、別の不埒な関係だったようです。

その赤ちゃんを、ソヨンが面倒を見る話も出てきていました。

 

赤ちゃんの売り手先(養子に出す先)からは意外にも赤ちゃんの容姿に注文がついたりと、養子に出すこともなかなか厳しくスムーズにはいかないもの。

それでもやはり生みの親ともなれば自身の子どもにケチがつくなら黙っていられない、という態度をIU(イジウン)が熱演しています。

 

また、クリーニング屋のサンヒョンは、なにやら借金があるようで、甥が取り立てまがいの輩となって店舗に来訪していました。

 

ドンスは自身も児童養護施設育ちであり、母親の迎えを信じて待っていましたが結局来なかった過去を持っています。

それもあって、赤ちゃんポストに置き去りにした我が子を結局は翌日には迎えに来ていたソヨンに特別な思いを抱いていたのかもしれません。

 

ただ、恋愛模様の描写はほとんどありませんが、ドンスの心はソヨンに持っていかれていた風でソヨンからゆくゆくは注意警告を受けています。

 

赤ちゃんのブローカー先を探す途中にドンスが育った児童養護施設に立ち寄り、そこでもそのような心情を見せていたドンス。

施設の子どもたちや職員の人々からは歓迎されている人気者だったようです。

 

へジンの仲間入りとそれぞれの最後

 

そしてその児童養護施設からはなんと、ヘジンという明るくやんちゃそうな男の子が黙ってサンヒョンの運転するクリーニング屋の車・ブローカーとソヨン一行の乗る車の後部に忍び込み、付いてきていたという展開に!

 

途中で警察か検察による検問のようなシーンがあったのですが、そのヘジンがとってもいい役割をこなしていました。

へジンの存在によって事なきを得て、ブローカーと赤ちゃんの母・赤ちゃんと施設脱走の子どもによる妙なチーム関係の中、家族を装い突破することに成功しています。

 

ヘジンは検察の方に、家族で遊園地に行くのだとほほえましく伝えたのでした。

また、その時運転免許証を見せたことによって、それまでサンヒョンが違う名前を名乗っていたこと、そしてソヨンもそれまで違う名前を名乗っていたことを自白して、次々とみんなの心が歩み寄っていきます。

 

途中またサンヒョンの甥が借金の請求に顔を見せたり、警察とソヨンが近づき、会話する波乱がありましたが、キーポイントはソヨンと警察の歩み寄りだったのかもしれません。

 

サンヒョンは、実は離婚して娘がいるお父さんでした。

レストランでその娘と会っている際、娘の方から、母親に子どもができたので新しい家族が出来るという話をしていた時のサンヒョンと娘の寂しそうなシーンがあります。

サンヒョンがとても寂しい姿を見せていたのが印象的です。

 

その後、クリーニング店に戻ったのか否かは不明であり、のちに行方不明のままストーリーを終えます。

最後は空港のロビーのような場所のシーンでした。

 

ドンスはブローカーの容疑で偽物の家族の集っていたホテルの部屋にて逮捕され、ヘジンは児童養護施設に戻ったことがわかりました。

ヘジンは相変わらず施設へ戻っても脱走癖があるのか、ヒッチハイクで何処かへ行くことを試みているシーンが見られました。

 

最後は偽物の家族一行となったみんなが、離れ離れになる結末。

母親となったソヨンは自白し、刑事さんに我が子を預けて、社会に出て働くようになるところでストーリーは終わりとなります。

 

映画【ベイビー・ブローカー】レンタル開始日や配信予定の最新情報まとめ

スポンサーリンク

映画【ベイビーブローカー】は最後の展開が泣ける

 

わたしは映画初頭からもう号泣していました(/_;)

なぜたかほとんどの時間涙が止まらず、リアリティが強く、ファンタジー色強めのフィクションではなくノンフィクションのドキュメンタリーのように感じて見ていました。

 

このような世界が、実在しているのだという事に触れられた社会派映画だと思っています。

色んな組織や社会には表に出ていない、IUの過ごしていた場所のようなところがきっとあるんだと感じています。

 

最後の皆が離れ離れになっていく展開もまた泣けるんですよね・・・

 

わたしは是枝監督の作品は初めての視聴になりましたが、これを機に他の作品も見てみたいと思えるような印象的な映画でした。

そして久しぶりに見たカンドンウォンはやはり、カッコいいです♪

 

>>映画【ベイビー・ブローカー】レンタルいつからで配信予定や無料で視聴する方法は?動画配信はどこ?

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【ベイビーブローカー】見どころと感想

 

個人的に印象的だったのは、IU(イジウン)演じるムンソヨンが、自身の子どもを置き去りにしていく様子のシーン。

わたしは自身もひとり親なので、大変だというワンオペのその気持ちと、彼女が演じられた佇まいに共有し、涙が止まりませんでした・・・。

IUの演技の深さが何だろうかもう、IUには見えず、「子どもを置き去りにした若い女」と認識させられた。

 

一つの車にブローカーと乗り、自分の赤ちゃんの売り手(貰い手・養子に出す家)を探しに行くのですが、その道中でブローカーや、ソヨンや、施設からこっそりついてきたヘジンという男の子のやり取りがとても愛らしいんですよね( *´艸`)

 

中が深まっていく様子のなかにあたたかさも感じて、暗闇の中の人生の中にある素敵な時間を感じることが出来ました。

 

子どものヘジンは施設で育ち暮らしていますが、性質はとても明るく前向きだと感じます。

映画の中では、養子になるためには不人気な性格という立ち位置になっていました。

 

その子供がどことなく私の息子の性格や雰囲気に似ていたので、客観的に自身の子どもを見るとこのように映るのかな、と面白い体験をした感覚もありました。

子供を扱う作品なので、実際にお子さんが居る方には特におすすめしたい映画です^^

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、映画【ベイビーブローカー】のラスト結末までのネタバレと実際に観た感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしました!

 

韓国映画ですが日本でも話題になっているベイビー・ブローカーは、扱っている題材が社会的な問題にも関わっているのかなと感じられるストーリーとなっています。

 

暗い展開が続くわけではなく途中で温かさも感じられる内容なので、ぜひ実際に映画も観てみてくださいね^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link