ゼロ一獲千金ゲームエピソードZERO城山小太郎編のネタバレ感想!結末が衝撃!

今大注目のドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」。

命からがら謎を解いて生還した第5話の放送終了後、動画配信サービスのHuluでの限定配信のオリジナルドラマ「ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編」が配信されています!

ドラマ放送後の限定配信はこれで2回目で、1回目は山口カズヤ編で増田貴久さんが主役でした。そして、今回の城山小太郎編は手越祐也さんが主役の話となっています。

今回は、その「ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編」ネタバレ内容をお伝えしていきます^^!

Sponsored Link

ゼロ一獲千金ゲームエピソードZERO城山小太郎編のネタバレ

※以下、ネタバレ内容を含みますのでご注意ください※

仲の良い友人たち4人とバーベキューをしている城山小太郎(手越祐也)

友人1人の誕生日をサプライでお祝いしたりと、大事な仲間たちとの時間を過ごしているように見える・・・

が、城山小太郎は仲間のホッシーアイちゃんケイスケと一緒に「友達をレンタルする会社、ぐっとフレンズ」を経営していた。

この誕生日をお祝いしてあげた人は、お客のさわむらだったのだ。

お客さんも喜んでくれて、仕事は順調。

気遣いの出来る小太郎の事を皆も尊敬して仲間とも上手くいっているように見えたのだが・・・。

小太郎は、監視カメラで友人たちの事を監視して情報を得るような事をしていた。

ある日、以前バーベキューで友達のレンタルを利用してくれたさわむらが、衝撃の事実を告げる。

さわむらがバーベキューの時の集合写真をSNSに載せたら、城山小太郎(手越祐也)に対する批判のコメントが多く届いたのだ。

小太郎には、高校時代いじめを受けて友達の居ない過去があった。

それを知る当時の同級生たちが、その写真に写る小太郎に対してコメントを送っていたのだ。

お金を払って友達をレンタルしたのに、これはどういう事だと激怒するさわむら

謝れと言うさわむらを、小太郎は殴ってしまう。

友達が欲しいという気持ちが誰よりも分かるからこそ、小太郎は友達をレンタルできる会社を経営していたのだろうか?

その過去が仲間にも知られて、ネガティブな思考になっていく小太郎。

小太郎を気遣うホッシーにさえ、批判的な言葉をあびせてしまう。

何日も事務所を留守にした小太郎を待っているという連絡を貰った小太郎は、手にしたと思った友情が一瞬で壊れてしまったように見えたが、まだ大丈夫だったのかと思い直す。

これまで皆にプレゼントを渡していたのも、優しく接していたのも、皆を上手くコントロールしようとしていたからだ。

しかし、皆はここを辞めると言い、会社を去ってしまう。

裏の本性が現れてきた小太郎に、それまで尊敬していた仲間たちは心が離れていってしまったのだ。

小太郎は監視カメラの内容も確認し、自分の事を悪く言う皆の話を聞いてしまう。

『裏切りやがって!!!』

小太郎の中で何かが音を立てて壊れた瞬間だった。

小太郎の会社を辞めた3人は、他のレンタル友達の会社で働き始める。

ある日3人に城山という依頼主から、一緒に遊園地に行くという指名が入る。

3人が待ち合わせ場所に行くと、そこに現れたのは小太郎だった。

そう、小太郎の名前は城山小太郎だ。

何があるのかととまどい、おびえる3人が連れてこられたのは、会員制のネット配信番組。【プチ一獲千金ゲーム 】電気がビリビリ、クイズビリオネラというクイズ会場だった。

そこにはすでに参加している人たちがおり、人数は小太郎達と同じ4人。

彼らは、椅子にそれぞれ座って手首を固定されて動けないという異様な雰囲気だった。

面白そう。と言う3人だが、目の前で信じられない事が起こる。

先に参加していた4人の内の1人の女性が答えを間違えた時、電圧50ボルトがその人以外の3人に流れたのだ。

不正解だった場合はイスに電気ショックがかかり、回答者以外に電圧が流れるという仕組みだった。

回答は順番制で、正解すれば電気ショックはなし。

しかし、正解不正解に関係なく1つ出題ごとに5ボルトずつ電圧の設定はあがっていく。

このクイズのルールとしては、いくら回答を間違っても、電気ショックに耐えられるのであれば失格にならない。

しかし、リタイアしたら賞金は一切貰えない。

小太郎は、100ボルト(賞金100万円)を目指していると3人に話した。

そんなの死んでしまう・・・。と怖がるアイ。

小太郎は、正解すればいいし、いつだって無理だと思えばリタイアすればいいだけと話す。

3人が居なくなってから、正直生活が苦しいからこれでお金が入れば助かる。

と言う小太郎に、3人は辞めた後ろめたさもあって協力をすると約束した。

4人はイスに座り、クイズゲームが始まった。

問題は10ボルトから始まり、最初の回答者は小太郎。

出題された問題は、調味料のさしすせその「そ」は何?というもの。

これなら簡単だから安心。そう感じていた3人だが、小太郎は「ソース」と答えて間違い、小太郎以外の3人は10ボルトの電気ショックをあびた。

15ボルト、20ボルト、25ボルトと問題が進むごとにボルト数は上がるが、ホッシーとケイスケとアイちゃんはそれぞれ無事に答えていく。

そして一周回って30ボルトの時に小太郎に回答が回ってきた。

出題は、浦島太郎に玉手箱をくれたのは?というもの。

簡単な問題に安心した3人だったが、小太郎はまた答えを間違い、3人に30ボルトが流れる。

そしてまた回答者は一周し、50ボルトになった時に小太郎に回答が回ってきた。

しかし、この問題もまた小太郎は間違えてしまう。

その様子に、3人はようやくおかしく思い、『やっぱりわざと間違えてる!』と騒いで50ボルトが流れる前にリタイアを申し出る。

しかし、『いいえ、リタイアしません』と小太郎が言い出し、クイズは続行。

そう、リタイアは【全員一致の場合のみ】認められるルールだったのだ。

それからまた回答者は回っていき、ついには90ボルトの問題も小太郎は間違えた。

3人は当然リタイアしたいが、小太郎だけが続行を申し出るのでクイズは止まらない。

そして、3人には容赦なく90ボルトの電気ショックが襲う。

そして、ボルト数が100に達した問題をケイスケが見事正解し、目標の100万円になったからやっと終われる!と3人が安心する。

しかし、まだクイズは終わっていなかった。

小太郎は、100万円を放棄してさらなる次の問題へと進むことを選んだ。

その状況に混乱したアイは、自分に回ってきた簡単な足し算の問題を上手く答える事が出来なかった。

105ボルトが、アイ以外の3人に流れる。

ケイスケはそれに激怒し、『この馬鹿が!!』とアイをののしる。

アイもそれに対して逆切れし、雰囲気も最悪な物へと変わっていく。

3人が仲間割れしだした状況に、小太郎は1人笑い出す。

仲間をののしり合う君たちの顔、とってもチャーミングだよ。友情ごっこなんかよりこっちの方が楽しいや。』と言い出し、本性を現した小太郎を3人は信じられない物を見るかのような目で見ていた。

また順番は小太郎に回るが、なんとここでスペシャル問題となり、ボルト数は一気に200ボルトへ。

そして、1番の小太郎が問題を出題し、他のメンバーが回答していくという形式に。

正解なら、賞金は一気に200万円。

そこで小太郎が出した、驚きの問題とは・・・?

ここからが本当に衝撃的なので、ぜひ、実際に見てラストを確かめてみてください!

驚きと怖さと悲しさが全部詰まった終わり方になっています。

気になる続きを見たい方はこちらからどうぞ!

7月15日22時から放送スタートした『ゼロ 一獲千金ゲーム』。 1話やこれまでの回を見逃してしまった!というあなたに、7月15日に放送...

今回の「ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編」も見方は同じです。

ゼロ一獲千金ゲームの全話と、「ゼロ エピソードZERO」
シリーズを全て無料で見る方法をお伝えしています^^

エピソードZERO城山小太郎編の感想

何と言っても、小太郎の闇が深すぎる!!!

見ていて悲しくなってきてしまいますね(^^;)

高校時代にいじめられて友達もできなくて、その辛さと悲しさから、小太郎は本当の友達の作り方もきっと分からなくなってしまったのだろうと思います。

むしろ、友達なんて必要ない。自分がコントロールしてやる。

というように言っていましたが、きっと本心では本当に心を許せる友達が欲しかったんですよね。

あの日、自分の過去がばれた時に素直にその事を認められていたら、彼ら4人の友達関係は壊れなかったかもしれません。

小太郎は、自分からその関係を断ち切ってしまいました。

そこに気がつけないでいるというのも、また悲しいところですよね。

特に最後の自分が問題を出すシーンは、小太郎の全ての想いが込められた出題でした。

あそこを見ておくことで、ドラマ本編第6話に出てくる小太郎の事がよく理解出来ると思います。

Sponsored Link

エピソードZERO城山小太郎編の注目ポイントは?

手越祐也さんの感情を込めた演技が素晴らし過ぎて、表情もとても分かりやすかったです。

段々と心の闇が外側に出てきて、少しずつ壊れていく様子がよく分かりました。

あと、3人が辞めていった後に小太郎から友達レンタルの依頼が入った時、私は2度驚きでした。

1つ目は、小太郎の苗字が城山だという事に誰も気が付かなかった事。

2つ目は、小太郎がそこの友達レンタル会社の過去の常連客だったということ。

長く一緒に働いているんだから、小太郎の苗字くらい覚えておけよ!!

と思いましたし、

小太郎がずっと友達をレンタルしていたのだという事実も、想像すると悲し過ぎました・・・。

やっぱり、小太郎は寂しかったんですよね(>_<)

でも、どうやって友達を作ればいいかが分からず、こんな事になってしまった。

小太郎の不器用さが、さらに小太郎自信を追い詰めていったのだと思います。

エピソードZEROって、なんでこんなに毎回悲しいんですかね・・・。

まとめ

以上、「ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編」のネタバレと感想をお伝えしました。

あと出てきていないのは小山慶一郎さんのみ。

ドラマ最終回の近くでまた重要人物として現れそうですね!

その時のためにも、今までの話とエピソードZEROを復習しておきましょう♪

「ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編」を含む、
これまでの全ての回を無料視聴する方法はこちら

7月15日22時から放送スタートした『ゼロ 一獲千金ゲーム』。 1話やこれまでの回を見逃してしまった!というあなたに、7月15日に放送...

Sponsored Link