MAJOR 2nd【メジャーセカンド】15巻ネタバレ感想!野球部の成長が凄い!

今回は、満田拓也さん作のMAJOR 2nd(メジャーセカンド)第15巻のネタバレと感想をお伝えします^^

やっぱりネタバレは読みたくない!という方は、以下で無料で読む方法をご紹介しています。

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

Sponsored Link

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第15巻のネタバレ

なんと女の子6人、9人ギリギリの新チームで地区大会に臨む事になった風林学園中学野球部。

キャプテンの茂野大吾は結成したばかりの新チームの試運転のつもりで地区大会に臨んだものの、徐々にチームが噛み合っていき準決勝にまで進んでしまいます。

準決勝・柳川中学戦は6回裏に3番沢弥生が同点ホームランを放ち、試合を1-1の振り出しに戻す。

更に風林学園は1死1,2塁のチャンスを作り、柳川中学は投手交代を決断し左投手をマウンドを送る。

その後、2死満塁となり太っちょな女子、8番関鳥星蘭に打席が回る。

大吾の友人・睦子が野球部に誘い、ダイエットのつもりで野球に入った関鳥は実は左打者なのに左投手の方が得意という特徴の持ち主だった。

関鳥が放った打球はオーバーフェンスしてなんと満塁ホームラン!!

試合は5-1で勝ち、風林学園野球部はなんと地区大会の決勝に勝ち進みます。

決勝の相手は実力校で一番の優勝候補である英邦中学と誰もが思っていたのですが、英邦中学が敗れる波乱が起きてしまいます。

英邦中学に勝ったのは大尾中学。

大尾中学には大吾が小学生時代のリトルリーグで対戦した事もある一流プロ野球選手の娘・眉村道塁がいました。

大尾中学には道塁を始め、出光、世古、魚住という4人の実力者が集まっておりその4人の力だけで実力校・英邦を倒してしまいます。

その結果に驚きが隠せない風林学園ナイン。

大吾率いる風林学園と道塁率いる大尾中学による県大会出場を賭けた地区大会決勝が始まります。

1回表、風林中学は大尾中学の先発ピッチャー、世古の前にあっさり三者凡退に。

大尾中学の捕手、魚住は以前、風林の3番沢弥生と同じチームメイトでした。

魚住は沢に女なのがもったいない野球センスだと話しかけます。

1回裏、風林学園の先発はスポーツ推薦で入学した1年生、仁科明

スポーツ推薦されるだけはある、威力のあるストレートを投げ込みます。

仁科のストレートは実力者で固める大尾中学の上位打線を三者三振で圧倒します。

このまま0-0の投手戦かと思われた3回裏、大尾中学の攻撃

まだ1年生で威力のあるストレートを投げ続ける事ができない仁科に疲れが見え始めます。

四球で2人のランナーを出してしまった仁科はピンチで2番の眉村道塁の打席を迎えてしまいます。

コントロールが乱れてきてしまった仁科に大吾は球威を落としてストライクを入れるように指示します。

味方の守りを信じて打たせる作戦でしたが、道塁の打った外野への打球を追いかけるセンターの睦子が雨で滑りやすいグラウンドに足を取られ打球を逸らしてしまいます。

ランナー2人がホームに生還して大尾中学に2点を先制されます。

更に味方のミスが続いてしまい、3点目も献上してしまいました。

その様子を見てガックリしてしまった仁科は4番打者魚住にもツーランホームランを打たれ、風林学園は5点ビハインドの厳しい状況に追いやられます。

5失点のショックですっかり精神的にも崩れてしまった仁科は「もう負けだから代えてくれ」と言い出します。

それを聞いた捕手の大吾は大声で「せめてこの回は最後まで投げろ!」と仁科に叱ります。

珍しく怒った大吾に驚く風林ナイン。

4回表、なんとか反撃をしたい風林学園に対し大尾中学は早くも次の投手を送り出します。

2番手投手、出光のスライダーを前に何もできずあっさり攻撃が終了してしまいます。

4回裏、風林学園も2番手投手、藤井千里をマウンドに送ります。

左投げの千里はあっさり三者凡退に打ち取ります。

5回表、4番の大吾に打席が回ってきます。

相手投手、出光が投げるスライダーに食らいついた大吾の打球の行方は・・・?

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第15巻を読んだ感想

メジャーセカンド第15巻を読んで面白かったのは、中学野球にはまだ普通に女の子もチームに混じっている事です。

そして、野球をし続ける上でどこか諦め気味の女の子達がこの15巻には描かれています。

子供の頃は男子達とも対等にプレーできていたのに、年齢が上がるにつれ身体能力の差で負けてしまい、野球が好きなのに甲子園に挑戦する権利すら得られないのを分かっている。

それでも、好きな野球を続けたい女の子達がいるという事に気づかされます。

プロ野球選手が野球をする子供達の減少を心配している現状では、野球が好きな女の子達にも
なにかチャンスをもらえる新たな仕組みが必要なのではないかと感じました。

野球好きの女の子達をまとめるキャプテン大吾の奮闘により、これから風林学園野球部がどう変わっていくのか楽しみです!

Sponsored Link

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第15巻の見どころ紹介

メジャーセカンド第15巻の見所は、徐々にチームが噛み合っていく風林学園野球部の成長

茂野大吾が小学生時代にシニアリーグで戦った眉村道塁との再会。

そして、その道塁が率いる大尾中学との地区大会決勝戦の序盤の試合展開です。

一応野球経験はある女の子6人に、スポーツ推薦で入学した生意気な1年生に、全然上手くない3年生の先輩。

と、一見無謀すぎるチームメンバーの個性や特徴が徐々に発揮されて大会を勝ち進んでいく姿は読んでいて爽快です!

チームが上昇ムードの中、地区大会決勝戦の相手にはあの眉村道塁がいる大尾中学が現れます。

試合序盤は優勝候補も破った大尾中学の実力を前に圧倒され続けますが、これから風林学園の野球部の反撃はあるのか?

キャプテン大吾の奮闘に目が離せません!

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第15巻を無料で読む方法を以下でご紹介しています^^

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

まとめ

以上、MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第15巻のネタバレと感想をお伝えしました。

これまで上手く試合に勝ってきた風林学園野球部ですが、今後はどんな展開を見せてくれるのか楽しみですね!

Sponsored Link

コメント

  1. 匿名 より:

    前作が大好きな方には物足りないでしょうが、私はこれくらいがちょうどいいです
    トラウマとか因縁とか生きざまとか、野球に重いテーマを入れて読みたくないので、キャラ達のイキイキとした成長物語を読みたかったので今の方が好きです
    でも、高校生編ではそうはいかなくなるのよねーーー光達出てくるし
    正直言って、小学生編は苦手でした