ハラスメントゲーム最終回結末ネタバレ予測!秋津【唐沢】が本社に戻る?

新秋ドラマの『ハラスメントゲーム』は、現代の問題でもある様々な「ハラスメント」問題についてを題材にした内容で新鮮ですよね!

主演の唐沢寿明(からさわ・としあき)さんと広瀬アリス(ひろせ・ありす)さんの共演も話題です。

今回は、そんな『ハラスメントゲーム』の最終回ネタバレ結末予測と、ネットでのドラマに対する感想や意見などをまとめてお伝えしていきます^^

Sponsored Link

『ハラスメントゲーム』の最終回ネタバレ結末予測!秋津【唐沢】が本社に戻る?

1話を見ての感想

第1話では本社に移動になった秋津(唐沢寿明)が、スーパーの店長からコンプライアンス室の一員として仕事をしはじめます。

メロンパンへの異物混入の話でしたが、志田未来さんの演技がさすが上手いですよね!

現代で〇〇ハラスメントが問題になっている今、こういうリアルな題材を取り扱うドラマは感情移入しやすいなと感じます。

今まで職場で同じ思いをしたことがある方は特にそうですよね!

秋津はまだ少しコンプライアンス的な意味で発言など甘い部分がありますが、決めるときは決めるビシッとした表情がかっこいいです^^

2話を見ての感想と結末予測

品川店オープン前にセクハラで18人がやめるなんて本当ならめちゃくちゃ大変ですよね。

それでも、パートや社員に信頼されている大竹満寿子(余貴美子)さんは、あんな人居るよな~と思ってみていました。

ハラスメントゲームの結末については、秋津(唐沢寿明)がパワハラ問題で移動させられる原因になった脇田治夫(髙嶋政宏)との確執が気になりますね。

こことの問題を解決して、最終的にまた本社に戻る話が出る・・・けど、今のコンプライアンス室に残る決断をする。

という最終回になりそうだなと予測しています!

高村真琴(広瀬アリス)や矢澤光太郎(古川雄輝)との信頼関係も強くなっていて、3人で問題を解決していくという流れで終わっていきそうです。

3話以降も見たら流れが変わってくるかもしれないので、見たらまた追記していきます☆

『ハラスメントゲーム』に対するネットでの感想や意見まとめ

現代のリアルな問題を取り扱っている事から、視聴者の中でも自分のことにあてはめてみている方が多いようです。

ここで、『ハラスメントゲーム』に対するネットでの意見を一部見てみましょう!

なかなか面白い。クズ中のクズですね、て気分爽快だわ

唐沢寿明主演のハラスメントゲーム、スッゴい面白い!

セワハラなんてものがあるんやな

今日は被害者、明日は加害者。名言すぎる。

ハラスメントゲーム(ドラマ)見てんねんけどさ、「頑張れ!」もパワハラになるってヤバない??笑笑

今はハラスメントだらけで大変って、ハラスメントゲーム見て思っていたところ。

ハラスメントゲーム やっぱり面白い。脚本家である井上由美子さんはどこまでも女性の味方なので理不尽な思いをする事なく、安心して見ていられる数少ないドラマ。

テレ東にしては豪華出演陣。世の中いろんなハラスメントに溢れてる。
これ見て勉強だ。

引用:Twitter

私も見ていてそうだったのですが、意外とまだ知らない『ハラスメント』が多くありますよね。

1話完結型でハラスメント問題が次々に解決されていくのも見ていてスッキリします。

実際に体験するとなると嫌ですけど、見ていて共感できることもあってついつい見てしまいます。

広瀬アリスさんと滝藤賢一さんの共演が、夏ドラマの『探偵が早すぎる』を思い出す!という意見もありました。

前期のドラマと共演者が同じだと不思議な感じがしますよね^^

スッキリしつつ、勉強にもなるハラスメントゲームは最後までどんなハラスメントが起こるのか気になります!

Sponsored Link

『ハラスメントゲーム』のタイトルの意味やハラスメントの種類は?

ハラスメントゲーム』のタイトルの意味やハラスメントの種類についての詳細は、以下の記事にまとめています。

こちらも合わせてご覧ください^^

10月15日から放送スタートするドラマ『ハラスメントゲーム』は唐沢寿明(からさわ・としあき)さん主演で、今問題となっているコンプライアンスに...

『ハラスメントゲーム』第3話のあらすじ紹介

ハラスメントゲーム』第3話のあらすじをご紹介します。

高村真琴(広瀬アリス)の先輩で商品開発部の徳永悠馬(斎藤工)が、パタニティハラスメントを受けていると訴えてきた。育児のために労働時間を短縮できるイクメン時短を利用しているが、そのことで嫌がらせを受けているという。だが部長も他の部員も徳永の融通の利かない態度に不満を漏らし、同情する者はいなかった。そこで秋津渉(唐沢寿明)は異動を薦めようとするが、次第にこれがただのパタハラではないことに気づき…。

引用:http://www.tv-tokyo.co.jp/harassmentgame/story/

マタニティハラスメント、通称『マタハラ』は聞いたことがありますが、その男性版であるパタニティハラスメント通称『パタハラは初めて聞きました。

こういう知らないハラスメントを知れることは、知らず知らずの内にハラスメントしてしまう方の可能性を抑制できる効果もありそうで勉強になりますね!

まとめ

以上、今注目のハラスメント問題を題材とした『ハラスメントゲーム』の最終回ネタバレ結末予測と、ネットでのドラマに対する意見などをお伝えしました。

秋津渉(唐沢寿明)は元から能力が高いがために、脇田治夫(髙嶋政宏)にはめられたのでしょうね。

この2人の結末にも注目していきましょう!

Sponsored Link