下町ロケット帝国重工の制服がはたらく細胞の赤血球と白血球に見えると話題!

前作も高視聴率を維持していた「下町ロケット」ですが、今期新作の「下町ロケット ゴースト」にも注目が集まっています。

そんな中、帝国重工の技術者が集まるシーンが人気アニメ「はたらく細胞」の赤血球と白血球にしか見えない!と話題になっています。

今回は、そんな類似シーンの画像を集めてどれだけ似ているかを調べてみました^^!

Sponsored Link

「下町ロケット」の帝国重工の制服がはたらく細胞の赤血球と白血球にしか見えない?

下町ロケットといえば出演者が多い印象がありますよね。

だからこそ今期の「下町ロケット」では、帝国重工の技術者たちが集まるシーンがはたらく細胞の赤血球と白血球にしか見えない!

と話題になっているんです。

それではまずは、ネットでの意見を見てみましょう!

下町ロケットが作業着のカラーリングのせいではたらく細胞に見えてくる

帝国重工の現場が・・・はたらく細胞の赤血球たちに見えて^^;

下町ロケット観てたら、赤い人がたくさん集まってきて、はたらく細胞の赤血球と思った

下町ロケット見てるけど赤い服の人や白い服の人いっぱいいてはたらく細胞みたい

帝国重江の赤い制服姿がわーっと集まると、赤血球!!って思っちゃった(笑)

帝国重工スタッフのユニフォームが真っ赤なもんだから、一箇所に集まってきたの上から映した時、赤血球がわらわら集まってきたように見えた

帝国重工のエンジニアが集まっているシーン。
「これ赤血球だよね!!!」

やっぱり下町ロケットはたらく細胞…

引用:Twitter

私も「はたらく細胞」は好きなアニメなので、赤血球っぽいな~とは思っていましたが、「はたらく細胞」だと感じた方は意外と多かったようですね!

これは「下町ロケット」のキャストの多さがそれっぽさを出していますよね!

はたらく細胞の赤血球と白血球に見える画像はこれ!

「下町ロケット」の帝国重工の技術者たちと、「はたらく細胞」の赤血球や白血球たちの画像を比較してくれていた方がいましたのでご紹介しておきます^^

もう、並べてもそうにしか見えませんよね!(笑)

わらわらと集まってくる感じがまさにそうですよね(笑)

というか、それほど多くの出演者が集まっている下町ロケットが凄すぎます!!

ちなみに、「はたらく細胞」はHuluでも配信されているのでおススメですよ♪

動画配信サービスのHulu(フールー)は、初回登録で2週間の無料トライアル期間があります。 この期間は好きなだけ動画を見放題なのであり...

Sponsored Link

「下町ロケット」第2話のあらすじ紹介

はたらく細胞にしか見えない・・・と話題になった下町ロケットの第2話のあらすじはこちら。

殿村(立川談春)の実家へ行き、『トランスミッション開発』という新たな夢を持った佃(阿部寛)。ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利するなど順調そうな佃製作所であったが、ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペの話が白紙になろうとしていた。
特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃製作所とも因縁のある弁護士・中川京一(池畑慎之介)だった……。
そこで、佃(阿部寛)は自社の顧問弁護士である神谷修一(恵俊彰)に相談すると、予想外な答えが返ってきた。ギアゴーストに全面協力することにした佃製作所だったが、度重なるトラブルに難航し、社内は不穏な空気に。特許侵害訴訟からギアゴーストは逃れることができるのか?
新たな挑戦に向け、歩きだす佃たちは果たしてどうするのか!

引用:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/story/

ギアゴーストの特許の件で問題が起こった第2話。

新たな敵と新たな仲間が増えていってこれからの展開に期待が集まります。

イモトの演技もどんどん自然になってきていますよね!

もう普通に女優さんという感じで安心して見ていられます♪

まとめ

以上、「下町ロケット」の帝国重工の技術者たちが「はたらく細胞」の赤血球と白血球にしか見えないと話題の画像などについてお伝えしました。

どんどん面白い展開になってきていて、最後まで目が離せませんね!

Sponsored Link