輪島大士の死因は病気でがん?家族は奥さんと高校生の息子?

第54代横綱の輪島大士(わじま・ひろし)さんがお亡くなりになりました。

昔とんねるずの番組でも活躍していた事から、タレントとしての輪島大士(わじま・ひろし)さんの印象が強い方も多いようです。

今回は、輪島大士(わじま・ひろし)さんが70歳と言う若さでお亡くなりになった死因と、奥さんや子供など家族について調べてみました!

Sponsored Link

輪島大士(わじま・ひろし)さんの死因は病気でがんだった?

9日、輪島大士(わじま・ひろし)さんについてのニュースが以下のように配信されました。

大相撲の第54代横綱で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日分かった。70歳。石川県出身。

輪島氏は、金沢高、日本大学と相撲部で活躍。大学時代には2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得した。日大卒業前の1970年、花籠部屋に入門し、同年1月場所に幕下付出で初土俵。幕下を2場所連続で全勝優勝して当時の最短記録で十両入りし、4場所の十両を経て、初土俵から1年で新入幕を果たした。

1972年9月場所後に大関昇進、大関4場所目の73年5月場所を全勝優勝とし、場所後に横綱に推挙され、第54代横綱に。初土俵からわずか3年半のスピード出世だった。横綱時代は故・北の湖前理事長としのぎを削り「輪湖(りんこ)時代」を築いた。

輪島氏は81年春場所で引退。花籠部屋を継承したものの、金銭問題などで85年12月に日本相撲協会を退職した。その後はプロレスラーに転身。

13年12月には咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況に。15年11月20日、北の湖前理事長が多臓器不全で62歳で死去した翌日には、発声不可能のため、文書でコメントを寄せ「俺はもう少し頑張る。(理事長には)よく頑張ったね、お疲れさまと言いたい」と弔いの言葉を贈っていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000093-spnannex-spo

お亡くなりになった原因はまだ報道されていないのですが、上記のニュースからもわかるように、輪島大士(わじま・ひろし)さんは咽頭がんを患っていました。

それが原因でということは書かれていないのではっきりとは言えませんが、70歳と言う若さでお亡くなりになったということは過去のこの病気も関係している可能性が高いと思います。

男女比から見ると、男性の方が女性よりも咽頭がんになる可能性が高いです。

音楽プロデューサーであり歌手のつんくさんが以前喉の病気になって声を失った事で話題になっていましたね。

声が出せなくなるのは本当に精神的につらいだろうなと思います。。

輪島大士(わじま・ひろし)さんの家族は?

輪島大士(わじま・ひろし)さんの家族については、とんねるずの番組で出会った方と結婚している事が分かりました。

お子さんについては、輪島大士さんがなんと51歳の頃に生まれた息子さんがいます。

現在は高校3年生か、大学生くらいの歳ですね。

70歳と言う若さでお亡くなりになったのも残念ですが、このお年で高校生(もしくは大学生)のお子さんがいることに驚いてしまいました。

Sponsored Link

まとめ

以上、とんねるずの番組にも出演するなどして人気のあった第54代横綱の輪島大士(わじま・ひろし)さんの死因や病気・家族についてもお伝えしました。

有名な方がお亡くなりになるのは寂しいですね。。

Sponsored Link