スポンサーリンク

テセウスの船の原作漫画2巻の結末ネタバレ感想!サイコパスの狂気に驚愕!

テセウスの船の原作漫画2巻の結末ネタバレ感想!サイコパスの狂気に驚愕!テセウスの船

猟奇的なサイコパスの犯人がじわじわと動き出そうとしているテセウスの船第2巻。

1巻では主人公の田村心が過去へと飛ばされ、未来を変えるべくそれぞれの事故や事件の阻止を計画します。

 

平成と記載された田村の免許書を見た佐野はどう思うのか・・・?

今回の記事では、佐野との関係性が決まっていくテセウスの船第2巻のネタバレ感想をお届けしていきます!

 

以下で原作漫画を無料で読む方法もご紹介していますよ(^^)

>>テセウスの船の原作漫画1巻の結末ネタバレ感想!佐野の冤罪の真相とは?

Sponsored Link

【テセウスの船】原作漫画の第2巻の前半結末ネタバレ

以下、テセウスの船第2巻の内容ネタバレです

 

田村の免許書を見てしまった佐野は、妻の和子にその内容が平成だった事について驚いて報告します。

怪しがる佐野に対し、和子は田村は何か事情があるのだろうと暫く内に居てもらう考えを伝えるのでした。

 

田村は部屋で村の様々な事件についてまとめたノートを見返します。

1月12日の明日は木村さつきという学校教員の父親が車で事故を起こす予定の日です。

 

過去を変えられるとして、元々の未来への影響はどうなるのか?

そしてそもそも現代に帰れるのかすら分かりません。

 

田村は今は考えることをやめ、車の事故が予定されている木村の家へ向かいます。

雪崩が起きる警告をしますが話すら聞いてくれない様子。

 

そのまま車で仕事に向かってしまった木村を見ていると、ちょうどそこに佐野のパトカーが。

田村は何とか乗せてもらい木村の車を追います。

 

しかし先を行く車が見えたときにはもう雪崩の予定時刻になり、実際に雪崩が木村の車を襲い・・・

暫くすると間一髪雪崩に巻き込まれずに済んだ木村が姿を現します。

 

田村はまたもや過去を変えることに成功したのです。

予知能力だと喜ぶ木村の言葉に、佐野はあの免許書の平成の文字を思い出すのでした。

 

佐野と家に戻ると、家族全員で母のお腹にいる赤ちゃんの名前はどうするか?

という話題で盛り上がります。

 

シャアやガンダムなどと兄の慎吾がふざけながらも、姉は「」が良いと言い出します。

理由は田村が命の恩人だからです。

※田村の名前は「田村心(しん)」だが元々の名前は「正義(せいぎ)」。
現代で事件の影響を考えて心という名前に母が後から変えている。

 

すると焦ったように佐野が「正義(せいぎ)」という候補をかかげます。

警察官の誇りのようなものだからと言う佐野に田村は正義とは何かと問いかけ、佐野は自分なりの正義の定義を語りだすのでした。

 

一段落して田村が家の外に出ると、そこには警察官を名乗る金丸という男が。

千夏ちゃんの件で田村に話を聞きに来たのでした。

 

駐在所で、威圧的な態度の金丸による田村の取り調べが始まります。

それまでまだトイレに入っていた佐野は、田村はこれから起こる事を知っていたのではないかと考えるのでした。

 

千夏ちゃんについての取り調べは続くものの、どこまでを話せばいいのか迷う田村。

そこに姉と兄が無邪気に走りながらやってきて話は中断されます。

 

ようやく合流した佐野に金丸が田村の荷物を全て持ってくるよう伝えます。

しかし佐野は田村の荷物は雪崩に巻き込まれて無くなり、見つけた除草剤の容器も洗剤だったようだと嘘を話したのです。

※ここで佐野は除草剤の容器を拾っただけだと判明

 

それを聞いた金丸はまた来ると言い残し、意味ありげな顔をして去っていったのでした。

 

2人になった佐野と田村は除草剤の容器について話し出します。

助けようとしたんだろうと言われた田村はそれを認めて、佐野はどこかすっきりしたような顔で天然温泉に誘います。

 

温泉に入った田村は自分が未来から来た事実を伝えます。

そして、これから起こっていく村の数々の事故の未来も伝えるのです。

佐野と田村はそれを2人で防いでいく事にしたのでした。

 

【テセウスの船】原作漫画の第2巻の後半結末ネタバレ

 

田村は夜に布団の中で、現代では叶わなかった父親とのやりとりに感慨深いものを感じるのでした。

次の日、田村の元に雪崩の被害から助かった木村の娘・さつきが訪れます。

※さつきは小学校の事件の被害者予定の教員の1人

 

田村が教員関係の仕事を探している件で来てくれていたのです。

その日は小学校の臨時教員として働ける話が進んでいったのでした。

 

翌日学校の校長と会うと、田村はさっそく来週の新学期から働けることに。

田村はさつき先生から色々と働き方を学んでいきます。

 

構内の案内を受けていると、ふと目についたのは多目的室。

ここが5か月後にあの21人が犠牲になる事件が起ころうとしている現場です。

 

新学期になり迎えた始業式で田村は5年生の担任に就任します。

緊張して挨拶をするものの、その声は小さすぎて周りには聞こえていなかったのでした。。

 

さっそく担当する5年生のクラスに向かった田村は転校生の藤崎くんを紹介します。

すでにクラス全員の名前を把握している田村に生徒たちは驚く様子。

 

授業が終わると女子生徒の三島と田村の姉・鈴が田村をウサギ小屋につれていきます。

無事に仕事を終えた田村が佐野の家に帰ると、佐野お手製のカニラーメーンで就職を祝ってくれたのでした。

 

部屋に戻った田村は事件をまとめたノートを確認します。

田村が受け持つ生徒の殆どが未来に起こる悲惨な事件の被害者です。

 

直近で起こる予定の元議員の田中の心筋梗塞の事を伝えると、佐野はこの町の細かい事件や事故のみに詳しい事に何か不穏なものを感じるのでした。

 

次の日の朝、田村が登校すると生徒たちがウサギ小屋の近くに集まっています。

そこには無残な姿になったウサギと、近くに血のついたスコップが捨てられています。

足跡を隠ぺいした様子もある事から、田村は今後の事件との関係性を感じ取るのでした。

 

職員室で田村はさつきからこのウサギの事件が過去にもあった事を聞かされます。

過去に4話続けて何者かによって命を奪われていたのです。

田村の頭にはなぜか長谷川の姿が映ります。

 

一方佐野は田中さんの様子を見に自宅を訪れていました。

目があまり見えず1人きりで暮らしている体調の優れなそうな田中は、病院には行かないと決めているようでした。

 

佐野が去った後に学校が終わった生徒たちが田中の家を訪れます。

そこには生徒たちと一緒に新聞配達の長谷川の姿も。

いつも給食の残りや薬の管理などを手伝って介護してくれているのです。

 

そんな中、給食の匂いとは別のものを感じた田中はひそひそと誰かに話しかけられたもののその姿はぼやけて見えなかったのでした。

 

後日田中の元を訪れた田村は病院に行くよう勧めますが、医師に家まで来てもらう事でしぶしぶ承諾を得ることに。

 

医師にも見てもらって少し体調が回復した様子の田村の趣味は詩を考える事。

自分は目が不自由なので近くにいる人にその都度ノートに書き起こして貰っています。

 

佐野と田村がそのノートをぺらぺらと見ていくと・・・

ある1つのページに、女の子を黒く塗り潰したような異常性のある落書きの絵を発見したのでした。

 

 

漫画では犯人が録音したテープの音声の記録も記載されています。

読んでみるとどれだけ異常な思考なのか伝わってきて怖い…(゚Д゚;)

Sponsored Link

【テセウスの船】原作漫画2巻結末までを読んだ感想とまとめ

 

漫画の中で詳細に記録が残っていますが、犯人は完全に愉快犯でサイコパスという事が判明しています。

よくドラマでもサイコパスが人を手にかける前にまず動物で試すのはもはやお馴染みの展開!

 

ウサギは首を切られていますしそれ以前にも無残な命の奪われ方をしていました。。

ついに千夏ちゃんに手をかけた犯人は次は田中さんをターゲットに定めています。

 

人をモルモット呼びしているのでおそらく本人は実験的な感覚で犯行に及んでいる模様。

登場人物がどこか闇があるような意味深に描かれている描写が多いので、ますます誰もが怪しく見えてきてしまいます(゚Д゚;)

 

3巻でまた展開が動きそうなのでドキドキですね・・・!!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました