ニセコイ1巻のネタバレ感想!無料で読む方法やサイトもチェック!

今回は、古味直志さん作の「ニセコイ」第1巻のネタバレと感想をお伝えします^^

やっぱりネタバレは読みたくない!という方は、以下の記事で無料で読む方法をご紹介しています♪

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

Sponsored Link

ニセコイ第1巻のネタバレ

以下、ニセコイ第1巻のネタバレ内容になります。

幼い頃、一条楽は初恋の少女と結婚の約束をします。

「ザクシャ イン ラブ(愛を永遠に)」という誓いの言葉とともに手渡された「錠」のペンダントを、10年間肌身離さず大切にしていました。

約束の女の子の思い出を大事にしながら普通の高校生活を送る楽でしたが、転校生・桐崎千棘と初日からトラブルになり、犬猿の仲に。

おまけに大切にしていたペンダントをそのトラブルで無くしてしまいます。

しばらくは千棘も一緒に錠を探してくれていたものの、ついに口喧嘩となり、楽も千棘を本気で怒鳴ってしまいます。

そのまま口も聞かなくなってから数日後のある日、千棘が楽に乱暴に投げてよこしたのは、無くしていたはずのペンダントでした。

あれから千棘は隠れて懸命にペンダントを探していたのです。

楽は少しだけ千棘のことを見直します。

ほっとしたのも束の間、楽はヤクザである実家に帰ると大変な騒ぎになっていました。

一条の父がボスであるヤクザと、それに敵対するギャングたちがついに全面戦争をするというのです。

それを止める為に父は楽にある提案をします。

ギャングのボスの娘と恋人同士のフリをしてくれないか、と。

ギャングの娘と顔をあわせた楽は更に驚愕します。恋人のフリをする相手は、あの千棘だったのです。

お互いに相性最悪の二人でしたが、抗争を避ける為、渋々提案を受け入れることになります。

また、周りに恋人同士だと信じ込ませる為に、引きつり笑顔で「ダーリン」や「ハニー」と呼び合う即興演技もみせます。

そして、千棘の親愛する部下・クロードの提案で、二人はいやいやながらもデートをするはめになります。

偽者のデートとはいえ、初めての異性とのデートにときめきを覚える楽ですが、千棘はそのムードの一切を壊してしまいます。

またもや喧嘩する二人でしたが、ナンパされ困っていた千棘を楽が助けてくれます。

さりげない優しさに少しだけ心ときめく千棘。一方、デート現場を同級生の小野寺に見られてしまいます。

小野寺は、楽の想い人であり、実は初恋の少女ではないかと疑っている人物でした。

楽は、彼女に自分たちが恋人同士とは思われたくないのですが、見張りがいる為仕方なく恋人として紹介してしまいます。

それでもそのまま別れたくなかった楽は思い切って、昔の約束の話を小野寺に訊ねてみます。

ですが、小野寺は少し寂しげに否定しました。落ち込む楽でしたが、小野寺にも実は秘密がありました。

彼女の手には、錠にぴったり入りそうな小さな鍵があったのです。

ニセコイ第1巻を読んだ感想

ニセモノの恋人だから、「ニセコイ」というタイトルが予想外でとても面白かったです!

また、お互い喧嘩しあうほど嫌いな相手なのに、徐々に好きになり、恋人同士になるというのならよくみる少女漫画です。

ですが、まだ大嫌いというステージにいるのに、「恋人同士」でいなければいけないという無理やりなチグハグ感が新鮮で、読んでいて面白かったところです。

そして、楽の好きな人として描かれている小野寺のキャラデザも斬新で可愛く、見ていてとてもなごみます♪

千棘というキャラが強すぎるので、彼女の和むキャラ設定はこの漫画の中で良い清涼剤になっていると感じました。

Sponsored Link

ニセコイ第1巻の見どころ紹介

初恋の相手と、今の好きな少女と、偽者の恋人とに挟まれた一条楽がどのように行動するのか注目です!

軽薄な感じになるのかと思いきや、彼は女性に対してはいつも真摯に対応しており、男らしい面も多く、見ていて不快感がありません^^

嫌いな千棘に序盤から(彼女のためを思って)真剣に叱ったりできるところも良いです。

千棘との好感度も上げつつ、小野寺との仲も親密になっていく一条楽の絶妙なバランス感がこの漫画の魅力だと思います。

最終的に、ニセの恋を選ぶのか、最初の約束を貫くのか、今の本当の恋心を優先するのか、その道中が楽しみです!

ニセコイの第1巻を無料で安全に読む方法を以下で解説しています☆

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

まとめ

以上、ニセコイ第1巻のネタバレと感想をお伝えしました。

次回の第2巻も気になりますね!

Sponsored Link