スポンサーリンク

映画シン・ウルトラマンのラスト結末ネタバレ感想!最後は斎藤工が死亡する?

映画

 

2022年5月13日に公開された人気原作漫画の初の実写映画【シン・ウルトラマン

斎藤工さんや長澤まさみさんなどの出演者が豪華なのも話題ですよね!

 

そんな映画シン・ウルトラマンの最後がどうなっていったのか気になりませんか??

今回の記事では、映画【シン・ウルトラマン】のラスト結末の最後までのネタバレ・実際に観たネタバレ感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

映画【シン・ウルトラマン】ラスト結末ネタバレ①

 

ある日突然、巨大生物(禍威獣)カイジュウが日本に出現するところから物語は始まります。

同じく庵野秀明監督の「シン・ゴジラ」の世界観と近いですが、どうやらゴジラは出現していない世界の設定になっています。

 

その巨大生物は立て続けに6度も出現しますが、何故か日本だけに現れて、日本だけを攻撃する習性を持ち合わせている迷惑な存在。

軍隊や科学者たちの助けによってなんとか6体のカイジュウを倒すことが出来たようですが、その詳細は足早に字幕であっさりと語られるだけです。

 

そして、7体目のカイジュウの襲来が報告されてからが本編の開始。

カイジュウ退治にも慣れてきているのか、素早く対策室が動き出します。

禍威獣特設対策室専従班、通称「禍特対/カトクタイ」と呼ばれる4名のメンバーです。

 

班長の田村君男(たむらきみお)役を演じるのは西島秀俊さん。

結婚指輪をしているため既婚である事が分かる、仲間にも慕われている優しくて頼れるリーダーです。

 

船縁由美(ふなべりゆみ)役を演じるのは早見あかりさんで、汎用生物学者ということで生物学の見地からカイジュウを分析します。

お菓子をバクバクと食べる可愛いシーンも見られますよ( *´艸`)

 

滝明久(たきあきひさ)役を演じるのは有岡大貴さんで、非粒子物理学者ということで物理学の見地からかなり難しい数式の計算を得意とします。

海外の物理学者とも英語で語り合える能力を持っているチームのブレイン的存在です。

 

神永新二(かみながしんじ)役を演じるのは斎藤工さん。

多くを語らず、寡黙な青年で謎が多いメンバーです。

 

カイジュウが暴れ出したところ、見たことも無い銀色の巨人が現れました。

その巨人はカイジュウを倒そうとしているように見えますが、この混乱の中で小さな子供が逃げ遅れていました。

 

危ない状況に気が付いた神永新二は、子供を助けようとして命を落としてしまいます。

銀色の巨人はカイジュウを倒すことに成功したのですが、神永が戦いに巻き込まれ、亡くなってしまったことに罪の意識を感じ、自分が乗り移ることで神永の命を助けることにしました。

 

何事もなく戻ってきた神永に、禍特対のメンバー達は疑うこともなく本物だと信じていましたが・・・

 

>>映画【シン・ウルトラマン】レンタルいつからで配信予定や無料で視聴する方法は?動画配信はどこ?

スポンサーリンク

映画【シン・ウルトラマン】ラスト結末ネタバレ②最後は斎藤工が死亡する?

 

銀色の巨人は果たして人類の味方なのか?何処へ消えてしまったのか?

正体を探るために公安から長澤まさみさんが演じる、浅見弘子(あさみひろこ)が分析官として出向してきます。

 

何も知らない浅見弘子は神永新二とバディを組んで銀色の巨人を「ウルトラマン」と名付け、その正体を探り始めます。

しかし、やがて地球外から外星人が現れて、それを倒す過程でウルトラマンの正体は神永新二だと世界中にバレてしまいます。

 

人間が巨人になれるという特殊能力は争いに利用するのにもってこいなので、神永は世界中から狙われてしまいますが、カトクタイのメンバー達は神永は悪い人間ではないと理解しているため守ってくれました。

 

最終的に最強のカイジュウ、ゼットンが現れて地球はおろか太陽系まで殲滅しようとしてきます。

人類の力を総結集しても勝てる見込みがないため、誰もが希望を失いかけますが・・・神永は人間の優しさに触れ、恩を感じ、人類を救うためなら命が無くなっても構わないと決意し戦います。

 

カトクタイのメンバー達もゼットンを倒すために英知を集結し、唯一の倒す方法を見つけましたが、ウルトラマンが犠牲になりゼットンと一緒に異空間に飲み込まれる危険がありました。

 

神永はカトクタイの大切なメンバーなのでそんな危険な目に遭わせることはできない、計画を中止するべきだと田村班長は訴えましたが、神永の決意は固く、宇宙空間でゼットンとの最後の対決に突入します。

 

結果、ゼットンを倒すことに成功しましたが、ウルトラマンは異空間に飲み込まれて消えてしまいました。

そこでウルトラマンは同じ光の国からきたゾーフィに語りかけられます。

 

神永はもう死んでしまったから遺体を地球に返してウルトラマンだけ光の国に帰るべきだと言われましたが、ウルトラマンは人間の事が好きになっていたため、それを拒否します。

 

なんとか神永を生きた状態で地球に戻したい。

ウルトラマンと神永の体を分離し、神永を地球に生きた状態で返してくれと頼みます。

 

結果、神永は地球の病院のベッドの上で、心配そうに見守っていたカトクタイのメンバー達に囲まれた中で無事に息を吹き返すのでした。

 

映画シン・ウルトラマンのレンタル開始日や配信予定の最新情報まとめ

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【シン・ウルトラマン】ラスト結末ネタバレ感想と見どころ紹介

 

映画【シン・ウルトラマン】は庵野秀明監督がかなりの特撮映画マニアということもあり、ウルトラマンを昔から好きな人にとっては懐かしい小ネタが散りばめられている為、とても楽しめる映画となっているんですよね^^

 

しかし、私のようにウルトラマンを過去にあまり観たことがない人でも、シン・ゴジラやエヴァンゲリオンが好きな人なら楽しめることは間違いないです。

カイジュウは放射線物質をまき散らし、山を崩し建物を破壊するすなわちゴジラであり、エヴァンゲリオンで言うところの使徒でもあります。

 

ある日突然、人類を脅かす自然災害・・・世界中で起こる争いと置き換えてみれば空想映画と言えどリアリティがあります。

カイジュウ達は物理的攻撃だけでなく、心理的攻撃においても人類を支配しようとしてきます。

 

海外諸国は自分たちの利益ばかりを考えて、日本に爆弾を投下しようとしたり、ウルトラマンを争いに利用しようと考えていますが、謎の巨人ウルトラマンは日本人の優しい心に触れて、自分の命を捨ててまで人類を救いたいと思い、恐ろしいカイジュウ達と戦ってくれます。

 

ここまで人間味のあるウルトラマンは格好良すぎだし、みんな好きになるに決まっていますよね!

カトクタイのメンバーも、完ぺきではないし癖のある人ばかりなのですが、みんな可愛げがあり憎めない人たちばかりです^^

 

神永は最初、人間は個体として生きているから他者と関わる必要はないと言っていましたが、浅見弘子が肝っ玉母さんのようにお尻をバシン!

と叩いて気合を入れてくれたあたりから、人間は関わりあっているからこそ生きているのだ、ということに気付き、どんどん心を開いていく心情の変化が見ていて面白かったです。

 

恥ずかしながら、ウルトラマンがここまで深い心情を描いている物語だとは知りませんでした。

ウルトラマンを見て育った大人が楽しむ娯楽映画としても最高ですし、難しいセリフも多数出てきますが、子供にも見せたい映画です^^

 

スポンサーリンク

映画【シン・ウルトラマン】ラスト結末ネタバレ感想と見どころ紹介!最後の展開もまとめ

以上、映画【シン・ウルトラマン】のラスト結末までのネタバレと原作漫画との最後の違い・実際に観たネタバレ感想や見どころ紹介などもまとめてお伝えしました!

 

シン・ウルトラマンは子供から大人まで楽しめるストーリーになっていますし、家族で観る映画としてもおすすめです♪

Sponsored Link
Sponsored Link
◆Amebaマンガの実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
映画
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!
気まぐれブログ