スポンサーリンク

【ZIP】冷凍調理術のやり方と時短レシピは?豚バラやスイーツの作り方も

【ZIP】冷凍調理術のやり方と時短レシピは?豚バラやスイーツの作り方!お役立ち情報

6月26日のZIPでは、冷凍保存のプロ西川剛史さんが伝授する家庭で簡単に使える冷凍調理テクニックが紹介されました。

暑い夏にぴったりな、解凍しながら調理できる究極の時短法もあるので嬉しいですよね♪

 

今や冷凍は保存テクニックだけではなく、「時短調理・美味しさキープ・栄養キープ」が出来るお得な調理技術になっているんです。

今回の記事では、ZIPで紹介された冷凍術のやり方と時短レシピ、豚バラやスイーツなどの調理テクニックをまとめてお伝えしていきます^^

 

Sponsored Link

【ZIP】豚バラ冷凍術のやり方とレシピ!調理テクニックを紹介

冷凍術のやり方と時短レシピを考案した「冷凍王子」こと西川剛史さんは本も出しています。

 

ではさっそく、ZIPで紹介されたテクニックを見ていきましょう♪

豚バラの冷凍手順はこちら▽

・パックからお肉を出す
・半分をそのままのサイズでラップにくるんで冷凍
・残った半分を4~5センチに切った物をラップにくるんで冷凍

 

●冷凍ポイントその①
冷凍は食べきれる小分けにする

まるごと冷凍して使う分だけ使ってまた冷凍。

という風に再冷凍を繰り返すとうまみが流出してしまうなので小分けに分けておくことが大事です^^

 

●冷凍ポイントその②

ラップの役割として、空気を遮断して食材を乾燥から守るというものがあります。

なので正しいラップの包み方としては、中に空気が入らないようにぴったりと食材を覆う事が大事。

 

空気が入ってしまうと、食材が酸化して味や風味が落ちてしまう原因になるので要注意です。

丁寧に包むようにしましょう^^

 

●冷凍ポイントその③

ラップだけでは丁寧に包んでもどうしても空気が入ってしまいます。

なので、冷凍するときは「ラップ+冷凍用保存袋」の組み合わせが必須!

ラップをした食材をジップロックなどに入れておく事で、両方のWで乾燥から守ることが出来ます^^

 

●冷凍ポイントその④
空気は全力で抜くのがポイント!

袋の中にも空気が入らないように、ジップロックの中心部分だけ少し開けて後は閉じた状態でまず空気を追い出すようにしていきます。

そして、そのまま開けておいた部分を締めていくと、中に余分な空気が残らずにぴたっとした状態で保存することが出来ますよ^^

 

ラップで包む段階で、食材をなるべく薄く平らな状態にしておくと均一に空気を抜きやすくなるのでここもポイントです!

厚かったりぼこぼこした状態だと冷凍や解凍でムラになりやすいですが、薄く平らの場合は解凍時間の時短にもなります。

 

【ZIP】肩ロース冷凍術のやり方としょうが焼きレシピ!調理テクニックを紹介

 

肩ロースは冷凍しながら調理も同時にしていくので、まず冷凍に使うのはラップ無しでジップロックのみ。

調味料と一緒に冷凍していくテクニックです^^

 

●冷凍ポイントその①
冷凍前に下味をつけておく

用意する調味料はこちら▽

・醤油
・みりん
・酒
・ごま油
・しょうが

これらを直接ジップロックに入れて混ぜ合わせます。

 

次に、その袋の中に豚肉を切らない状態で投入。

豚肉を入れたら調味液を全体に絡めるように少し揉んでおきます。

 

しっかりと袋内の空気を追い出して閉じれば、下味冷凍の完成です。

冷凍中に食材に味がしみ込んでくれるなんてお手軽ですよね!

 

解凍の段階でも味が染みていくので、冷凍&解凍の2段階で調理が可能になっています。

つけ込みの時間が取られませんし、絡めた調味料がラップ代わりになってくれるので美味しさをキープする役割をしてくれますよ^^

 

下味が付いているので調理も簡単ですし、解凍した豚肉を中火で焼くだけで豚の生姜焼きが完成してしまいます♪

同じようにいくつか1回分ごとにジップロックに保存しておけば、時間をかけずに料理が出来るので助かりますよね^^

 

Sponsored Link

【ZIP】野菜(きゅうり)下味冷凍術のやり方と酢漬けレシピ!調理テクニックを紹介

 

下味冷凍はお肉だけでは無くて野菜にも応用が効きます。

まずはきゅうりをスライサーなどで薄切りにして塩もみ。

そのまま冷凍しておくと食感が悪くなってしまうのですが、塩もみしておく事で食感が残りやすくなるんです^^

 

塩もみした後、すし酢を加えてさらに混ぜ合わせます。

そして、汁ごとジップロックなどの冷凍用保存袋にIN。

 

汁は抜かないのがポイントで、後は空気を追い出して薄く平らにした状態で袋を閉じていきます。

空気を抜いた後に中身を伸ばすようにしていくと綺麗に平らになりますよ!

これで、冷凍しておいて解凍すれば下味の付いたきゅうりの酢漬けの完成となります。

 

【ZIP】めんつゆ解凍術のやり方とそうめんレシピ!調理テクニックを紹介

 

解凍するのも面倒・・・という方には、夏にぴったりで簡単なそうめんの冷凍調理レシピがおススメ♪

使う材料はこちら▽

・トマト
・パプリカ
・小ネギ
・にんじん
・みょうが

これら5種類を細かく切って冷凍保存してお置き、冷凍した状態のものを用意します。

 

そしてこれをどうするのかと言うと・・・凍ったままパキッと折って、そうめんの上に乗っけるだけ!

ゆでたそうめんの上に凍ったままの5種類の冷凍野菜をトッピングしたら、さらにこの上からめんつゆをかけていきます。

 

この状態で「凍ったままの夏野菜を使ったぶっかけそうめん」の完成です( *´艸`)♪

野菜のうまみもしっかりあって、段々と染み出て来る野菜本来の美味しさを感じることが出来ます。

 

氷を使っていないのでめんつゆが薄まる事もなく良いですよね!

冷やし麺系には全ておススメとの事なので、そばなどとも相性が良いのではないでしょうか♪

 

【ZIP】冷凍調理術スイーツのやり方とレモンソルベレシピ!調理テクニックを紹介

 

レモンソルベのやり方は簡単で、ますが卵一個分の卵白を用意して、ここに塩とグラニュー糖ひとつまみを入れて角がたつくらいまでハンドミキサーで泡立てます。

次に、鍋の中に水を入れ、グラニュー糖を火にかけて溶かしてレモン汁を合わせていれます。

 

冷ましたものをメレンゲに加えて混ぜたら、これを保存袋に入れて薄く伸ばした状態で冷凍しておくだけ♪

後は冷凍した物をお皿に盛り付ければ、「冷凍メレンゲで作るレモンソルベ」の完成です!

 

あっという間に完成して、ふわっとしたスイーツが食べられるなんて最高ですよね^^

どのレシピも簡単で、時短で作れるというのが魅力的です♪

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました