スポンサーリンク

映画【ホムンクルス】口コミ評判や感想は?評価は面白いつまらない?

映画

2021年の4月2日から公開されるサイコミステリー映画【ホムンクルス】。

綾野剛さん演じる名越進と成田さん演じる伊藤の独特な空気感も魅力的ですよね♪

 

サイコミステリーな内容で綾野剛さん主演という事もあり、世間の評判がどうなのかも気になってきませんか??

今回の記事では、映画ホムンクルスの口コミ評判や感想・評価は面白いのかつまらないのかどちらに分かれているのかなども調査してお伝えしていきます^^

 

スポンサーリンク

映画【ホムンクルス】あらすじネタバレやみどころなどを紹介

 

映画ホムンクルスは、山本英夫さんによる原作漫画「ホムンクルス」の実写化。

漫画は全15巻で完結済みで、長い期間ファンの間で人気のある作品です。

 

映画のジャンル的にはサイコミステリーとなっていますが、原作漫画を読んだことがある私としては「ホラー」の要素も入っていると感じます。

というのも、結構気持ちが悪いというかゾクッとする怖い表現がそれなりに出て来るんですよね(゚Д゚;)

 

映画版では原作漫画とは違う展開・いわゆる映画オリジナルストーリーが加えられており、ラストの結末に衝撃が待つ展開に。

 

一番違う要素といえば、綾野剛さん演じる主人公の名越進が映画で記憶喪失のホームレスという設定になっていること。

 

原作漫画では記憶は普通にあって元銀行マンだった過去などの説明回もあるのですが、おそらく映画ではそのあたりの設定が大きく変えられています。

なのでもし原作漫画を読んだことがある方でも新鮮なストーリーとなっているのではないでしょうか^^

 

また、映画ホムンクルスを担当した監督は「呪怨」や「犬鳴村」や「樹海村」などのホラー作品で有名な清水崇さん。

他にもSFなど幅広い分野で評価されている監督さんですが、ホムンクルスのジャンルを考えるとやはりゾクッとするような怖さがイメージできますよね(゚Д゚;)

サイコ・ホラー・ミステリーあたりが好きな人がハマりそうな作風かな。

 

スポンサーリンク

映画【ホムンクルス】世間の口コミ評判や感想・評価は面白いつまらない?

 

映画【ホムンクルス】は、記憶を無くしたホームレスの綾野剛さんとその主人公に禁断の手術をする医学生役の成田さんが印象的な作品。

特に原作漫画でもそうなのですが、成田さんの役柄は会うたびに容姿が変わっていくような個性的な役なんですよね。

 

時にはピアスだらけだったり、黒髪にしたり派手髪になったり・・・

メイク的にも今までにないような成田さんを観る事が出来るので、その点も成田さんファンの方々は魅力的に感じるのではないでしょうか^^

 

さらに綾野剛さんと成田凌さんの他にも、岸井ゆきのさんや石井杏奈さんなど演技に定評のある方揃い。

そんな映画ホムンクルスに対して、世間の皆さんはどんな意見感想を持っているのでしょうか?

 

面白そうだなと思いつつ、気になってくるのは世間の評判や反応ですよね。

「面白い・つまらない」とかで分かれたりするかな?

 

映画公開は2021年の4月2日からでが、映画関係者の方などの中にはすでに試写会で観ている方もいるので、口コミ感想や評価・期待の声などを調査してみましたよ^^

※一般の方の口コミも公開後に追記していきます。

それがこちら▽

まだ公開前で映画の感想が少なかったので、映画に対する期待の声も一部紹介しています。

 

この映画の特徴として、ホムンクルスという人の心の歪みを表す異形が多く登場するんですよね。

人それぞれ1人1人違った表現で現れるその特徴は不気味なものや印象的な物も多く、この異様な光景をどのように実写映画で描いているのかも注目ポイントの1つだと思います^^

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画【ホムンクルス】原作漫画のネタバレや感想レビュー

 

映画【ホムンクルス】は、人間の本質をえぐる内容で世界を震撼させたサイコミステリー。

綾野剛さん演じる記憶喪失の男・名越に闇を持った研修医がある話しを持ちかけるのですが、それはまさに禁断の手術。

 

ホームレスでお金を必要としていた名越は、その怪しい実験を70万円で引き受ける事に。

頭蓋骨に穴をあけるだけで使われていなかった潜在能力が引き出される「トレパネーションを行った名越に対して、7日間に渡る実験が始まります。

 

霊感発動チェック
サイコキネシス実験
サイコメトリー実験
過去認知実験
磁気感覚実験

などが1日ごとに行われていく中で、名越は片目を隠して人を見ると心の歪みを表す姿「ホムンクルス」が見えるように。

 

名越に覚醒した能力は人の深層心理が見えるようになるもので、それによって名越は様々な人間の真相に触れていく事になります。

 

見えてくる人の形は様々で、以下のような異形が次々に見えてくるんですよね(゚Д゚;)

ブリッジをしたままの人
上下の身体が逆になったような形
身体全体にモザイクがかかったように見える人
頭が異常な形をしている人
身体がロボットな人
透明で水のようになっている人
身体全体が砂になっている人

 

身体が砂だったりロボットだったりは若干SFっぽいような印象を持つだけですが、映画でも出て来るブリッジをしたまま歩いているような見た目の人はちょっとホラー感があります(笑)

 

名越が目にする「ホムンクルス」のは皆の心の歪みで、心の歪みはすなわちトラウマ。

皆の心の歪みが形になって見えるようになる中で、第六感が目覚めたり記憶が戻ったりと実験の先に驚きの人間の正体を見ることになります。

 

原作では記憶喪失になっていないのですが映画では記憶喪失設定が加えられているので、ホムンクルスが映し出す歪みと失われた記憶にある真実がどうなっていくのかが見どころですね^^!

 

スポンサーリンク

映画【ホムンクルス】口コミ評判や評価・感想などまとめ

以上、映画ホムンクルスの口コミ評判や評価・感想レビューなどもまとめてお伝えしました!

この映画の原作の作者・山本英夫さんは漫画を描くにあたって実体験を大事にしている方としても有名で、何とホムンクルスの場合はご自身もあえてホームレスを体験されたほど(゚Д゚;)

 

ホムンクルスはコアなファンの多い作品ですが、綾野剛さんと成田凌さんが出演されているという事で普段サイコ系の作品を観ない方も観てみる方が多そうですよね♪

原作漫画の方も独特な空気感が特徴的なのでぜひ合わせてチェックしてみてください^^

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました