約束のネバーランド11巻ネタバレ感想!胸を貫かれたエマの展開に衝撃!

今回は、白井カイウ原作、出水ぽすか作画の「約束のネバーランド」第11巻のネタバレと感想や見どころをお伝えします^^

世界累計1000万部突破の大人気ジャンプ漫画で、アニメ版ではGFハウスからの脱獄までが第1期が描かれており、第2期は2020年から公開予定となっています♪

やっぱりネタバレは読みたくないという方は、以下で無料で読む方法もご紹介しています^^

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

>>約束のネバーランド10巻ネタバレ感想!オジサンの狙撃シーンがかっこいい!

Sponsored Link

「約束のネバーランド」第11巻のネタバレ

【約束のネバーランドの簡単なあらすじ】

孤児院で育った主人公・エマは孤児院から出る時は誰かに引き取られて幸せが待っている、と思っていました。

しかしある日、孤児院の本当の姿は鬼の食糧として子供たちを管理し出荷する場所という事に気がつきます。

鬼に食べられないように様々な策を練り、幼い兄弟達を残して、必ず迎えに来ることを約束し、脱獄することに成功します。

ウィリアム・ミネルヴァによって本に記されたハウスの外の世界やムジカ、ソンジュとの出会いによってこの世界の成り立ちが明らかになります。

ミネルヴァからの手紙に記されたGF(グレイス=フィールド)に向かう途中、鬼に攫われたエマはGP(ゴールディ・ポンド)で鬼たちの遊び道具として扱われます。

エマはGP内で同じように狩られる人間として逃げていた子供たちと出会い、鬼を討伐するために結束し次々と鬼の討伐に成功します。

そして、GP内でレイ達と合流して最後の敵・レウウィス卿と対面することになります。

▽ここから11巻のネタバレになります▽

オジサンの射撃によりレウウィスの面を破壊することに成功して、続けて閃光弾で視覚を奪うところまで作戦通りに進みます。

視覚を奪い総攻撃をしかけようと試みますが、飛び抜けた聴覚により攻撃は不発に終わり、レウウィスの反撃によりぺぺが負傷してしまいます。

予定していた作戦も詰んでしまい、オジサンは動ける人間たちだけでも避難し逃げる事を提案しますが、エマは反対し「全員で鬼に勝利して自由を手に入れよう!」と言います。

オジサンはエマの提案に顔を歪め悩みますが、もう誰も置いて逃げない!というエマの強い想いに心打たれて全員で助かるためにもう一度作戦を実行することを決意します。

新しい作戦をたてようとエマたちが集まっていた建物の壁をレウウィスがぶち破り中に入ってきます。

レウウィスは攻撃をくらいながらも、極限状態で進化していくエマ達との狩りを楽しんでいました。

エマ達は目だけを狙う作戦を変えて、閃光が効いているうちに、レウウィスの再生がおいついてしまう前に打って打って打ちまくる作戦に変更します。

レウウィスは不利な室内戦から離脱して外へ逃げ出しますが、外では待ち構えていたアダムがいました。

アダムはラムダから逃げ出してきた子供で言葉を喋ったりできませんが人並外れた怪力の持ち主です。

外に逃げてきたレウウィスはアダムの投げてきた家を避けると体制を崩して、今度はアダムに捕まり投げ飛ばされて、腕をへし折られてしまいます。

加戦にきたヴァイオレットとアダムの助けによりレウウィスはどんどん追い込まれていきます。

エマにとっても攻撃を仕掛ける最後のチャンスがきたところでエマはレウウィスの攻撃によって倒れてしまいます。

みんながエマという希望を失ってる最中、エマに走馬灯がよぎり農園のことを思い出します。

走馬灯の中、ママの「まだ倒れてはだめよ。」という言葉に意識を取り戻したエマは再び銃を握り、最後のチャンスである一撃をレウウィスに撃ちます。

倒れたと思っていたエマからの不意打ちの閃光弾を避けるために目を閉じたレウウィスは、全員からの総攻撃の銃弾を受けてしまい再生がおいつかないレウウィスはダメージを受けてとうとう倒れてしまいます。

レウウィスを倒し、自由を喜ぶのもつかの間、新たな鬼たちが帰ってこないレウウィス達を探しに来る前に全員で逃げようとします。

しかし、深手をおったエマ達やGPの仲間を連れての移動は非常に難しく鬼にも追いつかれてしまう可能性もあるのでオリバーはエマ以外の重傷者を置いてって逃げて欲しいと言い出します。

オリバーの意見をレイが却下して、オジサンにエマを必ず連れてくることを約束させて、重傷者はレイと逃げ出すことにして、GPに仕掛けていた爆弾を起動します。

オジサンはレイ達とは別のルートで先にハウスに戻り、エマの重傷具合にハウスのみんなは戸惑いながらもオジサンの適切な指示に従います。

オジサンの適切な指示によって一命を取りとめたエマの目が覚める頃にはレイたちも無事にハウスに到着していました。

目覚めたエマはみんなにGPで見てきた情報を説明して、全食用人間たちの解放を目標とすることを宣言したのでした。

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

「約束のネバーランド」第11巻を読んだ感想

印象的なのは、密猟場での戦いにエマが来たことによって、やっと終止符が打たれて鬼を倒すことに成功したシーン。

「斃す」(たおす)と表現されており、ジャンプという少年向けの漫画なのに珍しい表現だなぁ、と思いました。

重症の中、エマはレイの判断によってオジサンに抱えられてみんなよりも早くハウスに帰ることができます。

生死をさまよいながらも無事に生還したので、とりあえずは一安心でした!

Sponsored Link

「約束のネバーランド」第11巻の見どころ

やっとレウウィス卿を倒すことに成功したエマ達でしたが、レウウィスの手鎌の武器にエマが胸を貫かれたシーンは主人公なのにエマが倒れちゃう!と、ビックリさせられます。

レウウィス卿の狂った価値観に追い詰められながらもエマの機転の効いた作戦が成功して、レウウィス卿が倒れるシーンにはレウウィス卿の八方塞がりの心境が描かれています。

第11巻も見どころは満載でした^^

今回は、出水ぽすか/白井カイウさん作『約束のネバーランド』第12巻のネタバレと感想や見どころをお伝えします^^ 2019年3月現在はア...
Sponsored Link