僕のヒーローアカデミア20巻ネタバレ感想!ジェントルとラブラバの想いに号泣!

今回は、堀越耕平さん作「僕のヒーローアカデミア」第20巻のネタバレと感想をお伝えします^^

やっぱりネタバレは読みたくない!という方は、以下で無料で読む方法をご紹介しています。

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

Sponsored Link

「僕のヒーローアカデミア」第20巻のネタバレ

ついに当日を迎えた雄英高校文化祭

その足りないものを買いに出かけた主人公緑谷出久(みどりやいずく)己の行いを動画に投稿している(ヴィラン)ジェントル遭遇します。

そして、「雄英高校の文化祭に侵入するという彼の作戦を阻止すべくひとりで闘っていました

一方学校では1年B組の拳藤一佳(けんどういつか)3年の波動ねじれ(どうねじれ)、絢爛崎美々美(けんらんざきびびみ)などミスコンに出場する生徒やエリを迎えに行っていた通形ミリオ(おがたみり)など文化祭を楽しみに待つ生徒らの姿がありました

ジェントルの行いを止めさせるために闘う緑谷はジェントルの個性を上手く利用してなんとか優勢に立ち回ること成功するのですが今まで個性使っていなかったジェントルの相棒ラブラバ個性発動させたことにより形勢は逆転してしまいます

ラブラバの個性によって一時的に何十倍にもパワーアップしたジェントルに逃げられそうになるもなんとか闘い続ける緑谷出久

そしてついに雄英高校文化祭の幕が上がりました

そこでヒーローになるという夢を持ちヒーロー科のある高校へ通っていた若き日のジェントルの過去の回想始まります

仮免試験になかなか合格できずそれでも夢を持ち続けていたジェントルに起こる不幸な事故

さらに一足先にヒーローになった同級生には存在を忘れられてしまっていたのです

悲しみにくれたジェントルはそうして悪の道に手を出してしまったのでした

想いをぶつけ合うジェントルと緑谷その闘いの結末やいかに―――

さて文化祭が始まった雄英高校では1年A組の出番が刻一刻と迫っていました

耳郎響香(じろうきょうか)中心に八百万百(よろずもも)、上鳴電気(かみなりでん)、常闇踏陰(とこやみふみかげ)、爆豪勝己(ばくごうかつき)バンドの演奏から始まります。

ダンス隊のダンスそして演出組のキラキラの演出でド派手にパフォーマンスするA組の面々。

学校や合宿で敵に襲撃されたA組に対してあまりよく思わない生徒も多くいましたがそれぞれの個性や得意を生かしてパフォーマンスする姿見て会場の空気はどんどん高まっていきます

それぞれの想いが詰まったA組の出し物は大盛況そしていろんな生徒の技術と想いが込められた文化祭無事に幕を閉じました

ヒーローを志す生徒たちの祭典が終わると今度はプロヒーローの番付ヒーロービルボードチャートJPの発表です

現役ヒーローの活躍を事件解決数社会貢献度国民の支持率などから集計し順位が決まる年に2回の大きなターニングポイントです

今までずっとトップを走ってきたオールマイトという存在が引退した後の今回のビルボードチャートは順位の変動も大きくありました

そしてオールマイトに次いで2位であったエンデヴァー今まで暫定の1位という形でしたが今回の発表で正式にNo.1ヒーローの

その他神野事件で活躍したヒーローもトップ10に多くランクインしていました

その中で異彩を放つのは22歳という若さで早くもNo.2入りしたヒーローホークスでした

トップ10のヒーローが登壇し一人一人が思いを語るなかそれ聞いて誰が喜びます?発言し会場をシンとさせエンデヴァーを煽るような発言するなどやや挑発的なその態度をみせます

しかしその後舞台裏でホークスがエンデヴァーに切り出したのはチームアップのお願いで―――。

「僕のヒーローアカデミア」第20巻を読んだ感想

ジェントルとラブラバの話は、涙なしには見られませんでした。

悲しいとか可哀想とかではなく、とにかく心が辛くて、切なくて、ラブラバの悲痛な叫びに心が痛みました。。

ジェントルの優しさと甘さ、潔さ、そういったものがジェントルがジェントル(紳士)である所以なのかもしれないと思います。

文化祭は、生徒たちが生き生きと輝いていて演出も相まってとてもキラキラしたお話でした!

怖い思いをしていたエリが心から笑えるようになって本当によかったです^^*

インターン編で傷ついた生徒たちの心も救われていたらいいなと思いました。

そしてヒーロービルボードチャート。

この展開は予想していなかったのでとても驚きましたが、オールマイト引退以降のヒーロー界の様子を垣間見られたのは嬉しかったです。

次の展開がかなり気になる終わり方だったので、早く次巻が読みたくなりました!!

Sponsored Link

「僕のヒーローアカデミア」第20巻の見どころ紹介

この巻は大きく分けて3つのお話が入っているのですが、そのどれもに心打たれる場面があるのがすごいところだと思います。

どれも捨てがたいので展開としてどれか一つを選ぶことが難しいのですが、この巻の大きな見どころは『人の想いの強さ』というところにあるかなと思います。

ジェントルとラブラバの想い文化祭に懸ける雄英生徒の想い世の中をよりよくしたいと思うヒーローたちの想い

そういった「誰かを大切に思う気持ち」がこの巻を読んでいて特に感じたところでした。

場面で上げるとすれば、A組の出し物の際の耳郎響香の心からの笑顔がとても素敵で大好きです!

あとは、楽しそうにA組の出し物を見るエリに頷く通形ミリオの笑顔も素敵です♪

僕のヒーローアカデミア第20巻を無料で読む方法を以下でご紹介しています^^

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

まとめ

以上、「僕のヒーローアカデミア」第20巻のネタバレと感想をお伝えしました。

ファンの中でもこの巻が今までで一番良い!という意見も多いのですが、何よりジェントルとラブラバの関係がやばいですね~(>_<)

次回の展開も楽しみにしておきましょう!!

Sponsored Link