DAYS29巻ネタバレ感想!聖蹟高校と音羽高校の準々決勝での新戦術が熱い!

今回は、安田剛士さん作「DAYS」第29巻のネタバレと感想をお伝えします^^

やっぱりネタバレは読みたくない!という方は、以下で無料で読む方法をご紹介しています。

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

Sponsored Link

「DAYS」第29巻のネタバレ

全国高校サッカー選手権大会準々決勝、聖蹟高校対音羽高校の試合が雪の降るグラウンドで始まる。

スタンドにいる観客達は優勝候補の大本命だった梁山高校を下した聖蹟高校が有利と予想していた。

この試合の注目点は、優勝候補すら飲み込んだ聖蹟高校の攻撃力を世代別日本代表GKである砂山朝一が封じきる事ができるかであった。

梁山戦で活躍した1年生、柄本つくしはスタメンスタート。

梁山戦で決勝ゴールを決めた1年生、風間陣は疲労を考慮しベンチスタートとなる。

試合が始まり、トップ下で先発の聖蹟高校1年生来栖がまずボールを収める。

音羽高校の選手がプレッシャーをかけるも来栖はボールをキープ

同じく準々決勝で行われる自分達の試合の前に聖蹟と音羽の試合を観戦している桜木高校の実力者、犬童と成神。

成神は聖蹟の選手達を見て梁山戦の疲れはなくこれは聖蹟が勝つだろうと予想

逆に犬童は懐疑的な意見だった。

囲まれそうになった来栖はバックパスを選択するも近くにいる選手には合わなかった。

他の聖蹟の選手達がフォローするも音羽の選手達は人数を掛け、前線から激しいプレッシャーで襲い掛かる。

試合序盤から激しく勝負する音羽の選手達の様子にGK砂山も唖然としていた。

聖蹟は慌ててFWへ縦パスを送るも、ここでもFW大柴水樹の呼吸が合わない。

試合を見ていた犬童は聖蹟の選手達が噛み合わないのは「ビジョンのズレ」だと指摘する。

全国大会前の自分達の実力の把握や連携はしっかり取れていても、優勝候補・梁山を倒した今の聖蹟の選手達は確実にレベルアップしている為、選手間で微妙な「ズレ」が生まれるのだという。

大柴からボールを奪った音羽DF南はFW西園寺へスルーパスを送り、聖蹟は大ピンチ。

西園寺が絶妙な飛び出しでGKと1対1の絶好のチャンスを作るも、この日先発起用された聖蹟1年生のGK今帰仁が素早くクリア

今帰仁がクリアしたルーズボールを拾ったのはつくし。

聖蹟の司令塔であるMF君下へ繋ぐ。

聖蹟の右サイドバック、灰原が一気に攻撃に転じようとすると君下からのボールも合わずに灰原はボールを取りに後退する。

「お前もかよ」という灰原に対し、「ボールを寄こせ」と君下は指示をする。

噛み合わない聖蹟メンバーの様子を見て落ち着いて試合を作り直す事を選択した君下。

巧みなパスワークで聖蹟の選手達がボールを回すウチに、激しくプレッシャーをかけていた音羽の選手達も疲れを感じボールを追うのを止めるようになる。

犬童はポジションチェンジを繰り返しつつ、ボールと人がよく動き細かいパスで試合を支配するのが聖蹟のサッカーで、その象徴が君下だと評する。

桜木高校と同じく自身の出場する準々決勝の試合前に聖蹟対音羽の試合を見ていた青函高校の実力者・火村柄本つくしが聖蹟サッカー部に入るまで全くサッカーをした事がない下手くそだと知っていたので、今ではすっかり聖蹟のパスワークに絡んでいるつくしの姿に驚く。

試合が落ち着き始めた頃、君下がサイドを駆け上がる灰原へロングパスを送る。

灰原がセンタリングを上げるも、音羽GKの砂山は190cm以上ある大柴と驚異的なフィジカルの水樹に対しても全く苦にせず平然と競り勝っていた。

観客達は砂山の身体能力を絶賛していた。

聖蹟の選手達も日本代表・砂山の凄さに驚く

砂山からの反撃のロングフィードにも落ち着いて対応する聖蹟DF陣。

日本代表GK砂山を中心に守りを固める音羽の選手達。

試合が膠着状態に陥る中、聖蹟高校が用意した新戦術とは・・・?

「DAYS」第29巻を読んだ感想

全国高校サッカー選手権大会3回戦では優勝候補の大本命・梁山高校との激闘を制した聖蹟高校。

準々決勝・音羽戦では聖蹟の選手達のプレーが何故か噛み合わない様子が描かれています。

甲子園や高校サッカー等、スポーツの大会で優勝候補を倒して大金星を挙げたチームが次の試合ではあっさり負ける

という現象は私達もよく目にしますが、このDAYS第29巻では「激闘を制した選手達が成長する事によって気づかぬウチに選手間の意思疎通にズレが生じるから上手く機能しなくなる」という解釈が述べられています。

激闘を制した肉体的・精神的疲労や燃え尽き症候群とも違う新たな解釈に、なるほど!

と関心されられました。

選手達は成長しているのに選手間の連携が上手く取れなければ、かえって負けてしまう事になるかもしれないサッカーというスポーツの奥深さを感じました。

主人公の1年生・柄本つくしは音羽戦ではボランチの位置でプレーしていましたが、再びFWに戻り全国大会でゴールを決めるのか、聖蹟高校はどこまで行く事が出来るのか続きが楽しみです!

Sponsored Link

「DAYS」第29巻の見どころ紹介

このDAYS第29巻の見どころは、優勝候補の大本命・梁山高校を大逆転で下し勢いに乗る聖蹟高校と世代別の日本代表GKの砂山朝一擁する音羽高校とのベスト4を賭けた準々決勝です。

フィジカル・スピード・反射速度・メンタル、どれも圧倒的な才能を見せる日本代表GK・砂山をどうやって攻略するのか?

優勝候補との激戦を制し、成長著しい聖蹟高校が見せる新たな新戦術とは?

全国大会を勝ち進む事によりまた新たな問題を発生する聖蹟高校ですが、それをどうやって乗り越えていくのかも気になります。

マネージャーの生方千加子が繰り出す新戦術により全国大会を勝ち進んでいく内にまた新たな経験を積み、聖蹟高校の選手達や主人公・柄本つくしが更なる成長をしていく姿は読んでいてワクワクします!!

DAYS第29巻を無料で読む方法を以下でご紹介しています^^

話題の漫画や気になるマンガを見つけた時、無料で1巻分読めたら嬉しいですよね! 1冊分だけじゃなくて5~6冊分のマンガを無料で読める方法...

まとめ

以上、「DAYS」第29巻のネタバレと感想をお伝えしました。

どんどん面白い展開になっていっていますが、次回の第30巻でも面白い事になってきそうですね!

Sponsored Link