モトカレマニア1巻ネタバレ感想と結末!マコチと再会で反応が笑える!

今回は、山瀧波ユカリさん作の「モトカレマニア」第1巻の結末ネタバレ感想をお伝えします^^

10月秋ドラマとして放送スタートするので、それまで原作漫画もチェックしておきましょう♪

やっぱりネタバレは読みたくないという方は、以下で原作漫画を無料で読む方法もご紹介していますよ(^^)

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...
Sponsored Link

【モトカレマニア】第1巻の結末ネタバレ

モトカレマニアあらすじ紹介

5年前に別れた元カレのマコチが忘れられない瀧波ユリカ(27歳)は、日々マコチのことを考えたり、写真に話しかけたりしています。

実物のマコチとは音信不通で、ネット上で検索してもヒットしない日々が続いていました。

しかしある日、不動産屋の営業として働き始めたところ、名字が変わったマコチと再会しました。

運命を感じるユリカですが、マコチのリアクションは微妙です。

ユリカはマコチとの復縁を諦めて、山下との恋に前向きになりますが・・・?

モトカレマニア▽内容ネタバレ▽

マコチの腕に抱かれ、今が人生で一番幸せだと感じたユリカ・・・。

しかしそれはでした。

目が覚めたユリカはベッドの中で一人、元カレマコチの本名「斉藤真」をfacebookで検索するのがいつもの日課です。

ありふれた名前のため本人はヒットせず、今日は面接だったことを思い出し飛び起きます。

写真のマコチにおはようと声をかけ、仕事をばっちり決めると誓います。

チロリアン不動産という会社でユリカの面接が始まりました。

面接官に志望動機を素で答えてと言われます。

ユリカは前職の失業保険が切れるタイミングで偶然求人をみて不動産もいいかなと思ったと答えました。

すると正直でよろしいと言われて仮採用となります。

面接官は、自分は社長の安藤だと言い、他の社員たちをユリカに紹介しました。

バカ担当で教育係の大沢、パシリ白井、寡黙で甘党の専務城、他に出張中の社員が一人いると言いました。

夜になり、初日を終えたユリカは友達の周防ひろ美と飲みに行きました。

ひろ美は元カレの話ばかりをするユリカにヤバい、不毛だと言いますが、ユリカは元カレマニアだからと笑顔で返しました。

入社二日目、ユリカは客を物件に案内し、契約にこぎつけることができました。

ユリカはその客である山下のホクロの位置がマコチと同じだと気づき、ときめきます。

会社に戻ったユリカは終業後、社員たちが鳥つくねを食べに行こうとしているのを発見し、お誘いを待ちます。

しかし社長はユリカに、自分たちは「ハラスメントを未然に防ぐ会」略して「ハラミ会」の会員だから一般女性とは飲まないと言って去っていきました。

ユリカはひろ美といつもの飲み屋に行きました。

そこで契約に至った山下の話になり、30歳の食品会社の大手に勤めるサラリーマンだと言うと、ひろ美は写真を見せろと迫ります。

しかし山下はぽっちゃりなので、ひろ美のタイプではありませんでした。

数日後の夕方、ユリカは偶然山下に会います。

二人で中華料理屋に入り、ユリカがおいしそうに食べる様を見た山下は、おいしそうに食べる人だと予想していた、やっぱりそうだと言い、自身の趣味食べ歩きについて話し始めます。

ユリカは山下の引っ越し後の新しくて楽しい生活のことをうらやましい、自分はそういうの終わっていると言います。

どういうことかと聞かれたユリカは泣きそうになり、お金を置いて席を立ちました。

店の外に出ると、大量に乳酸菌飲料を持った白井に、会社に運ぶのを手伝ってくれと声をかけられます。

会社まで運んだユリカは、社長にこの飲料は何かと聞きます。

社長は白井をひまつぶしにパシっただけ、この際だからユリカの歓迎会をしようと言いました。

みんなで乳酸菌飲料を飲んでいると、軽快な足音が聞こえてきました。

社員たちは、あれは出張中だった社員の福盛真だと言います。

ユリカはマコチと下の名前が同じ、見た目も似ているといいなと思います。

しかし、現れたのはマコチ本人でした。

マコチが「えっ?」と声を出したので、社員たちは知り合いなのかと聞きます。

ユリカは驚きのあまり声を出せずにいましたが、心の中で二人はまた会う運命だったのだと感動しています。

ただマコチはユリカのことを昔のバイト仲間だと言ったので、ユリカはショックを受けます。

マコチは名字が変わったことを、母親が再婚したとき一緒に名字を斉藤から福盛に変えたからだと説明しました。

その後、ユリカはひろ美にマコチと再会したと報告します。

さらにfacebookで福盛誠がヒットしたため、それを見せながらマコチが不動産業界に入ったと思われる経緯を説明しました。

ひろ美に元サヤを狙うのかと聞かれると、ユリカは脳内で100%理想の彼氏マコチを作ってきた、今更他人のようなマコチは怖いと言いました。

ユリカは脳内マコチに慰められて立ち直りますが、うっかりマコチのfacebookに友達リクエスト送信をしてしまいました。

一方、マコチもまたユリカのことを思い出しています。

よくとっさに他愛もないフリができた、同じ会社で働くということに現実味がないと考えていたところ、ユリカからの友達リクエストが届きます。

それを見たマコチは、昔ユリカにマコチと呼ばれていたことを思い出しました。

翌日、ユリカは無意識にメイクを派手にしすぎて白井に濃いとツッコまれます。

メイクをオフして外出したところ、偶然マコチに会い、お茶をすることになりました。

少し気まずいながらも、変わらぬマコチの雰囲気にときめくユリカでしたが、マコチにおすすめのマンションを買わないかと営業されました。

ユリカはその晩、脳内で会議を行いました。

弱気担当大臣が傷ついたアピールをしたがったり、陰湿担当大臣が罪悪感を抱かせたいと意見を出したりして、脳内が混乱します。

結果、イイ女メソッド担当大臣が出した顔や雰囲気でショックをアピらないという案が可決されました。

ユリカはしばらくの間ツーンとした顔のまま過ごしました。

そんなとき、山下に食事に誘われます。

4回目の食事となり、ユリカは山下のことをこっちはこっちでアリと考えます。

山下がユリカに友達から始めないかと言うと、ユリカは友達からちょっと進んだところから始めようと返しました。

そのとき、ユリカの携帯に通知が届きます。

それはマコチがユリカから送られてきた友達リクエストを承認したという通知で、ユリカは動揺します。

さらに明日の食事に誘うメッセージも入ってきました。

再び脳内会議を行いますが、結局は嬉しいという結論でした。

会社の人が来ない店を選び、二人は食事をします。

しかしマコチは再びマンションを契約しないかという話に持っていきます。

ユリカは話の流れを切ろうと、そんなにいいなら自分が買えばいいと言いました。

するとマコチは今分譲のマンションで二人暮らししているからと笑顔で返します。

ショックを受けたユリカはマコチに冷たい態度をとり、ケンカのような雰囲気となりました。

ユリカはマコチを忘れようと、脳内のマコチにも嫌いと言い、思い描くのをやめました。

その後、ユリカは社内で無の状態となりました。

その原因をマコチだと推理した社員たちは、マコチが一人になったときに追及します。

マコチはユリカを4年くらい付き合っていた元カノだと白状したものの、おすすめのマンションを勧めただけだと言い、全員が「馬鹿なのかな?」と思いました。

社長はとりあえずユリカが仕事に集中できていないからなんとかして、と言いました。

ユリカは山下と食事をしたあと、自然の流れで山下の部屋を訪れました。

二人でお酒を飲み、映画を観たあと、キスをする雰囲気になります。

ユリカは受け入れる体制でしたが、そこでいきなり山下がダメだ、ゴメンと謝ります。

山下は、自分はまだ元カノが好きだと言うのでした。

最後の最後で気になる展開が・・・。

脳内会議も見どころなのでおススメです^^

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

【モトカレマニア】第1巻を読んだ感想

ユリカの暴走気味な妄想、マコチによって状態がクルクル変化していくところがとても面白かったです!

そしてひろ美の冷静なツッコミやチロリアン不動産の社員たちの分析が、ユリカのハイテンションと落差があって面白さを引き立てていると感じました。

リアルマコチについてはまだちょっとつかめていません。

ユリカをこんなにも恋に狂わせる魅力は何なのでしょうね・・・?

再会後のマコチの情報は、マイペース、マンションマニア、イケメンということくらいしか分かっていません。

もしかして別れたあと、美化したり妄想に妄想を重ねたりした5年間の結果がアレなのでしょうか?

その辺も今後はっきりすると嬉しいです。

山下の存在も気になります。

一緒に楽しく食事ができる人ってステキですよね^^

ユリカはおそらく山下を好きになれたらとても幸せになれると思います!

ただ山下も元カノが好きだと言う衝撃展開で1巻が終わりました。

今後、ユリカがどういう反応をするのか・・・続きが楽しみです。

【モトカレマニア】第1巻を読んだ他の方の感想はこちら^^

どがつくほどのコメディなんだね。
そしてあんな始まり方するの?妄想止まらないやん
もう共感の嵐😭かなり笑える😂どハマりしそう

若いっていいね〜もあるけど、恋愛するのって難しいよね。
読者が共感しやすい題材だし、意外にも職場の男性陣が可愛らしくて楽しく読めました。
早く続きが読みたい!!

ユリカのお友達が毎度容赦ないのが好きです。
お話も面白いのだけど、脇を固めるおじさんたちを「ウザかわいい」感じで描く距離感が好ましい。
不動産屋のメンツも多彩で、特に大沢部長は「いるなーこういう人」と苦笑い。

ユリカは想像力がたくましすぎて若干挙動不審なこと以外はとても普通でまっとうな子だった。
そして、え??というところで2巻に続く

脳内で理想すぎる人物に妄想補正されてしまって現実とのギャップに苦しむ現象わかりみが強い…!
江古田ちゃんを散々振り回したマーくんのその後が気になります😡

ユリカに共感して世界観にハマっている人が多いですね~!

この先どうなってしまうのか?2巻への展開に期待です^^

Sponsored Link

【モトカレマニア】第1巻の見どころネタバレ

ユリカのリアルマコチと再会した後の反応が見どころです。

厚化粧になり、脳内マコチがデジタルノイズのように崩れていたところ、面白かったです^^

いくら脳内で幸せに暮らしていても、現実というのは強いのだなと考えさせられる場面でもありました。

そして社員たちが厚化粧に気づき、遠巻きに見ていたところに白井が登場し、顔を新しくしたと言い、派手ではない、でも濃いと言い切った率直さも笑いました(笑)

さらにユリカはその後社内でツーンとしたり、モヤったり、無になったりします。

そのほとんどの状態を気づかないマコチもなかなかのツワモノですよね(゚Д゚;)

また、良い意味でセリフ量が多い作品です。

特に吹き出しの外に色々な手書きセリフ、コメントがあります。

ちなみにユリカとひろ美の行きつけのお店の人のセリフは、大抵吹き出しの外にありました。

このセリフをよく読んでみると、このお店の人、すごく優しい人なのだとわかります^^

そういったセリフも含め、何度も繰り返し読んで楽しめる作品だと思います♪

【モトカレマニア】第1巻の結末ネタバレ感想まとめ

以上、モトカレマニア第1巻の結末ネタバレ感想や見どころをお伝えしました^^

ユリカにちょっとモヤモヤしつつも読んでいくと、最後の展開には驚きですよね!

山下はユリカと同類な感じがぷんぷんします(笑)

2人の関係もどうなるのか、2巻に期待です(^^)!

今回は、山瀧波ユカリさん作の「モトカレマニア」第2巻の結末ネタバレ感想をお伝えします。 10月に秋ドラマで放送が始まるので、原作漫画全...
Sponsored Link